コネタ

関東で沖縄小旅行1 ~横浜・鶴見 沖縄ストリート~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

横浜というと、特に地方在住や地方出身者にとっては中華街しかイメージが湧かない(偏見)のですが、沖縄ストリートやリトル沖縄と呼ばれる地区があります。

JR京浜東北線の鶴見駅から南東に徒歩30分、もしくは工場地帯を走るJR鶴見線で浅野駅で降りるともう少し違いです。鶴見線は取材のために初めて乗りましたが、京浜東北線という首都圏の大動脈と接続しているにも関わらず、ローカル色があって、かといって地方の鉄道ともちょっと違って、貴重な経験でした。

2014-03-15_11-38-36_585

JR鶴見線、浅野駅。こういう駅は嫌いではない。工場地帯を走る。

2014-03-15_11-38-32_561

駅周辺。工場地帯の雰囲気たっぷり。夜に来るとかなり雰囲気が違うと思う。

沖縄タウンは仲通商店街や沖縄ストリートなどと呼ばれる地域で、沖縄出身者や2世、3世が多く住んでいる地域です。おきつる会館を中心として、沖縄料理店や物産店などが点在しており、中華街のような観光地的な要素は少ないのですが、関東にいながら沖縄を少し感じることができると思います。ちなみに、食品等の値段は“東京価格”でした。

2014-03-15_11-47-07_248

おきつる会館。物産店と飲食店などがある。飲食店は休日の昼時だったため、入店できず。観光客っぽい人も多くはないがいる。うちなーぐちの方が道端で昼間からビールを飲んでゆんたく(おしゃべり)してる感じは、沖縄そのものという感じがしました。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください