無料期間ありの定番動画サービス

WEB制作

今どきこれはちょっと古いなぁ…と思ってしまうWEBデザイン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ITやWEBの世界は進化が速い。人間の7倍の速度で成長するイヌに例えてドッグイヤーなどと言われている。

WEBデザインも流行り廃りがある。一昔前はどこのサイトでも当たり前に使われていた表現でも、2018年現在においては「古臭い」「昔風だな」「流行の変化を知らないな」「古いユーザーがターゲットなのかな」と思ってしまうものがある。制作リソースが限られている個人サイトはともかく、人員などに余裕のあるはずの大手企業のサイトとかだと、経営姿勢を疑ってしまう場合もある。

今回はそんな古臭く感じてしまうWEBデザインの例を取り上げる。

なお、筆者も企業でWEB制作に従事していた経験があるので、それぞれの企業で“社内政治”などのしがらみがあり、そのうえでWEBサイトが作られていることは、よーく知っている。多くの場合、下っ端に位置するWEBデザイナーのセンスは意見が通りにくし、背に腹は代えられない。頑固ジジイみたいなエンジニアや外部の協力会社などが介入しているケースも多いので、古臭くてもどうにもならないことが多いのだ。社内政治というしがらみの中、上に弓を引く代償は大きい。

そういったことをわかった上での意見であることは、ご了承願いたい。

カルーセル(画像ローテーション)

メインビジュアルなどがローテーションしていく表現である。クリックするとそれぞれのリンク先に飛ぶのが一般的。

WEBサイトの見た目に動きがあることが「センスいい」とされた時代があった。最初に登場したのは2005年前後のFlashの時代ではないだろうか。その後にFLASHにセキュリティがiOS非対応など闇雲がかかり、jQuery(JavaScript)というブラウザネイティブの機能で同じことを実現するようになった。

定番ではあるが、15年くらい前の流行であることを知っていて使うかどうか判断できれば素晴らしい。スマホや随所に動きのあるデザインのOSが主流になる以前の表現であり、個人的には今やると古臭く感じしまう。

単純に「動いている必要がないんじゃないか」という疑問もある。しかし、企業においてはリーダー格や経営層がFLASHの時代を輝かしいものと思っているケースも多く、動くものは何でも「FLASH」と言う年配者もいるので、新人WEBデザイナーが意見するときは注意が必要。

URLがhttp(SSL非対応)

2018年7月頃の事実上の標準Webブラウザ「Google Chrome」がSSLの暗号化通信に対応していないhttpのサイトに警告を表示するようになった。

以前からGoogleがそうするよとアナウンスしていたので、SSLに対応していなかった古い企業サイトなどは焦って今年の春~夏くらいにSSL対応させた所が多いだろう。

個人情報をやりとりするようなページでもないのに、SSLに対応させる意味が何か意味あるのかというと、きちんと答えられる人はWEB制作実務をやっている人にも少ないのだが、標準ブラウザが警告を出すようになってユーザーが不安がったり、信用が下がってしまうということ。

ちなみに、欧米など海外では何年も前からSSL対応が当たり前だったが、日本が非常に世界から遅れていたというだけ。アメリカが80%くらい導入している時に日本は30%くらいのサイトしかSSLを導入していなかったらしい。世界の標準に合わせるのは大事。