無料期間ありの定番動画サービス

コネタ

セブンカードとイオンカードはどっちが使い勝手が良いかの個人的な意見

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

イオンの株主だけどデポジットを払ってnanacoを作るのが嫌なので、どうせならとセブンカード・プラスというクレジットカードを作ってみた。

nanaco機能もあるし、年会費無料だからWaon機能もあるイオンカード的に使えるじゃないと思ったので、違いや使い勝手をレビューしてみる。

イオンカードとセブンカードの同じ部分

どっちもクレジットカードとしての基本機能があるのは同じ。ショッピング機能や任意でキャッシング機能を付けられる。

JCBやVISAの部分は申し込みの時に好みで選べる。セブンカードは入会特典があったり、機能的にもJCB推しな感じがあるけど、イオンカードはどっちも同じように使える。

イオンカードだけの特長

イオンカードはその名の通り、イオン系列で使うと威力を発揮する。

電子マネーWaonと一体化しているので3,000円単位からオードチャージが出来るので、レジや店頭のチャージ機で現金を入れる手間が一切なくなる。毎月のようにイオンカード所持者だけが得するような割引イベントをやったりするので、イオンで頻繁に買い物するなら持っていた方が絶対に得するカードだ。

普通のクレジットカードとしての機能もあるが、イオンでの食品や日用品を買うのを想定しているカードだから、ショッピング枠は他社より控え目に設定される気がする。

セブンカードだけの特長

ここからが今回の記事の目玉。

nanacoを内蔵しているのは人生初nanacoの筆者としては大変良い。セブンイレブンやイトーヨーカードーなどで存分に使える。セブンやヨーカードー版のイオンカード(?)と言ったところだろう。

意外に便利だったのは、セブンイレブンのマルチコピー機の支払いにもnanacoが使えるということ。コピー機でありがちだが、小銭がなくて困ったりしないので良い。というより、他の電子マネーが使えないのはなぜだ・・・。

セブンカードのここが凄くダメ

特に欠点らしい欠点がないイオンカードと比べると、ツメが甘いなと感じる部分が多いのがセブンカード。

オートチャージも設定できるが最低金額が5,000円からとなっている。nanaco残高が1,000円以下になると自動でチャージされるが、コンビニやヨーカードーの食品メインで5,000円チャージされるのは個人的にはデカすぎると思う。なぜ3,000円がないのか・・・。

オートチャージの設定はWeb上から出来るが、なぜかカードに反映するには店舗に出向いてチャージ機で操作(残高確認?)をしないとならないクソ仕様。なぜなんだ。

そして、もっともクソなのがnanacoアプリ。オートチャージの設定反映が店舗に行かずにできるらしいが、iPhone大好きの日本人向けのはずなのにiPhone用のがないし、Androidだけというクソ仕様。

しかも、おサイフケータイ的なものに対応しているAndroidじゃないとアプリ起動すらできないという徹底的なクソ仕様である。割と最近の端末でもSIMフリーの格安スマホ的な端末だとおサイフケータイ的な機能がないのでnanacoアプリも使えない。

まとめ ツメが甘いのがセブンカード

株式会社イオンの株主なのでイオンをヨイショしているわけではないが、普通にユーザー目線に立っていないというか、ツメの甘さを感じるのがセブンカードの仕様だと思う。

入会手続きなんかはWebだけで一瞬で終わり(イオンカードもだけど)、ジャスト1週間で手元に届いたけども、アプリやオートチャージの仕様はイオンカードを見習って欲しい気がした。