Final Stage 真・北海道編 Excellent Hokkaido Native

Final Stage 真・北海道編 Excellent Hokkaido Native

6日目 モエレ沼公園、さとらんど

江別のキャンプ場から札幌都心に“通う”のが割りと負担なため、地図を見て市内でも通いやすい場所を探す。

札幌の北東の町外れにある、モエレ沼公園を目指す。北海道の道と書いて道道と読むが、道道を通ると負担を少なく、そこに行くことができる。

モエレ沼公園は以前も来たことがあるが、自転車がないとバスじゃないとアクセスできない。定山渓とかを除く札幌市内でも、モエレ沼公園付近は地下鉄や電車交通がなく、田畑が広がるようなエリア。信号があったりなかったりで、似たような景色が広がるため、十勝型事故が起こりやすいので、自転車の人は注意!

こっちが優先的な道路で、向こうに“止まれ”があるから大丈夫だと思うと、そのまま撥ねられる。というか、撥ねられそうになった。

北海道の人でも読めないような地名があったり、ある意味、ディープなエリアだったりする。

モエレ沼公園は芸術家の作品的な建築物があったりして、札幌市民の誇り、自慢でもあるという。広大な公園で市街地から遠いため、大規模な駐車場がある。公園用のレンタサイクルもあり。

モエレ沼公園に隣接して、札幌さとらんどという、自然、動物、農業体験施設のような公園が隣接してある。こちらも入場料無料なので、セットで行く家族連れが多い。無料バーベキュー施設もあるので、車庫でジンギスカンをやる北海道の人でも、バーベキューをやりにさとらんどに来ている家族連れが多かった。

2つの施設を見学してから、キャンプ場に戻った。

江別は札幌のベッドタウンのようなところだが、ローカルの私立大学などが多いため、家賃が安いアパートが多く、大型のディスカウントスーパーなどが充実している。ある意味、埼玉みたいなところで、実際、札幌市内より食料品などが安い買える気がした。

Final Stage 真・北海道編 Excellent Hokkaido Native

7日目 雷雨

キャンプ場4泊目となるこの日、午前中から江別市内に出かけた。

埼玉と同じようなポジションだから、埼玉と同じくらい観光客が少ないと思われる江別にも、色々な魅力があるのではと思った。

私が江別でまず魅力的だと思ったのは、北のたまゆらという440円の温泉がある。ここはほとんどスーパー銭湯のようなところで、色々な風呂があり、休憩所があったり、400円台くらいで各種定食を食べることができる。

ここはキャンプ場の受付で「4泊もするなら温泉くらい行った方がいい」みたいなことを言われてリーフレット渡されて知ったのだが、札幌の江別に隣接した地域、厚別区にある森林公園温泉きよらと比較すると、同じ値段なのにとても豪華に思える。たまゆらはボディソープとシャンプーが備え付けだし、ヘアトニックやアフターシェーブローションも備え付けだ。

それらは、きよらにはない。きよらも好きな所で100回くらい行ったことがあるが、たまゆらの前ではとても色あせて見える。エリアが近いから温泉の質もほとんど同じで、真っ黒いタイプ。ドライヤーこそ3分10円のタイプだが、江別のキャンプ場を利用するなら、ここはお世話になった方がいいだろう。

住宅街の外れにあって、江別も五番の目の感じで始めての人は探しづらいだろうが、3番道りだかというところまで行くと、交差点のところにある。最寄り駅から歩くのは大変だが、足がある人は訪れる価値が大アリ。

江別はレンガや陶芸の街としても有名で、そういう博物館があるが定休日で訪れることができなかった。

また、情報図書館という名の図書館(アニメのDVDとかCDが充実している)は、この街の規模にしてはなかなか良い所だ。でも、北広島の図書館の方がガチで良いので、まぁ、普通レベルだ。ラーメン屋は味の時計台がある。

基本的な町並みは、埼玉の高崎線沿線の国道17号線のロードサイドショップ密集地帯みたいな感じに近い。

今回のキャンプではガスコンロを使えるので、料理に熱が入る。ジンギスカンを作ったり、イカを焼いたり、ソーセージをボイルしたりした。

ところが、最終宿泊日のこの日、夕方から天気が悪くなって、なかなか強い雨となった。翌日が平日のため、家族連れとかは皆帰って、宿泊者は私だけ。雷よけの避雷針があるとは言え、雷のときのキャンプは危険とされている。雷に打たれると7割か8割くらいは死亡するという。

18時ころ、テントで食事を終えて、覚悟を決めた。雨に備えてどうやったら浸水せずに夜を明かせるか、ビニール袋や折り畳み傘でテントの浸水しやすい部分を補強したりした。

それでも、3500円の安物テントは地面や、フライシートとインナーが密着すると、内部に水が滴ってくる・・・。高級テントや普通のテントは使ったことがないが、雨が止まない限り、この安物テントで浸水せずに過ごすことは無理だろう。特に寝る時に頭になる部分に小さな物入れの袋があるが、ここから特に水が滴るので、ハサミで物入れのポケットを切り落とした。

腹をくくったあと、外から呼び声がしてくる。

「今日は雨も強いし、雷注意報が出て危険だから、調理場か東屋で寝たらどうですか」的な、管理人さんからのドクターストップが出た。

ありがたいですが大丈夫、と言えばカッコいいと思ったが、私が事故に巻き込まれて迷惑するのは、このキャンプ場を管理している江別市。迷惑はかけたくないと思い、いや、こんな雨の中、キャンプなんかしたくないと思ったのも本当のことで、10往復くらいして、小分けして荷物を運び、キャンプ場の端から調理場にテントを移動した。

キャンパーたるもの、屋根の下にテントを張るなんてみっともない!と0.5秒だけ思ったが、テント内に雨がしたたることもないし、実に快適だった。心底ありがたい気持ちだった。

雨の中、安物テントでキャンプなんてできないことを思い知った。前言撤回するが、これからキャンプツーリングをする方は、お金に余裕があれば、それなりに雨に強いテントを買った方がいいと思う。安物は晴れの日しか使えないから。

深夜も風が強かった。夜が明けたら、キャンプ場を出る。

Final Stage 真・北海道編 Excellent Hokkaido Native

8日目 夜明け

何度か目を覚ましながら迎えた朝。空はまだ厚い雲に覆われていたが、雨はなんとか止んでいた。買い置きしていたジンギスカンを作り、テントを片付け、自転車に荷物を積載する。

6時頃、キャンプ場を出発する。調理場で寝させて貰ったので、管理人さんが起きているかわからないから、最悪、メモ書きでお礼を伝えようと思ったが、キャンプ場を出る時にプレハブから管理人さんが出てきてくれた。最初の受付の時に対応してくれた方だ。

「炊事場で寝た? なんか可愛そうだからさぁ、テントを移動するように(昨日担当だった同僚に)言ったんだよ~(笑)」

どうもありがとうございます。おかげで大変助かりました。

その後、新札幌駅に向かい、うまくダンボールを探して不要なキャンプ用品などをコンビニから自宅に送った。もう江別に来ることはないし、キャンプすることもない。

某ホテルで無難な朝食バイキングを食べ、この日は街で過ごした。