自転車ノウハウ

自転車ノウハウ

【30泊!!】実売4千円のBUNDOK ツーリング テント BDK-17のレビュー

アマゾンで人気の格安テントBDK-17。自転車ツーリングの旅で実際に使用していたので、良いところ、悪いところ、知っている限り全部お話します!!

雨の弱さが気になる! 3年で30泊程度使用した感想

BUNDOK(バンドック) ツーリング テント BDK-17

アマゾンやホームセンターで実売4千円程度で売っているテントです。旅行記をお読み頂いた方にはバレバレでしょうが、何を隠そう、私も3年間で30泊くらい使いまくった、マイホームみたいな存在でした。

下記は一人旅、自転車ツーリング用として使用した感想です。

ここが素晴らしい!!

BUNDOK(バンドック) ツーリング テント BDK-17

軽くて小さくて全部入り

自転車にくくりつけたり、大きめのバックパックに入れることもできます。収納ケース付きなので、徒歩旅とかでも使えます。これと寝袋だけ買えば、最低限、キャンプ泊で生存するためのものが揃います。

初心者でも設営可能

初めての人でも1、2回練習すれば、一人で15分くらいで設営できるようになるでしょう。慣れたら、薄暗い場合でも設営できます。設営はオーソドックスなタイプなので、入門向けでしょう。

意外と耐久性はある

正しい使い方をしているぶんには、少なくとも3年30泊くらいの使用には耐えます。ペグはすぐ曲がりますが、代用品はいくらでも手に入ります。

こりゃアカンわ~、という値段なりに駄目な点

BUNDOK(バンドック) ツーリング テント BDK-17

雨の日は、かなり覚悟した方がいい

これに尽きます。初めてテントを買う方はわからないと思いますが、このテントはスペック的に耐水圧が低めです。大体、1~2時間くらい雨が降り続いたら、雨漏りしてくる程度のスペックです。

つまり、晴天専用と割り切る『レジャー用テント』でしょう。新品状態でも並みのキャンパーなら撤退する程度の雨が降った場合、テント全体から水が染み出てきます。水はけの良い場所に建てても、一晩中降るような雨だと、全方向から水が進入して洪水の恐怖に見舞われます。テントの中で傘を差し、一睡もできない夜を何度か経験しました。市販の撥水スプレーも試しましたが、改善しませんでした。台風接近の時は管理人さんが見かねて屋根付きの調理場に避難させて貰いましたが、ツーリングなどで悪天候でも絶対にテント泊するつもりの人にはお勧めしません。

前室とか色々

値段が値段なので仕方ないですが、細かい快適さはちゃんとした値段のテントに負けると思います。内部に小物入れのポケットが付いていますが、雨天時にここから雨が染み出てくるので、ハサミで切り落としました。広さは一人だとなんとか、2人だとかなり窮屈でしょう。170cm普通体型でも斜めに寝ないと少し窮屈です。

外観とか

一人旅の人間が行くようなキャンプ場を周りましたが、キャンプ旅に慣れている人は、有名ブランドのちゃんとしたテントを使っている人の方が多いので、並べられると、安っぽいというか、初心者的に見られてしまう場合があります。街に近いファミリーキャンプ場だと小さいテントの人は少ないし、山奥などの場末のキャンプ場だと上級者ばっかりですが、周囲を気にしない人なら問題ないでしょう。

最終報告→3年使って廃棄しました

4年目に状態を確認したら、地面に当たる部分が細かい穴が開いていたり、繋ぎを止めているテープが剥がれたりしていて、寿命だと感じました。元は余裕で取れましたが、3年30泊くらいが寿命でしょう。

すぐに元が取れるテントで、お金はないけどちょっと旅に出たいとか、ツーリングに興味が沸いてきた、という方にはお勧めなテントかと思います。デメリットの雨の弱さは、ちょっとワイルドな方で、少しくらい濡れてもいいやくらいの気持ちを持っていれば、乗り越えられなくもない壁です。基本的にテントは消耗品なので、1~2年くらい使う気持ちで、軽く買って軽く使うテントではないでしょうか。

以上、ツーリングキャンプの必須アイテム、BUNDOK ツーリング テント BDK-17のレビューでした。

自転車ノウハウ

あなたの地域は大丈夫? 自転車賠償保険加入が義務化 【埼玉県は平成30年4月1日~】


自転車による重大な死傷事故が後を絶たないため、全国的に自転車賠償保険加入の義務化が進んでいる。その多くはスマホを操作しながらとか、歩道を走行していることで起きる、明らかに自転車側に非がある事故だ。

首都圏では埼玉県が平成30年4月1日から義務化

当サイトが調べた所では、下記の自治体が平成30年4月8日現在、義務化されている。

・名古屋市
・京都府
・滋賀県
・大阪府
・兵庫県
・鹿児島県

上記に記載のない自治体でも東京都や千葉県、福岡県などは『努力義務』とし、近いうちに義務化されることも予測される。

被害者はもちろん、自転車に乗る以上、絶対に事故が起こらないというのはどうやってもありえないので、対象外の地域に住んでいたとしても、万が一に備えて保険加入は必なものと考えるべきだろう。






自転車ノウハウ

【知らないと困る!】キャンプ用ガスコンロ、ガスボンベを送る方法

ざっと結論→飛行機NG、ゆうパック(郵送)NG、ヤマトOK

ツーリング等のキャンプの場合、ガスコンロやガスボンベは飛行機には手荷物、預け入れ、いずれの方法でも載せられない。ガスボンベはもちろん、ガスコンロ等の器具も使用済みの場合は飛行機には載せられない。諦めて現地で買うか、別送にしなければならない。送る場合は、ヤマトが一番使い勝手が良い。

ヤマトは営業所持込か、セブンイレブンなどの一部コンビニで発送できる。コンビニの人はあまり知識がない場合もあるが、伝票の2枚目か3枚目にイラスト入りで「扱える」と書いてあるので、説明できるようにしておこう。受け取る時は旅先のヤマト営業所やホテルなどに送ったものを自分で取け取る形となる。

ヤマト→OK

2018年6月現在、本州→北海道などに送る場合は陸送扱いとなるものの、キャンプ用ガスを送ることが可能。但し、陸送なので1日程度余分に日数がかかる場合もあるので、受取日には注意。キャンプ用のガスコンロ、ガスボンベと品目に明記すること。

なお、キャンプ用のガスコンロに限っての話で、それ以外の業務用等のガスボンベは話が別。



ゆうパック→不可

ゆうパックは田舎から都会まで便利な立地にあるが、キャンプ用ガスは扱えない。ヤマトの競合のように思えるが、ゆうパックは郵便法の絡みがあって、規則でガスボンベ全般を一律で扱えない。

郵便局は教育のレベルや体制が局や個人によってバラバラなので、知識のない人が担当すると「ガス」と記載してあっても普通に送れたりもする。ただ、それは知識不足なだけで、扱えないのがルールだから、トラブルや時間の無駄になるので、ゆうパックは使わないこと。