自給自足生活

自給自足生活

実はコロナより恐ろしい!! クルマの事故での死亡者数は年間3千人以上 !!

2020年7月、中国の武漢研究所からバラまかれたコロナウィルスで日本を含む、世界の人達の生活がインドア中心のものになって半年以上が経つ。

日本でも死亡者が1千人に迫ろうとしているが、実は日本の巨大産業であり、家を一歩出れば走り回っている自動車の方がコロナウイルスよりずっと危険なのは知っているだろうか? もちろん、だからコロナが安全と言っているわけではないが、連日コロナの報道ばかり目にするのに、自動車の危険性はそれほどメディアで話題にならないのはどうかな? という気がしてならない。

自動車事故のピーク時は年間1万人越えの即死者!!

詳しいデータは下記のJAF系列のサイトで確認できるが、1990年台には年間の即死者が1万人を超えている。これは日本のだけの数字で、今のコロナ死亡者の10倍にもあたる人間の尊い命がクルマのせいで失われている。

2019年の一番新しいデータでもクルマの事故による日本国内の死亡者は年間3千人を超えている。実はこれには数字のトリックもあるのだ。

即死者など24時間以内の死亡者数のみ!!

あまり知られていないが、クルマの事故の死亡者数は24時間以内に死亡した人だけがカウントされている。

30日以内の死亡者数も別に集計されていて、それを見ると3割増くらいの人数になるので、もっと多いわけだ。

コロナの何倍も多い交通事故死亡者。昨今、クルマ離れが進み死亡者数は以前より少なくなっているとはいえ、コロナの4倍くらいの人が死んでいる。自動車メーカー、クルマメディアなどはこの事実をどう思うのだろうか? コロナより何倍も恐ろしいのが自動車だと言える。

ちなみに、近年多い河川氾濫などの集中豪雨被害は、自動車の排気ガスなど環境汚染が原因になっている可能性が指摘されている。

自給自足生活

無料コンテンツの制作者に文句を言うのは人として恥ずかしいこと

YouTube、ブログその他、閲覧者が直接お金を払わずに視聴したり読んだりできるコンテンツがWebには溢れている。

ネットの回線使用料とかは払っているのかもしれないけど、コンテンツの制作者にそのコンテンツの利用者は1円足りとも直接的にお金を払っていないのが事実である。ただ、これには例外があって、コンテンツ制作者自身が受け取る広告収入がある場合は、そうでもない場合もある。明確に収入を得ていない場合は完全なボランティア制作、公開だ。

無料コンテンツにすら文句をいうユーザーって

どんなコンテンツであれ、そのコンテンツを制作するには多かれ少なかれ労力が伴う。実際にお金がかかる場合もあるが、見えないお金は確実にかかっている。

言うなれば、無料でコンテンツを公開する人は町内会でボランティアで道端の清掃をしているような人だ。ボランティアに対して掃除の仕方が悪いだの文句を言うのは人として恥ずかしいことだろう。文句があるなら自分がよりよいボランティアをすればいいし、人としての道徳を疑う。

モノを知らない学生さんwならまだしも、お金を稼いで暮らしている社会人なら無料コンテンツがボランティアであることは理解できそうなものだが、当たり前のコトをたまには思い出すのも大事ではないだろうか。

まとめ 商売の世界ではお客様は神様かもしれないが?

YouTubeなどネットの無料コンテンツの世界では、お客様は直接的にお金を払ってくれる人だけ。

お金を払ったならば少々の意見くらい言っても聞いてあげるが、お金を払っていない以上は意見を言うのはマナー違反。むしろそんな権利はない。ここでいう意見というのはネガティブな意見であって、肯定的な意見はむしろ無料コンテンツの世界では歓迎されるので、間違えないように。

自給自足生活

会社員レベルで仕事が忙しい自慢をしているのは仕事できないアピールでしかない

時々、会社員という、仕事をしていく雇用の仕組みの中で最もイージーな立場にある人で、「仕事が忙しい」ということを自慢げに話し人がいる。

本人に自覚がないのが痛いが会社員レベルの仕事で“仕事”に忙しいというのは、社会や会社と言う組織の仕組みから考えても恥ずかしいことなのだ。

会社員(≒正社員)というのは現代日本で最もイージーなポジション

会社員と言っても色々あるが、平均より少し上の2流大卒→大手もしくは準大手企業に勤める平均年収(その地域やその年齢などにおいて)くらいの会社員としよう。

無職、フリーターはもちろんのこと、契約期間が限られていてスキルアップや近い将来の面倒など会社が一切見てくれない派遣社員、契約社員などのいわゆる非正規労働者、自分で営業から実務、経理などの事務までこなさなければならず、賃金や社会保障が一般的な手薄なフリーランスや個人事業主、それらの一切に比べて会社員というのはイージーだ。

まず契約期間は少なくとも書類上は定年退職まで。年金はじめ一般的な社会保障、福利厚生はフル加入な場合が多い。ノルマの厳しい会社やブラックな体制な企業も中にはあるが、原則的には会社がスキルアップやキャリアアップのレールを敷いてくれる。程度問題だが、厳しいノルマや鞭を売ってくるのも本人の成長のためである。

正社員以外ではない場合が多いボーナスというものが年に2回程度支給される。クレジットカードやマイホーム、マイカーのローンも組みやすい。

会社員ほど、生きていくのにイージーなポジションもない

「いやいや、そんなことない。人間関係に揉まれたり、日々戦いだよ」と思う会社員もいるかもしれない。でも、それは無職、フリーターや非正規労働者の戦いの日々に比べたら、実に甘ったるいものであることが多い。

まともな企業では忙しくで残業すれば、それに応じて残業代が割り増しで支給される。何から何まで会社が「生かしてくれる」のだから、そんなにイージーな生き方はないと思うのだ。だから、会社員のポジションにある人の忙しいだの、キツいだのの戯言ほど信憑性のないものはない。