自給自足生活

自給自足生活

30代になっても未だ選挙に一度も行ったことがない決定的な理由

最近、若い人向けに「選挙に行きましょう」とか「選挙に行くために会社を休業する」とかの某アウトドアメーカーがあったりするが、私は悪いが、30代になっても、生まれてから一度も選挙というものに行った事がない。

もちろん、選挙権はあるので選挙の時期になると虚しく開封されることなく捨てられる投票用紙の封筒が送られてくるのだが、まずもって選挙に行く気がないので、その正当な理由を述べようと思う。

選挙に行かないのも一つの投票だ

まず持って言えることは選挙に何の価値も感じないということ。選挙のシーズンになると、最寄の駅で朝早くから候補者とそれを支持する年金暮らしのジジイとババアどもがビラを配ったりするが、こいつらや、こいつらのライバルを1ミリも応援したいと感じたことがない。

所詮、こいつらも政治家という仕事を得たいから投票して欲しいんだろうが、そいつらの手助けをしたいと考えない。

要するに、どういつもこいつも似たようなやつで、応援したい人が一人もいないというのが結論的には選挙に行かない大きな理由だ。

ネットで投票できない

インターネットが一般人に広く普及してから20年近く経とうとする2019年においても、私の知っている限りでは、ネットでポチッと投票できるサイトというものがない。あるいは、そういう周知がされていない。

ITとかリモートワークとかでネット社会を推奨している国家が、わざわざアナログで投票用紙を送って、アナログで出向いて1時間なりを使って、投票所とかどこにあるかよくわからない所に行かないと投票ができないとは、利便性が悪すぎる。

PCもスマホもまともに使えない年金暮らしの上級老人に配慮しているのかもしれないが、このご時勢にネットでポチッとできないのは、全く持って賛同できない。

マイナンバーとかよくわからんものは導入できるのに、国のシステムとして、ネットで投票できないのは不可解だ。年金にしろ何にしろ、老人優遇国家だからか。

1票で世の中変わるほど甘くない

何千万人という投票者のうち、私一人の投票で消費税が0円になったり、非正規労働者に交通費やボーナスがでたり、正社員が3ヶ月更新になったりする平等な世の中になるとは到底思えない。

それよりは、投票の仕方を調べたり、投票に使う時間を自分の自由な時間として確保したいと思う。

これも案外大きいかもな。

選挙に行くべきとする意見にグッとこない

前述の選挙に行くことを薦める意見に目を通しても、やっぱり全然、選挙に行くメリットがないように思う。

若い人が選挙に行かないと老人中心の政治になってしまうというのはわかるが、逆に選挙に行かないのも一つの投票だと思う。

若い人の投票率がゼロだとしたら、さすがにこれからの社会を支える世代に見向きもされない政治だと築いて、ネットでポチッと投票できるようになるんじゃないかと思う。まずやることはネット投票じゃねえのかな。中途半端に若い人が選挙行くほうが何も改善されなくて、老人の思うツボではないか。

まあ、そんなに全てが正論だと思わないけど、選挙行かないネット世代の若い人は大体こんな意見じゃないのかな。

自給自足生活

今のボカロシーンwをダメにしたのは間違いなく有名ボカロPの人達という仮説

代表的なボカロというか、世間的にはボカロと言えば初音ミクしかないのだけど、今年12周年を迎える初音ミクをはじめ、今のボカロシーンをダメにしたのは、きっと有名ボカロPの人達ではないかと個人的に思っている。

個人的には携帯音楽プレーヤーにはボカロの曲が何百曲も入っているが、まずアーティスト名というかボカロPの名前で曲を聴くことはない。

全部「初音ミク」の曲として聴くから、そこにボカロPのなんとか~みたいな存在は全く意識しない。何百回も聴いたことのある曲でも、その曲を作った人の名前は意識したことないし、特に気にすることもなく、初音ミクの曲として聴く。

ただ最近、ある有名ボカロPの人のインタビューを読んでると「初音ミクの曲として聴かれるのが嫌だ」という発言をしている人が多いように思う。持ちつ持たれつだ、という大人の意見もあるが、残念ながら、個人的には初音ミクの曲だから聴いているのであって、そのボカロPの曲だから聴くというのは在り得ない。断じて在り得ない。

ライブの違和感

ニコニコ超会議という大きいイベントで、ボーカロイドのブースもあるのだが、そこには初音ミクの曲のついでに、その曲を作ったボカロPの人のバンドなり歌唱なりがあって、かなり引いてしまった経験がある。

いや、初音ミクの曲だから聴いているのであって、その人の歌声なんて全く興味ないんだから。というのが個人の気持ち。

初音ミクであんな素敵な曲を作ったんだから、本人の歌声も聴きたいとか思う人もいるのかもしれないけど、自分は全く聴きたくない派。でも、最近は初音ミクを踏み台にしていくようなシンガーソングライター系の人が多くなっていると思う。

初期の頃の曲がよかった、という声もよく聞くが、おそらく初期の頃は今のようなプロ志向やバンド崩れみたいなボカロPは少なくて、パソコンというかMIDIでDTM趣味をやっていたようなアマチュアが中心だったんだと思う。

ここ最近のライブの曲のセットリストとかいうんだっけ、あれも似たような曲ばっかり毎年やってて、このままじゃ飽きられて、マニアだけの趣味になってしまいそうな予感がしているよ。個人の意見。

自給自足生活

自動車メディアの「若者のクルマ離れ」反論記事ほど見苦しいものはないw

最近、なんとなーく目に付くのが自動車媒体を運営する企業のサイトでの「若者のクルマ離れ」反論記事。

具体的にどういうものかというと、世間ではクルマ離れって言われているけど、クルマが好きな若者もいるとかって、謝礼を渡してインタビューとかしていたり、クルマがあったらこんなに便利だよ、って何の罪もない若者を使って宣伝する行為だ。

必要ないクルマを買うほど馬鹿げた行為はない

列車やバスが3時間に1本しかないとか、そもそも鉄道がなかったりする街に住んでいたら、大抵の場合はクルマがあった方が仕事やプライベートで便利なので、おそらくクルマを持った方がいい。都市部しか住んだことがない人には想像できないだろうが、人口2万人以下くらいの町や村だと、そういう地域はゴマンとある。

しかし、東京一極集中をはじめとして、都市部でクルマを持つのは必要性がない場合は絶対に辞めた方がいい。

派遣など非性はもちろんのこと、正社員も使い捨てで外国から優秀な人材が多数やってくるこの時代に、買うだけでまず数十万~数百万とかして、毎年税半や維持費を払ったり、田舎なら部屋が借りられるほど高い駐車場を契約してまで、クルマを買う価値は全くない。

大手クルマメディアは事実無根のクルマ推奨記事を書くw

例えば、某リクルート社系列のカーセンサーが運営するサイトでは、記事にさっき書いたような事実を無視して、経済効率なども考えずに、何の根拠もなしに若者こそクルマを買った方が生活が充実するとか、とんでもない誤解を招くような記事を平気で載せる。

都市部で必要もないのにクルマなんて買ったら、維持費や駐車場代が半端ないし、一度しかない(?)大学生活だかを台無しにすること間違いないよ。

都会に住む若者こそ、絶対にクルマなんて買っちゃいけないぜ。買ってもいいのは、金持ちのボンボンくらいなものだ。