恋愛・婚活

恋愛・婚活

マッチングアプリ「Pairs」「With」を2ヶ月使ってわかったこと全て

最大手に椅子するマッチングアプリ「Pairs」「With」の有料会員になって2ヶ月、生々しい実情をレポート。

2ヶ月も使うと生々しい現実が嫌でも目に見えてきて、マッチングアプリの真実が語れるようになってきた気がする。

ちなみに、当方のこの種のレポートを始めて読む人に言うと、低スペック30代ナイスミドル男性wのレポート。

長期戦になるとどんどん不利になる!

大抵のマッチングアプリの仕組み上、登録直後は目立つ表示になったりするので沢山(その人にとって比較的という意味で)の「いいね」や「あとあと」が貰えるが、2ヶ月も経つと自分から長積極的にアプローチしないと、笑えるくらいに誰からも「いいね」や「あとあと」が貰えなくなる!

具体的には、プロフィールを毎日利用に全面的に書き換えたり、つぶやきを毎日登校したり、自分で「いいね」をしまくったりしないとならなくなる。

登録1~2週間までとは別世界くらい、違ってくる。

地雷どころではない女性が目に付くようになる

エイプリルフールか? 運営がネタを仕込んだか? というレベルの地雷女を何度も見かけるようになる。

2ヶ月くらい使うと、めぼしい人気会員にアプローチしても「時間」と「労力」の無駄というのがはっきりわかるので、自然と人気がない「いいね」が10未満とは、見たい目のスペックが中の下以下の会員を中心をアプローチすることになる。

そうなると目立ってくるのが完全地雷会員。

以下は実際に見たプロフィール内容のほぼそのまんま。

「下の条件にひとつでも当てはまる人はメッセージしないでくださいね

・車、免許持っていない人
・年収○○以下の人
以下つらつらと・・・」

こういうようなのを書いている女性が本当に相当数いるのに驚く。それで他人と付き合ったり、結婚するつもりでいるの? と思うと悲しくなる。それが35オーバーの見た目が中の下以下だからなおさら。

まとめ

マッチングアプリは男性会員は有料だし、登録初期の方が有利な状況にあるので、使うのなら短期決戦のつもりでいたほうが良いのは間違いないだろう。

前回もレポートしたが、女性は無料なので「単におしゃべりしたいだけ」や「友達に薦められたから」くらいにタラタラ使っている人が多いので、プロフィールの条件から「すぐ会いたい」とか「すぐ結婚したい」くらいの人を探さないと、時間とお金だけ消費してしまうことになりかねないだろう。

恋愛・婚活

マッチングアプリにいる地雷女性の見分け方

マッチングアプリには様々なタイプの女性が登録しているが、その7割~8割くらいは地雷・・・とも言えなくはない。

男性の場合、マッチングアプリは実質的に完全有料なので、貴重なお金と時間を無駄にしないために、地雷女を見分ける方法をメモ。

顔写真が犬や風景写真

真剣に恋活や婚活するための有料サービスなのに、これで審査が通るのもおかしな話だが、2割くらいはそういう写真。

犬と食事に行くわけに行かないから、やりとりする中で写真を見せて貰う必要はあると思うけれど、数日以上かけてやりとりした結果、写真が全くタイプでなかったら・・・これ以上の無駄はない。

ディズニーランドの写真ばっかり

プロフィール写真はもちろん、プロフィールの文もディズニーランドばっかり。

チケット代をせびられたり、ディズニーランドと結婚したがっている可能性があるので、避けた方が無難。

恋人でも妻でもないのに、過剰に鑑賞する

メッセージのやりとりしているだけとか、会ってもせいぜい1~2度なのに、恋人や妻のごとく、やたら食生活や生活態度に駄目出ししてくる。

正式に付き合っているならまだしも、面倒くさいだけの相手なので避けた方が無難。マナーの問題かと。

30過ぎて実家暮らし、フリーター

それに問題意識があるかどうかが大事だが、別になんとも思っていないようであったら、早々にやりとりを辞めた方がいい。

専業主婦狙いで金づるを探しているだけなので、あなたが資産家とか大手企業の役員とかでない限り、関わらない方がいい。

都市部にデート駆けつけます派

東京だったら茨城とか都心まで1時間半~2時間以上かかる実家に住んでいて、都心までデートに駆けつけます!とか言っている人。

地元にずっと住んでいるなら、中学の同級生とかと付き合って結婚すれば?とも思うが、ルックスと性格のどちらも問題のあるタイプと思った方がいい。

実際、そういうタイプの女性に会ったが、ルックスも性格のどちらも、地元の人は誰も付き合いたくないような問題のあるタイプだった。

やたら他人の趣味に合わせたが~る

他人の趣味に話を合わせるのも大切だが、度が過ぎるのもどうかと思う。

聴いたことのないアーティストのCDを借りに行ったり行動が極端過ぎる。あとで無理が来て「やっぱり趣味が合わない」と一方的に断られる可能性が高いから避けた方が無難

使い方わからないがアピール

友達に紹介されたから登録してみたけど使い方わからないとか言ってる人。

学ぶ意欲がないし、メッセージをやりとりするのに本人確認などの作業があるから、こっちがいいねしてもやりとりできない可能性がある。

使い方わからなくてすぐ退会してしまうかもね。避けた方が無難。

まとめ 砂漠から砂金状態

今回は個人的なケーススタディをまとめたものだが、マッチングアプリは砂漠で砂金を探す作業に近い部分があるので、道に迷わないように参考になればと思う。

くれぐれもマッチングアプリでお金と時間を浪費しないように!

恋愛・婚活

マッチングアプリ「Pairs」「With」を1ヶ月程使ってわかったことの全て

マッチングアプリで最大手クラスとされる「Pairs」と「With」を有料会員として1ヶ月程使って思ったことを色々書く。

ちなみに、書き手は男性30代半ばで、個人の感想。人によって大きく状況や感想が異なる場合がある。

女性の登録者は基本的に少々(?)訳ありが多い

これは前提になる。

なぜなら、リアルな社会生活で、職場や学生時代等での交友関係が充実していれば、こういったアプリで真剣に婚活する必要に迫られる人というのが少ないと予測できるから。

良い歳した男性諸君なら肌感覚でわかると思うが、リアルで美人だったり、可愛かったり、性格が良かったりしたら、周りの男がほっとかないと考えるのが自然。だから、いずれか、もしくは複数のネガティブ要素がある可能性は考えたほうがよい。

有料の男性と違って、女性は気楽に使っている

男性と違って、マッチングアプリは基本的に女性は無料で使える。これは決定的なシステムの違い。

女性は男性ほどキリキリせずに使えるので、顔写真を犬とかミッキーマウスにしている女性会員が多くなる。

男性だと、リアルでもモテモテプロフィールでもない限り、並みのプロフィールだと1桁からせいぜいギリギリ2桁しか「いいね」は貰えないが、女性の場合は2桁後半当たり前、3桁も珍しくない。そのくらいアプリ内の活動、傾向に格差がある。

恋愛経験少ない、実家暮らしフリーター女性が多い

前述の件もあって、マッチングアプリで並以下の男が「いいね」されてマッチング成立するケースというのは、色々な意味で訳ありであることが少なくない。

特に気になったのがリアルで婚活中の女性がこんなだとは思わないが、結婚を考えるくらいなら今の時代、女性でも社会的にある程度キャリアを積んで自立した生活ができる段階なのは普通だと想像していたが、マッチングアプリに登録している人は実家暮らしフリーターという人が肌感覚で多い気がする。

結婚を前提にするなら、女性も年収や職業が大事になってくるし、女性側の収入がどうでもいいと思う、年収1千万近い高収入男性はリアルでも女性を選びやすいし。年収1千万くらいあったら、月2千円くらいのマッチングアプリで探さず、結婚相談所など使うだろうし、マッチングといいつつ、それほどマッチングしていないのが現実ではないかと思った。

以上、個人の感想というか、なんとなーく思ったことを感想文的に記述した。