コネタ

グルメ

根室に行ったらエスカロップを食べに行こう!

エスカロップという料理を知っていますか?

どこか外国の料理かと思ったかもしれません。実は北海道の根室市で食べられているローカルフードです。

広い北海道の中でも東の端の、根室でしか食べられていない料理です。根室と言えば花咲ガニが有名ですが、北海道で生まれ育った私でさえも、そんな料理があるとは最近まで知らなかったくらいです。近隣の釧路市でもエスカロップは見たことがありません。

エスカロップ発祥とされるモンブランという店の系列である『どりあん』にて。

バターライスの上にトンカツを載せたような料理です。根室の喫茶店やレストランでは大抵この『エスカ』があるので、道東に行く方はぜひ根室まで足を延ばしてみてください。根室はカニだけではありません。

旅モノ

【群馬・伊香保温泉】自転車で日帰り温泉に行ってみよう !!

皆さん、温泉は好きですか?

私は温泉はそんなによく行くわけじゃないんですが、・・・というよりは、温泉って新潟の越後湯沢とか一部例外はあるにしても、大抵は車じゃないとアクセスしづらい所にあるので、ペーパードライバーだと足が無くて、行くに行けなかったんです。

それが自転車があると素敵なことに、自宅からダイレクトに温泉街にアクセス可能です。自転車の機動力は大したもので、ちょっと慣れれば片道100Kmくらいは軽く移動できます。北海道、本州、四国、九州に住んでいる方なら、大抵は自転車で行ける距離に温泉の一つや二つ、きっとあるはずです。

首都圏に住んでいる方なら、群馬県の伊香保温泉が自転車で行く初めての温泉に最適です。東京方面からは荒川自転車道で熊谷へ、熊谷から先は利根川自転車道に乗り継ぐのが便利です。熊谷警察署のある交差点を北上すれば、利根川自転車道のインターチェンジ(?)があります。ここまで来たら伊香保温泉は目と鼻の先です。

利根川自転車道は伊香保温泉にアクセスするために作られたサイクリングロードなので(嘘です)、伊香保温泉のある渋川市まで最速でアクセスできます。渋川に着いたら標識に「伊香保」と出ているはずなので、その方向に進んで下さい。市街地から温泉街までは半端な峠よりキツイ登り坂が何キロも続きます。甘い考えでいると後悔します。ちなみに、渋川駅からのバスが割と頻繁にあるので、途中で何台も追い抜かれるはずです。

伊香保温泉は昭和っぽい濃厚な雰囲気の温泉街です。泊まると結構高くつきますが、日帰り温泉は600円台くらいからあります。

ちなみに、東京や埼玉方面から向かうと、この土地は冬は凄まじい向かい風が吹くうえ、積雪で自転車では辿りつけないと可能性があります。オススメは夏場ですが、比較的気温が低い日に行くのをお勧めします。(私は雨の日に行きましたが、びしょびしょになって、結構みじめな気持ちになりました)

※参考サイト