PC & モバイル

PC & モバイル

5年ぶりにグラボを新調したらDisplayPortなる謎コネクタに困惑・・・時代は進んでいた!!

新調したGT1030搭載のグラボ。実売8千円台

5年くらい前に5千円くらいで適当に買ったGT740というチップが搭載された安物グラボを使っていたのだけど、グラボに負荷のかかるような時にPCが不安定になるようになった。

色々試した結果、どうやらグラボがPC不調を招いていると野性の勘で判断したので、5年も使ったしと買い替えることにした。

買い替え候補はGT 710かそれとも!?

そんなにPCではゲームらしいゲームをやらない(A列車9くらい)のでスペックは普通にPC操作や動画のエンコードでCUDAが動いてくれれば気にしない。

5年も経ったし最近の安物事情はどうなんだろうと調べてみると、GT 710というのがローエンドの主流らしい。でも型番的には5年前に買ったGT 740より数字が若いし、スペックを調べてもGT 740よりショボい・・・。

ただ、ゲームとかより日常の操作を快適にしたり、マルチモニターにしたいという用途には全然いいと思う。実売4千円なのも神かがっているし。

ただ、今回はせっかくだし5年経って買い替えたらスペックが下がるのではテンション下がるので、5年ぶんくらいスペックが上がるGT 1030搭載のグラボにすることにした。実売8千円くらいで前回より高くなるけど、スペックが2倍くらいで消費電力も半分くらいになるようなので値段アップは許容範囲だろうと思って適当にポチってみたのである。

HDMIが刺さらない変な端子がある?

さすが5年も経つと性能2倍でサイズも消費電力も半分くらい!!

チャチャットとPCに装着してモニターを繋ごうとして困ったのでござる。

面倒なので普通にモニター2台繋げれば何でいいやと、グラボ側のHDMIっぽい端子が2つあることまでは確認していた。ところが、このグラボはHDMIが1つ、DPという謎端子が1つという出力だったのである。我が家にはHDMI対応のごく普通のモニターしかない。

DPとはなんぞやと思って調べた

今の世の中のモニター端子の主流はてっきりHDMI一色かと思っていたら実はそうではなかった。

DP、つまりDisplay Portという端子というのが今の最先端であって、8Kなどの解像度に対応したHDMIの次を行く端子だったのである。我が家で言うと寸前までDVI端子も普通に使っていたし、DVIはもちろんのこと、HDMIのどちらかというと古い端子になりつつあるそうだ。

いや、8Kどころか4Kのモニターも持ってないしフルHDで満足してまっせ状態なのだけど、世の中の流れがそうなのだから仕方がない。最先端のゲームなどではHDMIじゃスペック不足になる状況というのも存在してきているということだろう。

DPからHDMIへの変換は割と簡単にできる

Display PortはHDMIよりスペック的に上位の規格なので、Displa PortからHDMIへの変換は割と簡単にできる。つまり、アマゾンなどでは500円くらいから変換アダプターが手に入る。(できれば、こんな変換アダプターを使わず普通にHDMIで十分なんだけどね)

逆に、比較的レアなケースだと思うがモニター側がDisplay Portしか刺さらなくて、HDMIからDPに変換するには複雑な変換機能を持ったアダプターが必要になるので値段が数千円以上になってしまうようだ。

まとめ HDMIが主流だと思っている人はDP端子に注意

時代が進んでいるのは仕方ないけれど、HDMIとDP端子は見た目が似ているのでそういう端子があると認識していないと間違えてグラボを買うハメになるので、しばらくぶりにグラボを買い替える人は筆者みたいにならないように気を付けよう。

それ以外には筆者はセーフだったものの、マザーボードが7~8年前のレベルで古い場合は今どきのグラボが対応しない場合もあるらしい。

そのうち、マザーボードレベルから刷新しないとならないのかなぁ。CPUとかメモリとかにスペック不足感はないんだけどね。

PC & モバイル

【Win10】Ntfs.sysのエラーでブルースクリーン発生!! Windows10のバグっぽいので解決方法は簡単だった

PCを使っていると急にNtfs.sysのエラーが発生。ブルースクリーンでPCが停止してしまった。エラーコードを検索するのは解決法の常套手段だが、

エラーコードは KMODE_EXCEPTION_NOT_HANDLED というもの。

ハードウェア関係のトラブルか!?と一瞬焦ったが、解決法は意外と簡単だった。なお、全てのケースで同じ方法で解決できるとは限らないので1つの方法として紹介。

Ntfs.sys関連はファイルシステムのエラー

Windowsに多少詳しい人ならピンと来るだろうが、NtfsはWindows10が使っているファイルシステムのこと。Ntfs.sysはそのファイルシステム関係のファイルであることが想像できる。

つまり、ファイルシステム関係のエラーである。

濃厚なのは出来ない子であるWindows10がアップデートか何かのタイミングでバグを出してしまったということ。実際にCドライブにこのファイルは格納されているが、ユーザーが意図的に触ることはないし、Windowsが勝手にやらかしたバグである。

Checkディスクで即解決

とり合えず半月くらい経過しても再発しなくなったので解決とするが、CドライブにCheckディスクを実行するだけだった。

環境によるが1~2時間くらいはかかるのでPCを使わない時などに実行すると良い。

筆者の場合はWindowsも実行できる状態だったから良いが、Wimdowsが起動しないレベルだと色々やらないとダメかもしれない。修復ディスク的なUSBメモリを作っておくとよい。

Windows10は本当にダメな子だ。

PC & モバイル

【レビュー】ニトリの実売2千円の折りたたみデスク「フレッタ」をテレワーク用に買ってみた

実際のニトリ「フレッタ」ちゃん。意外と広いのがわかるはず

テレワークで急に自宅で仕事することになったが、それっぽいデスクがない・・・という人にオススメなのがニトリの実売2千円と激安な折り畳みデスク「フレッタ」である。

値段やサイズなどを中古、新品問わず比較検討した結果に出会ったのがフレッタだったので、探す時間がなくてとりあえずPC作業ができるデスクが欲しい人に特にオススメ。

最低限確認しておきたいスペック

サブ机向けの小型版などもあるが、テレワークという意味では幅70cm一番大きいサイズが適当と言える。

使用時のサイズとしては、幅70cm × 奥行51cm × 高さ66cmとなっている。上の写真のようにノートPC(写真はB5サイズ)を置いても、飲み物や文房具や書類、ポータブル扇風機なんかを置く余裕もあって、意外と広くて使い勝手が良い。

重量は約6kgで折り畳んで移動も割りと楽だ。ニトリは送料が550円~かかるので、家の近所にニトリがある人は実店舗で買うと良いだろう。

このフレッタは段ボールなどで梱包されておらず、天板のみフィルムで保護されているだけだった。近所だったら手持ちで持ち帰ることも比較的しやすい。

フレッタの使い心地

以前からアパート備え付けのダイニングテーブル的なものがあったが、これの作りがダメ過ぎて少し力をかけるとグラグラ揺れてしまうストレス発生器だった。オシャレを気取っているのか、片側は柔らかい壁に直にネジ止めされているだけで、もう片方がタイヤの付いた1本足という無理のある作りだから仕方ない。

メンテナンスを頼んで直して貰ったこともあるが、素人目に見ても構造がおかしいし、構造物としはて無理があるので直してもすぐにダメになってしまう。もう諦めることにしたのだった。

それに比べると、フレッタちゃんは実売2千円と安いながらしっかりした作りだ。さすがに折り畳みタイプだし、6Kgという重量なので超安定とまではいかないが、備え付けのテーブルよりは5倍くらい安定している。

フレッタの難点

今のところの唯一の難点としては、高さが66cmと大人の平均身長くらいの男性が使うには、椅子との組み合わせにもよるが、ほんの少し低い気もする。

と言っても2~3cmくらい低く感じる程度なので、人によってはちょうどよく感じるかもしれないし、PC用の台を使ったり工夫すれば何とかなるレベルだろう。

デスク選びは奥が深い。高さ調整ができるようなタイプもあるが、値段が張るという難点がある。とりあえずのデスクとしては、値段も安いしフレッタちゃんが活躍することだろう。