PC & モバイル

PC & モバイル

【Mac】超簡単30秒!! Boot CampにインストールしたWindowsを完全削除する方法

MacのBoot CampにインストールしたWindowsを完全削除する方法のメモ。

やり方自体は簡単だから、その前に「なぜ自らインストールしたのに削除するに至ったか?」について説明する。削除するか迷っている他の子羊さんの参考になるかしらん。

理由1 思ったほど使う場面がなかった

これはMacがサブ機扱いだったり、他にWindowsマシンを持っている人は同じ傾向になるはず。1台しかない人だったら意味はあるかもしれないし、出先でMacBook1台を使うにしても、Windowsを使う場面が意外と全くなかった。

MacでWindowsが動く不思議ちゃんは体験できたはいいけど、より高性能で便利なメインのWindowsマシンがあったら、そりゃMacに入れた不便(下記参照)な「なんちゃってWindows」なんて使う気がしない。

理由2 使い勝手が悪かった

そもそもがMacのハードウェアとWindows向けのハードウェアはCPU以外にも色々と別物だから当然。デスクトップの場合はともかく、MacBookだとキーボードがMac仕様なのでWindowsキーがなかったり、細かい所でWindowsとかなり違って、文字が尋常じゃなく打ちにくかった。

トラックパッドにしても同様で、Macには最適化されているものの、Windowsだとイマイチ使いづらかった。

モニターやグラフィック周りも酷くて、Windowsをインストールするからには何かしらWindowsで使っていたソフトを使いたいはずだろうけど、Retinaの高解像度に対応できなくて表示がおかしなことになったり調整が大変だった。

ゲームなんかもドライバの関係でうまく動作しなかったり、周辺機器も思ったように使えなかったりするのはザラだと思う。そもそも、USBポートがMacは極限まで少なかったりするので、Windowsみたいにじゃらじゃら周辺機器を繋ぐ使い方にも向かないし。

最適化に限界があるみたいで、Mac OSを起動している時よりもCPUの利用率が高くて、ファンがすぐに唸るし、バッテリーの消費も高くて常用したいとは思わなかった。

理由3 検証用にも使えなかった

これは用途にもよるけど、フォント周りやモニター環境が一般的なWindowsと違って「なんちゃってMac仕様Windows」だったからである。

Webデザイン系の用途でWindowsでの見え方を確認しようにも、フォント周りが違うせいで検証用にも使えなかったという。プログラムとかの検証ならいいかもしれないけど、デザイン系の検証には使えなかった。

理由4 割と容量をたっぷり使う

緊急用の最低限の容量でWindows10を入れようとしても、最低40GB程度は滅多に使わないのに占有されてしまう。

WindowsのBootCamp領域はサイズ固定なため、Windowsでファイルを削除したりしてもMacの領域は増えたりしない。Windows10は頻繁にアップデートファイルの配布があるので、それなりに空き領域がないとトラブルが起こるし、ディスク領域が256GB以下のMacだとかなり厳しいと思う。

MacはMacで、Xcodeとか開発系のツールはやたら容量を使うし、Mac OSのアップデートも空き領域に想像以上に余裕が必要だから、どっちも窮屈な思いをする。そもそもWindowsで色々なソフトを入れて普通に使おうとしたら、40GBじゃ話にならないし。

さらに不便なことに、WindowsはNTFSだからMac OSから読み出せても書き込みはできないし、WindowsからMac OSの領域にはアクセスできなくて、物理的に同じディスクに存在していても、双方を行き来するのはかなーり不便。

サードパーティーのツールを使えば違うのかもしないけど。



理由5 WindowsのせいでMacが不安定になる

実際にあったことだが、Windows10をアープデートした時にMacが起動しなくなったことがある。

Windows10も色々と不具合の多いOSだが、滅多に使わないWindowsのせいでMac自体が起動しなくなるのは本末転倒の極みだ。

起動するように直すのにセーフモードで色々やったり、かなり労力と時間を無駄にした。

理由6 MacでWindowsを使う時代でもない

Boot Campが生まれたのはAppleがCPUをインテルに切り替えたのがきっかけ。インテルのCPUならMacでもWindowsが実行できるはずということで実装されただろうし、あの頃のMacというかAppleは経営的に窮地に立たされていたはず。

「MacでもWindowsが使えますよ」というのを謳い文句にしていたはずだ。

ところが、2020年代後半から発売されている現行のMacはインテルに別れを告げた。iPhoneなどと同じARM系のCPUを採用したのでWindowsはインストールできないのである。Windowsも動作するMacというのは今どきじゃないのだ。

本題 Boot CampのWindowsを削除する方法

長々と削除する理由を述べたけど、筆者もあなたと同じ迷える子羊だったということだ。

削除手順は簡単でアプリケーション→ユーティリティにある「Boot Campアシスタント」を使う。インストールしたとき以来で懐かしいことだろう。

画面の表示通りに進めて「復元」をクリックすれば、Windows領域にあったデータもろとも完全に削除される。途中でキャンセルとかもできないので、未練たらたらの人は実行する前に解消しておこう。

インストールする時と違って、30秒かそこらで何の余韻もなく、跡形もなく完全削除される。再起動すら必要ないのは凄い。ここまでスッキリしてると少し寂しいくらい。

Apple製品全般に言えるけど、アンインストールが簡単でサクサクなのは評価できる。さよなら、Boot Camp・・・。

PC & モバイル

Bluetoothスピーカーが最高音質になる置き場所はここだ!

Bluetoothスピーカーは置き場所一つで音質が良くも悪くもなると言う話。その辺に転がしてる人は音質的に損しているはず。

色々なBluetoothスピーカーがあるにしても、ここでは一般的な手のひらサイズの物を扱う。

音質がイマイチなのは低音が不足してるから

小型ゆえにBluetoothスピーカーは低音が不足しがち。

そんな低音不足タイプは壁際、それも上の写真みたいに壁際やコーナーに置くと良い。壁に低音が反射されて分厚い音に変身するのだ。

これはBluetoothスピーカーに限ったことではないが、普通のオーディオ用のスピーカーでも壁との距離で音質を調整するのは一般的なこと。

薄っぺらい音に悩む人はお試しあれ。1センチ動かすだけで音が変わるのがわかるはす。

と言っても、元の音質が悪すぎるとどうにもならないので注意。

PC & モバイル

【2021年版】デスクトップPCをWifi & Bluetooth対応させる最適な方法を考察してみた

スマホやタブレットPCはもちろんのこと、最近ではノートPCでもWifiとBluetoothは当たり前に本体の機能として存在している。

デスクトップPCもワイヤレスイヤホンや無線LAN、キーボードやマウスも配線なしでスッキリさせるにはどうするのが最良なのか考察してみた。

意外と今どきのマザーボードも対応していない

筆者が使っているマザーボード2015年頃の製品。ここ5年くらいはそんなに劇的にPCスペックが上がっていないから、スペック的な不満はないものの、唯一、時代背景的に無線系の機能が一切ないというのが気になっていた。

「今どきのマザーボードだったら、当たり前にWifiやBluetoothが搭載されているのでは?」と思った。

だが、調べてみると意外にも今どきの最新マザーボードでも、WifiやBluetoothに対応している製品は少数だった。少なくとも、某価格サイトでの売れ筋ランキング上位の製品にはWifiやBluetoothに対応しているものはなかった。

一応、対応しているマザーボードだと下記のようなものがある。

金属製のPCケースがネック?なのが理由らしい

ノートPCやスマホとかだって金属いっぱい使ってるけど普通にWifiなどが使えているのは、それなりの電波的な工夫をしているからなんだと思う。今のマザーボードやデスクトップPC周りの規格的に、そういった電波を通すようなことは想定されていないというのがある。

自作PCなどで一般的に使われている金属製のPCケースだと、マザーボードにWifiやBluetooth機能を内蔵させるとPCケースに電波が遮られて、接続が不安定になったりするという。Wifiに対応したマザーボードはアンテナをケースの外に出したり不格好だったりするのだ。

デスクトップPCを無線化するならUSBのアダプタが最良

最新の今どきマザーボードでも大多数の製品はWifiやBluetoothに対応していないことがわかった。そもそも、マザーボードを交換すると言っても、大抵はCPUやメモリとかも今どきの最新規格ものに交換しないとならないから、数万円以上の出費になるし。

結論的には、デスクトップPCをWifiやBluetoothに対応させるなら、USB端子に差し込む小さいアダプタが最良だろう。実売2千円台で買えるし、怪しいメーカーなら数百円で買える。

Wifiだけ

Bluetoothだけ

Wifi+Bluetoothタイプ

ノートPCでは当たり前なことでも、デスクトップPCでは事情が違うというのが調べていて意外だった。今どきはUSBもType-cが当たり前なのかと思ったら、オマケ的に1個付いているだけとか、5年くらい前とそんなに変わってなかったのも意外。MacだとType-Cしかなかったりした不便なんだけどね(ボソっ)