PC & モバイル

PC & モバイル

【徒労】BIOSループの原因はWindows10のアップデートの不具合のことが多い

ついさっきまで普通に使えていたはずのPCが突然、電源を入れるとBIOSというマザーボードの設定画面が表示されてしまい、再起動を試みると無限とBIOS画面がループしてしまう・・・という人の参考になればと思い記述。

BIOSループする原因の切り分け

まずは何が原因なのかを切り分けないとならない。

ネットを検索すると多くの人が遭遇するトラブルだけど、自分の場合はWindows10のアップデートによるバグが原因だった。BIOSループの原因は下記の3つで、上から順番に疑うと良い。

ネット上では「よくそれでSSD故障が原因と言い切れるな」というようなのも散見するけど、問題を冷静に切り分けするのが重要。すぐにSSDやHDDの故障を疑って、再インストールや交換しては時間と労力の無駄なので注意。

原因1 Windows10のアップデートバグ(ソフト要因)

SSDやHDDなど起動ドライブは認識しているけど、BIOSループする時に疑うとよい。

つまり、Windows10自身のバグ、不具合でうまいことアップデートできなかった時に正常に再起動することができず、BIOS画面が延々と呼び出される事象。管理人はこれに過去何度も遭遇している。

BIOSループの前にWindows10のアップデートが通知が出ていなかったか思い出してみよう。旅行などで数日留守にしていた時なんかは、アップデートが沢山溜まっていてトラブルを起こしやすい。

解決方法は「電源を切ってみる」「SSD、HDDなどのコネクタを抜き差ししてみる」「システム修復ディスクを試みる(下記参照)」など。

原因2 起動ドライブなどハード要因

BIOSからドライブが見えなくなった時に疑うべきもの。

長年PCを使っているけど、SSDなんかは5年~10年レベルで壊れないが、粗悪品なんかだと遭遇するかもしれない。コネクターがダメになってたり、そういう場合はOSを起動できないのでBIOSが延々とループ表示されてしまう。

念のため、ケーブルを交換したりしてみてもダメなら、ディスクを交換するしかない。設定とかも全部やりなおしで、個人的に作ったファイルなんかは消失してしまうから最終手段。

個人的にはSSDやHDD本体よりもケーブルがダメという場合が多いので、予備を持っておくと安心だ。

システム修復ディスクを作っておくのは大事

コントロールパネル→バックアップと復元(windows7)と進むと、DVD-Rなんかにシステム修復ディスクというものを作成できる。

そもそも、Windows10が起動しない状態だと作りようがないので、暇な時に1枚作っておくとよい。もしくは、正常に起動するサブマシンとかで作る。まぁ、今どき、USBメモリとかじゃなくてCD/DVDににしか作れないのがアレだけど。

これがあると正常起動しないマシンにぶち込んで電源を入れてから「F8」キーを押したりすると、システム修復的な機能を使うことができる。

もっとも、Windows10のアップデートによるトラブルだと「修復できませんでした」みたいな表示だったが、ディスクを取り外して再起動すると、正常にWindows10かせ起動した。似た症状の人はお試しあれ。

PC & モバイル

【最初だけ】RICOH THETA(360°カメラ)に早々に飽きてしまった理由

360°写真も普通のモニターで見ると、荒いだけの写真でしかないw

RICOH THETAという360°カメラがある。

おそらくこの分野の代表的な製品。一回の撮影で周囲360°をワンタッチで撮影でき、旅行やイベントなんかの作例が公式サイトには載っているし、ビジネスで賃貸物件や店舗内の様子を撮影したりと言った用途もある。

ただ、一眼レフなどの写真趣味の延長で手を出すと、かなり早い段階で飽きてしまう。それほど熱しやすく冷めやすいわけではないけど、RICOH THETAに飽きてしまったのか書き出してみる。

撮影が面倒臭いうえ楽しくない

撮影自体は充電さえしておけばワンタッチで撮影できる。

しかし、何が面倒くさいかというと360°写るがゆえに、自分も写るし周囲の他人も360°全部写ってしまう。一眼レフで写真を撮る時は、画角を調整したりアングルを検討して、余分なものが写らないようにする・・・というか、普通の写真は現実の一部を切り取るアートなのだ。

それがTHETAの場合は「現場の記録」になってしまう。

旅先の観光スポットなんかでTHETAを使って撮影しようとすると、周囲の観光客なんかも根こそぎ被写体になってしまう。誰もいない場所だったとしても、自分が写らないようにするには三脚にセットして物陰に隠れて、スマホからリモート撮影しないとならない。これは面倒臭すぎた。

加工で消す方法もあるが、それはもっと面倒臭いし、加工でどうにもならない場合も多い。

PCやスマホで簡単に表示できない

THETAで撮影した写真は平面のPCやスマホのディスプレイで見ると、魚眼レンズで撮ったような歪んだ写真になる。

THETAの会員向けサイトにアップロードしたり、THETAの専用アプリや一部の対応したサービスを使うことで、初めて360°の状態でグリグリ動かせるようになる。そう、グリグリと。

このグリグリは家の近所だとか、何回も行ったことがある場所を撮影したとしても最初のほんの1回目だけは楽しい。というか、最初は「おおっーー!」という気分になってたというのが懐かしいけど。

しかしである。一眼レフや今どきのスマホの普通の写真に比べても画質はボケボケ。最新機種、最上位モデルではそれなりに高画質だろうけど、実際にその現場を知っている人からしたら画質が悪いこともあって、グリグリしてると虚しい気分になる。

被写体にもよるんだろうけど、パーティーとかで空間そのものの雰囲気を記録(これはこれで虚しい気がする)した場合とか、そんな用途なら違うのかもしれないが、街中とか撮影しててアプリに取り込んでグリグリやってても、すぐ虚しくなる。

手持ちでの撮影が不格好

上述のように自分が写り込まないようにするには三脚で固定して、自分は物陰に隠れなければならない。

スマホでお手軽写真を撮るのがご時世の時代にかなり面倒なので、頭頂部が写りこむのは仕方ないと思いつつ、手持ちで撮影しようとした時はTHETAを知らない人からすると不気味なポーズ。不気味というより、小学校の徒競走でスターターピストルを撃ってる体育教師みたいで不格好だ。

撮影時にスマートじゃないのは何回も使う気がなくなってしまう。

スマホと連携させるのが基本のデバイス

上位機種だと撮影枚数などの基本的な情報は本体に表示できるようだが、普及タイプだと電源とWIFIのランプくらいしか情報を発するものがない。

「詳しくはスマホで」ということなのだが、外でTHETAいじってスマホいじって・・・と、こりゃ一眼レフ的な写真の楽しさはないなと、すぐ思った。

小さくて画像のプレビューくらい本体でできた方が良い気もするんだけどね。

余談 プロジェクターなんかも飽きやすいデバイス

THETAとは関係ないけど、プロジェクターなんかも定番の急に欲しくなって、急にいらなくなるデバイスの代表な気がする。

中華メーカーが数千円くらいで買えるプロジェクターをよく販売しているのだけど、映画やゲームの画面を壁いっぱいの大画面で観ようと急に思い立って一式買ってしまったことがある。今は一式手元にないが、プロジェクター熱は割と多くの人に起きるらしい。

プロジェクターにお熱な人にアドバイスしておくと、プロジェクターの欠点は下記だ。

・安いプロジェクターは画質は悪すぎる(暗すぎるとも)
・動作音がうるさく、熱が半端ない
・日本の一般家庭では距離が取れないので100インチはデカすぎて見づらい
・使わない時にプロジェクターもスクリーンもすごく邪魔(致命的)

普通に30インチ台のフルHDモニターがあれば十分だったので、プロジェクターを一式を買ってしまったことは大いに反省した

PC & モバイル

【生涯保証?】RampowのUSBケーブルはガチで生涯保証なのか保証登録してみた

スマホを充電したり、PCと接続してデータを移したり、毎日のように使うスマホのUSBケーブル。

AndroidでもiPhoneでも純正の付属ケーブルは1~2年くらい使っていると、断線したりヘタってくるので不安になる。いざというためにケーブルを物色していて出会ったので、アマゾンで買ったRampowというメーカーのケーブルだった。

100均やディスカウントストアにもあるけど

大きい100均やディスカウントストアにもスマホのケーブルはあるにはある。ただ、100均のものは経験上、品質が悪くてそもそも正常に使えなかったりすることが多い。ディスカウントショップも異様に安いものもあるが、それはそれで不安。

純正ケーブルだと高いし、ちょうどいい塩梅なのがRampowだった。ビニール製で避けやすい純正ケーブルと違って、長持ちしそうな布巻なのも好感が持てるし、自分が買ったやつは2本セットなので、予備としても1本は保管しておけるし、自宅とホテルなどの出先用などと使い分けることもできる。

怪しい日本語だけど生涯保証

ちょっと怪しい日本語だけど、アマゾンでサポートのやり取りも日本語で日本人が対応しているようだし、登録すればメーカーか本人が存命の間は。おそらくずっと交換等の対応をしてくれる。

注意点はAmazonのRampow公式ストアで買わないと生涯保証の対象にはならないっぽいこと。買って製品が届いたら、Rampowの公式サイトにメールアドレスやAmazonの注文番号を登録すればOK。

街のディスカウントショップとかだとRampowより安いのもあったりするけど、すぐ壊れたり充電やデータ転送に問題があったら安物買いの何とかになってしまう。Rampowは純正より安いし、保証もしっかりしてて、半年くらい使っている限りは使い勝手もよくてスペックも問題ない。スマホのケーブル買い替えを考えているならオススメだ。

USB3.0ケーブル(主にAndroidとか)

Lightningケーブル(主にiPhoneとか)