Legend 北海道・冬編

Part.3 Last Exit

序章2 新千歳空港~札幌

無事に新千歳空港に着いた。

新千歳空港から予約した中島公園付近のホテルまでは、もっとも便利と思われた高速バスで向かう。

痔も酷いものだが、実は同じタイミングで酷い風邪もひいていた。人間の体は、どこか悪くなると連鎖的に病気が起こるのだろう。熱もあるし、痔だし、普通なら部屋で安静にしてないとならんのだが。チケットの返金がないから無理やり来てしまったのだ。専属のドクターがいたら、間違いなく止められていただろう。

列車よりバスならば、この氷点下の街を歩く距離が少ないだろうと踏んだ。

新千歳空港から札幌市内に向かうのは鉄道が一般的。最速37分で札幌駅まで行ける。大抵の観光客やビジネス客は鉄道で向かうのが普通。

バスはどちらかというと地元の人向けだ。

一応、市内のホテルを回るようなコースになっているが、札幌市内でも南西というか、千歳寄りに済んでいる人が利用しているっぽい。

昔は鉄道よりも格安の900円で「鉄道よりも低価格」という方向性だったと思うが、今は鉄道と大差ない値段。売り出し方も変わり、「鉄道は駅での階段上り下りがうざいけど、バスは目的に直通する」というアピールへ。

実際に乗ってみると、勘違い中国人家族が国際線ターミナルで1組乗り込んできた以外は、多分全員が地元の人間っぽかった。

しかし、このバス、一部は高速を通るものの、ものすごく時間がかかる。鉄道だったら札幌駅まで37分だが、中島公園までで1時間半もかかった。成田に帰れるくらいの時間だ。

札幌駅までだとホテルを巡回するから、2時間はかかるのではないだろうか。特に渋滞にはまっている様子でもなかったから、時間的な覚悟が必要だ。

中島公園で下車すると、歩けど歩けど、予約したビジネスインノルテが見つからない。午後7時台とそんなに遅い時間ではないが、200万都市の割りに歩いている人は全然いないし、寒くて死にそうだ。テカテカ道路と氷点下の気温は、痔と風邪を患った体には堪える。

ビジネスインノルテは大手予約サイトで予約したが、なんとラブホテルと表裏一体のホテルなのだ。入り口の片方がノルテで、もう片方がラブホ。内部は一応、フロアやエレベーターが別れているので、鉢合わせすることはないが・・・。

地図の場所に行っても見つからないのは、ラブホサイドを見ていたからだったのだ。

Part.3 Last Exit

札幌市役所地下食堂に行ってきたぞ

北海道は公務員天国と言われている。

しかし、一介の旅行者などが北海道旅行中だけ公務員になろう・・・などというアクロバティックなことは通常できない。

だが、雰囲気だけ公務員気分を味わえる場所がある。そこが札幌市役所地下食堂だ。

都心の一等地でワンコインランチ

札幌市役所はテレビ塔や時計台のすぐ近くにある、いかにもバブル期に建てられたような風貌のビルだ。

ここの地下には、知る人ぞ知る地下食堂がある。

無論、公務員じゃなくても誰でも利用できる。実際、付近の民間企業で働く人や、さすがに旅行者はいないと思うが、通りがかりの市民などの利用者も多い。

400席もの席数があるが、人気の食堂なのでランチ時間帯は混みあうこともある。また、官公庁の施設なので、土日祝日は営業していない。

おすすめメニューは?

定食系がおすすめ。

時計台定食をはじめ、日替わりなどがある。予算は500円くらいが相場。

ラーメンなどもあるが、周囲に有名ラーメン屋などが多数ある立地なので、定食系が良いと思う。

私は個人的に味を比較しやすいため、カツ丼(税込500円)を頼んでみた。

katsu16

味はというと、デイリーヤマザキの不味いカツ丼風というか、外食行って500円出してこれは食べないなと思った。

カツは短時間で提供するため作り置きで、薄く、ジューシーさやサクサク感というのは微塵も感じさせない。

自分でご飯炊いて、豚カツを買ってきて、自分で作った方が10倍くらいは美味しいカツ丼になる。

ただ、そこは公務員天国の街の、市役所内の食堂。

味を求めるというよりも、雰囲気に浸ることを求める派には、お勧めできるのではないだろうか。札幌の都心で平日のランチに迷ったときは、行ってみるがよいだろう。

何気にディープな北海道食堂

北海道にディープな食堂は滅多にないが、日替わりのメニュー表を見ると、普通は北海道の東の果てのロリア領近くまで行かないと食べれないはずのエスカロップがあった!

北海道が好きとか、北海道の食べ物はおいしいとか、私はどさんこです、とか言ってもエスカロップを食べたことがないようでは説得力がないのだが、この北海道の中心でエスカロップが食べれるかもしれないとは、ディープな食堂だと言えるだろう。

Part.4 KUSHIRO

釧路名物の勝手丼(2016バージョン)

釧路は北海道の全市町村の中で最もグルメの充実した街だ。

その中でも勝手丼の知名度は5本の指に入ると思う。私も最初こそは『観光客向けのミーハーな食べ物』という認識だったが、自転車旅行でふと食べた時に、その考えを改めさせられた。

2016年バージョン

IMG_3712

いつになく調子に乗ってネタを発注した。以下税込み。

中ライス(200円 岩崎食材惣菜店)
ネタ各種(計960円 佐藤水産←前回もここを利用した贔屓)

元々貧乏旅行ライダーが云々だが、まともにネタを頼むとまともな値段になるので、人によっては注意。勝手丼ひとつで経済力がバレバレになる。

初めて勝手丼を求める人へ

IMG_3711

1、釧路に行く
2、駅近くの和商市場に行く
3、好きな惣菜屋でライスだけ買う(市場内で食べていくか、持ち帰りか選べる)
4、好きな刺身屋(勝手丼という看板を出している)でネタを買う

上記のような手順を踏む。るるぶとかには説明してあるのかも知れないが、ふらっと行くとどうしたらありつけるのかわかりにくいはず。

人によっては、普段、都会で非人間的な暮らしをしているから、市場でコミュニケーション取りながら買うのがかったるく思えることもあるだろう。しかし、それは人間としておかしいことなので、生活を見つめ直すのが良い。