グルメ

本場の中華料理は意外とマズイらしい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

世界のあらゆる所に進出してて、日本でもよく食べられている中華料理。

しかし、日本人が食べてうまいと思う中華料理は日本人向けに味付けされている場合であって、本国や、主に中国人向けに営業している中華料理店はマズイというのは一般的なことらしい。

秋葉原のランチバイキング店はマズかった

秋葉原の北の方、末広町の中央通りから1本西に入った路地にある雑居ビルの地下にある中華料理店に行った。

中央通りに看板が出ていてランチバイキング税込920円と都心にしてはすごく安かったので、以前から行ってみたかった。

入るとやけに声の大きい中国人店員の「いらっしゃいませー」という声が響く。

しかし、バイキングのメニューは中国人向けの味付けのようで、妙に現地の香辛料や、油っぽさだけで、日本人向けの味付けではなかった。中国人がやっている本格中華の店・・・と思ったけど、途中から秋葉原観光に来た中国人ツアーの団体観光客が20人とか30人とかで入ってきた。

ああ、ここは中国人団体観光客向けの店なんだな、と味付けと客層でわかった。日本人の客は先客が1人2人いただけで、あと全部は中国人だった。まずい中華料理は初めて食べた。東京のオフィス街の路上で売っている中華弁当は安くてうまいんだけどね、あれは日本人向けだからなんだろう。

【PR】近場の温泉宿で癒されよう

自宅から近すぎず遠すぎず、あまりお金をかけずにリフレッシュできる・・・それが近場の温泉宿の魅力だろう。

日々に疲れてしまった人には、名前の知られていない温泉街の方が良いかもしれないし、意外な発見があることも。

楽天トラベルでは有名どころから無名(?)な宿まで、お得な価格で思い立ったらすぐ予約ができる。

楽天トラベルで近場の温泉宿を探す

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください