自給自足生活

「コロナに負けない!」に違和感を感じる。たかだか人間が未知のウイルスに勝てるはずないw

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

数か月に人類が滅亡している可能性もゼロではないので、この文章が人類に見られる可能性があるかどうかは未知数だが、人類が言うところの西暦2020年3月31日の極東アジアの島国からこれを書いている。

最近のマスゴミ等のニュースを見ると色々と違和感を覚えるのだが、特に違和感を覚えるのがSTVという北海道のテレビ局による「コロナに負けない!」というような企画だ。

今のところ生き残っている人類を代表して思うのは、たかたが人間が中国の生物兵器だともコウモリ由来だの言われている、ワクチンや治療薬も今のところ一切ない新型コロナウイルスに勝てるという勘違いをマスゴミは企画するというのを鼻で笑わざるを得ない。

実際、人口密度が日本一希薄で隣の家まで何キロも離れている場合も少なくない北海道で、若い知事が緊急事態宣言を全国で一番初めに出して、マスクをおねだりしたり、我ながら地元だけに北海道は色々と勘違いが甚だしく思う。

イベントは自粛して、感染の原因になりやすい飲食店やバーなどは欧米諸国のように強制的に閉鎖すればいいのだ。その間の生活は知ったことではないし、そういう感染症などか流行ると一番リスクがある仕事だと理解して、そういった責任の上で経営していると考えるのだ妥当である。失業給付程度の最低限の生活保障は国がした方がよい場合もあるだろう。

外出自粛にしても新幹線やJR在来線を止めたり本数を限定しなければならない。

未知でも何でもない台風が来る時だって、電車などの交通機関は止めるのに、何で人の命を奪う凶悪なウイルスが流行っているのに交通機関を止めないのか理解できない部分がある。

今どきリモートワークもできずに出社している丸の内のサラリーマンがニュース映像に写っていたが、ああいった人たちがウイルスを拡散しているのにお咎めなしというのも理解できない。

「リモートワークできない仕事もあり、出社しないとならないのだ」という声も聞くが、自分や他人の命とどっちが大事なんだろう? 人類滅亡の可能性すらあるのに、そんな命がけでやるレベルの重要な仕事なら、さぞ給料も良いだろうから貯蓄もそれなりにあると考えるのが妥当だろう。

人類滅亡の寸前までやる仕事なのに給料が安かったら、ブラック企業でしかないから、さっさと辞めてしまえと思ってしまうのである。最後にならなければいいが、人類滅亡前の手記。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください