無料期間ありの定番動画サービス

PC & モバイル

【2021年版】デスクトップPCをWifi & Bluetooth対応させる最適な方法を考察してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スマホやタブレットPCはもちろんのこと、最近ではノートPCでもWifiとBluetoothは当たり前に本体の機能として存在している。

デスクトップPCもワイヤレスイヤホンや無線LAN、キーボードやマウスも配線なしでスッキリさせるにはどうするのが最良なのか考察してみた。

意外と今どきのマザーボードも対応していない

筆者が使っているマザーボード2015年頃の製品。ここ5年くらいはそんなに劇的にPCスペックが上がっていないから、スペック的な不満はないものの、唯一、時代背景的に無線系の機能が一切ないというのが気になっていた。

「今どきのマザーボードだったら、当たり前にWifiやBluetoothが搭載されているのでは?」と思った。

だが、調べてみると意外にも今どきの最新マザーボードでも、WifiやBluetoothに対応している製品は少数だった。少なくとも、某価格サイトでの売れ筋ランキング上位の製品にはWifiやBluetoothに対応しているものはなかった。

一応、対応しているマザーボードだと下記のようなものがある。

金属製のPCケースがネック?なのが理由らしい

ノートPCやスマホとかだって金属いっぱい使ってるけど普通にWifiなどが使えているのは、それなりの電波的な工夫をしているからなんだと思う。今のマザーボードやデスクトップPC周りの規格的に、そういった電波を通すようなことは想定されていないというのがある。

自作PCなどで一般的に使われている金属製のPCケースだと、マザーボードにWifiやBluetooth機能を内蔵させるとPCケースに電波が遮られて、接続が不安定になったりするという。Wifiに対応したマザーボードはアンテナをケースの外に出したり不格好だったりするのだ。

デスクトップPCを無線化するならUSBのアダプタが最良

最新の今どきマザーボードでも大多数の製品はWifiやBluetoothに対応していないことがわかった。そもそも、マザーボードを交換すると言っても、大抵はCPUやメモリとかも今どきの最新規格ものに交換しないとならないから、数万円以上の出費になるし。

結論的には、デスクトップPCをWifiやBluetoothに対応させるなら、USB端子に差し込む小さいアダプタが最良だろう。実売2千円台で買えるし、怪しいメーカーなら数百円で買える。

Wifiだけ

Bluetoothだけ

Wifi+Bluetoothタイプ

ノートPCでは当たり前なことでも、デスクトップPCでは事情が違うというのが調べていて意外だった。今どきはUSBもType-cが当たり前なのかと思ったら、オマケ的に1個付いているだけとか、5年くらい前とそんなに変わってなかったのも意外。MacだとType-Cしかなかったりした不便なんだけどね(ボソっ)

【PR】いらなくなったPC、家電の回収サービス!!

国が唯一認定した『パソコン/小型家電の宅配便回収サービス』

ご家庭に眠っている不用なパソコン/小型家電を宅配便でご自宅まで回収に伺い、国認定工場にて適切にリサイクルを行っています。

詳しく見る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください