PC & モバイル

Canon Digital Photo Professional 4の不具合&使いづらすぎな件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

デジカメがスマホに市場シェアを奪われる昨今だが、日本でも世界でも本格的な方のデジカメ、すなわちデジタル一眼レフの分野では最も人気のメーカーであるキヤノン。写真好きのアマチュアや、写真を仕事にするプロに選ばれているのがキヤノンである。

しかし、キヤノンの純正RAW現像アプリであるDigital Photo Professional 4は不具合らしき現象や、そもそもUI(ユーザーインターフェース)が悪すぎて、本当に使う気がしない。

前バージョンの3系列は良かったのに

Digital Photo Professionalの3系列は動作も安定していて、UIもすっきりまとまっていて、機能的にも全く問題ないのでプライベートでも仕事でも使っていた。カメラを買うと付いてくるレベルの無料ソフト(?)だから、オマケレベルかと侮ってはいけない。

むしろ、カメラメーカーの純正ソフトだから、カメラ自体の機能や特性を生かせるような設定ができるから、サードパーティーのRAW現像ソフトなんかより、本来のカメラが持つポテンシャルが生かせるのである。

リモート撮影もこのソフトだけで出来るので、実際に商品撮影スタジオで使用していたこともある。

ちなみに、3系列は今でもダウンロードできるし、少し古めのEOSだと3系列しか対応していない場合もある。新しいEOSでも4がクソだと思ったら使ってみてはどうだろうか。新しいEOS持ってないからダウンロードできるのかは知らないが。

Digital Photo Professional4のクソな部分

前バージョンが純正RAW現像、画像ビューアーとしてシンプルかつ必要十分な機能を持っていたのに対して、この鳴り物入りで登場した4系列は本当に使いにくい。

UIを刷新したと言っても、今流行りのダークモードもどきの黒ベースの背景は、白ベースで撮影することが多い商品撮影では使いにくい。風景写真とかだったらいいかもしれないが、せめて白背景も選べるようにして欲しかった。この時点で、まず使う気がしない。

そして、基本的なUIも使いにくい。現像の時のツールパネルは分離したり合体させたりできるのだが、どうにも標準的なフルHDのモニタ環境では収まりが悪い。3系列ではスッキリしていたのにどうしてこうなったか・・・。

そして、不具合らしき現象。決して特殊なPC環境ではないが、よくわからんけどJPEGを開くと変な緑や赤などの色づけがされるのはなぜ? 不具合なのか何なのかもわからんし、調べたり問い合わせるのもダルい。3系列を使い続けたいから即アンインストールで決定してしまった。

キヤノンは昔から付属ソフトがしょぼかったけど、プロという名称を使うからには基本的な機能だけでもしっかりして欲しいと思う。純正なんだし、サクッと使えるのも大事よ。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください