無料期間ありの定番動画サービス

PC & モバイル

ノートPCの光学ドライブの代わりにHDDをぶち込むと超絶便利に!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Windows95くらいの時代はCD-ROMドライブが時代の最先端でナウい(※今時って意味ですw)とされていたが、昨今ではデータ保存やソフトのインストールはネット経由が一般的になりつつある。音楽や動画視聴もネット経由便利だし、ディスクというよりデータの時代になっている。

実際、DVD/CDドライブってそんなに使わない

携帯性が重要視される最近発売されたノートPCではDVDなどの光学ドライブが付いていないことが多い。

それでも中古購入したり、少し前のモデルだと光学ドライブが付いていたりする。しかし、時代が時代なので、やっぱ光学ドライブは出番が少ない。

古めのノートPCなら、なおさらスペックアップを狙いたいだろう。メインのHDDをSSDにして高速化したり、できればデータ記録用のHDDを追加したりもしたい。持ち運ぶから、それも内蔵で・・・という願いを叶えるのが、下記に紹介するアイテム。

このアイテムは、光学ドライブの代わりにHDDやSSDをぶち込むためのアダプター。トンデモ商品というよりは、ヨドバシカメラやソフマップみたいな大手量販店でも扱っているレベルの商品なので、安心して使えると思ってよいだろう。

筆者も実際にやってみたが、PCによるが設定不要で5分程度で作業が完了した。容量不足でキリキリしていたのが過去になり、ぶち込んだ追加HDDのおかげで快適である。

なお、ここ数年の機種だと一般的には、ノートPC用の光学ドライブはSlimlineSATAという規格が使われている。HDDやSSDはSATAという規格が一般的。厚さ違いもあるので、対応したアイテムをチョイスする必要がある。

※ぶち込むには少なからずPCをいじるので、ハード、ソフトともに多少の知識、技術が必要です。自己責任での作業をお願い致します。

コメントを残す

*