Part.1 Excellent Hokkaido Native2

2日目 千歳観光2日目だぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

後で知ると意外や意外、千歳市内には千歳駅の周辺などに10以上ものビジネスホテルがあるのだ。札幌近郊の小都市にはビジネスホテルが皆無という街が多いから、これは意外。

千歳泊まりで観光に来る人は皆無だと思うから、これは新千歳空港利用者の前後泊で需要があるのだろう。南千歳駅もあるし、千歳は帯広、釧路方面や室蘭方面などへのアクセス基点でもある。

ホテルグランテラス千歳の朝食

このホテルの朝食は素晴らしかった。

まず、千歳は空港の街だから、飛行機の都合で旅の前後泊をする人をターゲットにしたホテルが多い・・・と言いたい所だが、札幌まで30分くらいだし、札幌まで行った方が色々なものがあるから、どちらかというと中国・台湾系の外人のツアー客が強制的に泊められているというケースの方が多い気がする。

駅前や市内中心部にはルートインみたいな大手系列のホテルがいくつかあるが、ホテルグランテラスは大手のグループに加入しているものの、ばっちり地元の老舗シティホテルと言った趣。結婚式場(?)や宴会場なども備えていて、いわゆる泊まるだけのビジネスホテルではない。

昨夜、レストランで夕食をやっていることを知って行くか非常に迷った挙句、結局、近隣のスーパーのラッキーで食料を調達したため行かなかったのだが、夕食もジンギスカン定食をはじめ、なかなか興味そそられるものが多かった。

定価1700円で事前予約で1400円相当の朝食バイキング。

そのへんのしょぼいビシネスホテルなどとは比較にならない味で、まさに1品1品が料理という感じ。北海道米もつやつや、ふっくらしていて、米だけでも行けそう。本州では人気がないが、今時の北海道米は新潟産コシヒカリより美味しい。家庭や並みの飲食店では、あのレベルの炊き上がりにするのは、なかなか出来ないことなので、それをバイキングで提供できているのは調理師のレベルが本当に高いのだと思う。

千歳観光

千歳の街中の散策へ。

千歳は自衛隊のある街なので、他の例に漏れず、街の規模では考えられないくらいに飲み屋街が栄えている。北海道ではその傾向が強いが、どんな田舎でも自衛隊のある街は飲み屋街が栄えている。

札幌で言う所の大通公園的な位置に、大通公園的なものがある。冬場なので人は誰もいなかったが、イベント会場などになったりするのだろう。

サケのふるさと 千歳水族館

駅の東側1Kmくらいのところに道の駅があり、サケのふるさと 千歳水族館という淡水魚というか、サケがメインの水族館がある。大人800円。年間パスポート1000円。

自転車旅行の時に行っとけという感じだが1Kmなので歩いても行ける。札幌圏の水族館としてはサンピアザ水族館の次くらいに街からアクセスしやすいと思うのだが、道外の観光客でここを訪れる人はかなり少ないのではないだろうか。どう見ても地元というか、近所の人の利用者が多かった。

本州はそれほどでもないと思うが、北海道に住んでるとサケを食べることは多くて、ホテルのバイキングでも焼き鮭が出たり、イクラ丼や筋子ご飯などを食べることも多い。かなり身近な魚だ。

この水族館のパネルで勉強するまでよく知らなかったが、サケは稚魚を川に放流すると、太平洋とかに出て、アメリカの方まで行って、2年(?)くらいしたら、水の匂いを覚えていて最初の川に戻ってくるらしい。

ただ、無事に戻ってふるさとに戻って来れるので100匹に1匹くらいで、最後はふるさとの川で産卵して子孫を残した段階で力尽きて最期を迎えるのだ。

・・・この話を聞いて、私は涙がこぼれそうになった。

だが、こうした鮭の本能を利用して、楽に食材を確保しようという人間の試みにより、100年くらい前から事業として稚魚の放流をやっているというのを知って、複雑な気持ちになった。

ふるさとに帰ってきたサケを自動的に捕獲するための設備がインディアン水車。アメリカ由来のものらしい。

帯広に向かう

千歳の見学を終えて、南千歳駅から石勝線経由で帯広に向かう。

札幌圏から帯広に向かうルートは色々あるが、石勝線は帯広や釧路と札幌圏を最短で結ぶために作られた、道内では割と新しい方の路線。しかし、特急列車は多いものの、普通列車は数時間おきにしかない。

今回は北海道&東日本パスを使用するので基本的に特急列車は乗れないが、石勝線の新夕張~新得は特急しか走っていないため、仕方ないから特急に乗ってもいいよという特例が設けられている。今回はそれを利用する。

新夕張駅。ここからガチの夕張方面にも分岐する。盲腸線だが、北海道の歴史マニアや鉄道マニアが時たま乗っていて、濃厚な雰囲気がある。

今回は帯広行きの特急を待って、新得へ向かう。何度かこのパターンで利用したことがあるが、帯広・釧路方面に青春18切符や北東パスを使って最短で向かう場合の一般的ルートだから、特例利用と言っても、コアな鉄道マニアを中心に新夕張で特急に乗る人はいつも何人かいる。

ちなみに新夕張の駅前にはAコープがあり、駅を出て左に少し進んだところにセイコーマートがある。

新得駅。帯広行きの特急の自由席は込んでいて、30分くらいはデッキで過ごした。山岳地帯でカーブが多いから、デッキで過ごすのは結構きつい。というか、座席は空いていても荷物で塞いでいる人が多い。デッキも気楽で悪くないけどなー。

札幌~帯広間と札幌~旭川間はそんなに距離が変わらないと思うが、帯広・釧路行きは列車の本数が少ないため、混みがち。

新得は蕎麦が名物でわざわざ食べに来る人もいるが、時間帯的に駅蕎麦はやっておらず、乗り換え時間の都合で蕎麦屋による時間もなかった。セイコーマートで買ったお菓子で空腹を満たす。

帯広に到着してホテルに向かった。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください