無料期間ありの定番動画サービス

旅モノ

【コロナ脳】GoToトラベルで見かけた非常識な人たちの特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

生まれてこの方、個人の道楽の旅行や旅先での飲食や買い物代を国が税金で半額払ってくれるようなことは経験したことがなかったが、新型コロナが蔓延したせいで何でか、コロナ脳になった政府が考え出したのがGoToトラベルだ。

年がら年中、ざっくり毎年10回くらいは趣味の旅行をしている身としては、突然、空から万札が舞い降りてきたかのようなインパクトがあるGoToトラベル。ただ、それは旅行なんて年に一度か、下手したら数年に一度くらいしかしない一般人にも同じくらいのインパクトがあることは、各所で話題になっていることから伺える。

今回はそんなGoToトラベルで見かけた、いや、見かけてしまったというか、ちょっとヤバい人たちを自分のことを完全に棚に上げて紹介してみたい。

明らかに飛行機に乗り慣れていない

色々な所で話題になるけど、いい歳した大人でも、飛行機に乗るのが修学旅行以来かよ? と思うような挙動の人たちを多く見た。

飛行機というのは完全指定席。前方から1、2、3・・・と続き、前方を向いた時に左の席からA、B、C・・・と番号が振られている。予約した席に着席しないとならないし、航空会社によっては座席の位置やグレードによって料金が違う。

それなのに好きな所に座ったり、座席の場所を間違えて座っていて、旅慣れている人と修学旅行以来の人とで「席間違えてねえか?」みたいないざこざを各所で見た。それ以外にも、まさに「これから離陸します」ってタイミングでテーブルを開いてスマホやタブレットで動画鑑賞を始めたり、頼むから家に帰ってくれ!と思いたくもなる場面も沢山見かけた。

空港のセキュリティチェックで割り込む

こちらは飛行機に乗る前のセキュリティチェックでのこと。

旅行に行くのが修学旅行以来の人は、スーパーのレジに割り込むかの如く、セキュリティチェックに割り込む。もちろん、スーパーのレジだって割り込んだらダメなんだが、セキュリティチェックは神聖というか厳重な場所なのだ。

ぎりぎりに空港に着いたかで事情は知ったことないけど、修学旅行と違って個人の旅行では時間の管理も自分でやらないとならない。空港には余裕を持って着こうね。

12月に初めて沖縄に行く

常夏だと勘違いしたか、GoToで安いから何となく来たか知らないけど、GoTo期間に初めて沖縄に来たという若い観光客を沢山見た。

12月の沖縄なんて割と寒いし、地理的に雨や曇りがちな日が多いのだが、「初めて来た沖縄で雨なんて・・・」と嘆いているコロナ脳のGoToトラベラーを沢山見た。そりゃ、生きていれば雨の日もあるし、晴れの日だってあるさ・・・。

旅行先ではマスクしなくていいと思っている

これは結構まじめな話で(今までも全部まじめだが)、せっかくコロナの日常を抜け出して旅行に来たからなのか、ホテルの廊下やレストランなど人がいるところでマスクをしないでいいと思っているGoToトラベラーを結構見た。まともなホテルでは客室以外では常時マスク着用が義務付けられている。

筆者が見た限り、北海道~沖縄まで、日本の隅々までコロナが蔓延している。残念ながら、旅先に行ってもコロナからは抜け出せないのだ。

会社の経費でGoToクーポンを横領

まさかそんなヤツいるのか? と思ったけど、GoToトラベルの割引を会社の出張で使う輩がいたらしい。個人の観光旅行を想定したものだとわかりそうなものだが、初期段階では会社のビジネス出張での利用について定義されていなかったというのもある。日本というのは、つくづく性善説の国だと思う。

ちなみに現在(2020年12月)では明確にビジネス利用が禁止されている。まともなホテルでは会社名で領収書を依頼するとGoToは適用されない。

この件でさらに驚いたのはYahoo!ニュースのコメント欄で「会社の出張でGoToクーポンを貰って、普段は飲まない高級な地酒を買ったりしている」と経費で貰ったものをポケットマネーにしている横領案件を自慢している輩がいたことだ。

有耶無耶にされがちだが、会社の経費で買ったものに個人のポイントカードでポイント加算しただけでも不正になったり横領として処罰される場合もある。ホテルの宿泊代にクオカード代が組み込まれているようなプランもあるが、そういったのも処罰される可能性がある。

GoToクーポンも似たようなものだし、会社の経理は数年以上保管されているからバレてしまう前に自首した方がいいだろう。会社からしたらバレバレで、あとでリストラの材料にするために知らないフリしてるだけだから。

旅行に興味ない人が文句を言う

GoToトラベルを批判する人は、そもそも旅行に興味、関心がないインドア趣味か、旅行に行く金や時間がない人だと思う。

個人の道楽に税金を投入するのはやめろ、という意見は正しくない。社会人ならわかりそうなものだが、誰かがどこかでお金を使えば、周り巡って色々な分野で金が拡散するのである。旅行好きな人がホテルや旅行会社で金を使えば、そこの従業員はもちろん、家族やその従業員がお金を使う色々なところにお金が拡散される。それが経済ってもんだ。

GoToトラベラーは経済を回すきっかけとなっているのである。経済をして来いと言いたくもなる。

ニュージーランドみたいにコロナ抑制に成功している国は、そもそも初期段階で強制力のあるロックダウンを行った。日本は法律の絡みもあってそれができず、全国に蔓延させてしまったから、ワクチンが完成するまで、感染者を増やしつつも、GoToトラベルとかで経済を回すしか、国を存続させる方法がないのだ。

まとめ 実際、そこまでGoToはお得でもない

色々と誇張しつつ、GoToに踊らされているGoToトラベラーやその周辺を取り上げてみたが、実際のところ、GoToトラベルは実質、2~3割程度お得って感じである。

なぜなら、GoToの割引分を考えて多くのホテルは微妙に値上げしているから。行かなくてもいい旅行に行ったり、普通なら3泊しかしないところを5泊したり、ワンランク上のホテルに泊まったりする人が多いから、個人の支払い分としてはGoToがない時とそんなに変わらなかったりする。

旅先で使える地域共通クーポンにしても同じ。翌日にはウ〇コになるちょっと良い料理を食べたり、いらないものを買ったして使うだけ。色々な意味で、日本経済を助けるためだと思って、人生の虚しさや、やるせなさを感じつつGoToトラベルをしている人もいるのだ(笑)

【PR】GoToトラベル割引適用で交通機関+ホテル予約OK!!
日本旅行がオススメな理由

国の観光業を応援する施策『GoTOトラベル』は適用される場合とされない場合があって、意外と申し込みに手間がかかるのが実情。例えば、JRや航空会社から直接チケットを買うと適用されないという落とし穴も。

でも、『日本旅行』のサイトから申し込めば簡単! 出発地域と旅行に行きたい地域を選ぶだけで、GoToトラベル割引された交通機関+ホテルのパックツアーが簡単に申し込める!

日本旅行のサイトへGo!!