無料期間ありの定番動画サービス

ゲーム

【PS4】クルマ好きじゃない人によるグランツーリスモSPORTの感想、レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

実在のクルマが多数登場するドライビングシミュレータ

そんなにクルマ好きじゃない人によるPS4『グランツーリスモSPORT』の感想、レビュー。

当たり前だけど、一個人の主観による感想なので人によって評価は変わるはず。

レースゲームじゃなくてシミュレーター

そもそもPS4のスペックを生かしたレースゲームが何でもいいからやりたくて手を伸ばしたのが『グランツーリスモSPORT』だった。まさにどれでもよかった状態。でも、昔からプレイしていたリッジレーサーシリーズはPS4以降は発売されていないし、有名どころだとグランツーリスモ? という認識だった。

似たような気持ちの人にアドバイスするなら、グランツーリスモはドライビングシミュレーターということ。リッジレーサーとかニードフォースピードみたいな現実無視でドリフトやニトロ(ナイトロ)でぶっ飛ばしてナンボなゲームじゃないということ。

ニトロみたいな飛び道具はないし、実車の挙動を忠実に再現しているのでゲーム的な爽快感というのはない。

クルマ好きのためのゲームデザイン

グランツーリスモシリーズはゲーム好きの人というより、クルマ好きの人に愛されているゲームだと思う。

現実ではそう簡単に買えないような数千万円するスーパーカーも割と簡単に買えるし、アパート暮らしのワーキングプアでも10台や20台クルマを所有するのもカンタン。チューニングしたり外観をいじったりもできるので、クルマが好きな人にはとことん楽しめるゲームデザインだろう。

メーカーごとにクルマの歴史を学んだりできるコーナーがあったり、世界各地の実車の背景と(ゲーム内の)愛車を合成して撮影したりもできる。とことんクルマ好きをターゲットにしたゲームだ。

グランツーリスモSPORTのダメなところ

比較対象がリッジレーサーやニードフォースピードな点は予め言っておく。

ゲーム的な爽快感がない

現実のクルマのような挙動なので200Kmや300Kmで走行してもイマイチ、ゲームとしての迫力や爽快感がない。

カーブの手前ではブレーキをかけて減速しハンドルを切って曲がり切ってからアクセルを踏む・・・というような教習所で習ったまんまのことをひたすらやっていくゲーム。そこには微妙なライン取りだったり先行車を抜き去るタイミングを計算したりとゲーム的な要素はもちろんあるのだが、大きくミスると挽回のチャンスはない。ニードフォースピードみたいに待ってはくれないし、ニトロやナイトロで一発逆転する手段もない。

BGMがランダム再生のみ

PS1の一番最初のグランツーリスモもプレイしたことがあるが、昔からグランツーリスモシリーズはBGMに力を入れていない印象がある。

リアルなクルマのシミューレーターだし、プロのレーサーとかは音楽聴きながらレースをしないというりもあるだろうけど、エンジン音はリアルでもBGMはまさに背景音楽という感じなのである。

あまり詳しくないけど洋楽のプロのアーティストの楽曲だからクオリティが低いというわけではないものの、レースゲームの音楽に合っていない気がするし、たまにハードロックやテクノ系のアップテンポの良い曲があっても、ランダム再生のみだから自分で選べないのがキツい。

リッジレーサーシリーズなんかはリッジサウンドというジャンル(?)が成立するくらいに音楽に力を入れているし、ニードフォースピードも世界観にあった曲で固めているだけにグランツーリスモのBGMの扱いにはがっかりしてしまう。

まとめ クルマ好きならオススメ

グラフィックはPS4なので写実的できれいだし、クルマ好きだったらオススメできると思う。

ただ、「自分の乗ってるクルマがないやん」とか「なんであのクルマが収録されてないんだ?」とかクルマ好きならではの不満もあるかもしれないが、クルマに興味がない人よりは何倍も楽しめるはず。

実在のサーキットなんかも沢山あって、練習メニューだとか条件を決めて走るやつなどもあって、トロフィーコンプしようと思ったら100時間くらいかかる気がする。

とは言っても、頑張ってはみたけれど、ひたすら減点方式のレースなので20時間もやったら完全に飽きてしまったけど。