無料期間ありの定番動画サービス

グルメ

【B級グルメ】網走の裏名物「ギャルソーネ弁当」を食べずに網走は語れない?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

オホーツク海に面した網走の名物と言えば、やっぱり地元の海産物を使った海鮮丼や寿司が定番?

実は、網走と言えば知られざるBグルメの宝庫の街でもある。

その一つが網走市内のベーシック(BASIC)という地元スーパーで売られている「ギャルソーネ弁当」だ。

某大食いタレントを連想させるネーミング

名前からして昔流行った大食いタレント「ギャル曽根」を連想させるが、名前の由来は定かではない。

筆者は網走近辺のオホーツク地方が地元なのだが、この地方には街のパン屋なんかでも「キムタク」だとか有名タレントの名前をもじった(というかそのまま)商品が割と存在するので、そういう土地柄ではないかと個人的には思っている。

「ギャルソーネ弁当」でもいくつかのタイプがあり、2~3人前が一つの丼になった巨大なものから、上の写真のような一人用サイズのものもある。「ギャルソーネ弁当パート2」なるものもあって、こちらは使われている具材がいかにも肉という感じだが、気になる人は店頭で探してみよう。

量だけじゃない!! 色々入ったお得な弁当

「ギャルソーネ弁当」は単に大盛というだけの弁当ではない。

一人用サイズの「ギャルソーネ弁当」について言うと、カツ丼、カツカレー、ナポリタン、エビチリ、天丼が一つにパッケージされた「色々食べたいけど迷ってしまう」という人にも向いた弁当なのだ。

しかも値段は本体価格450円(記事執筆時)という、むしろ内容を考えたら安い。カツ丼単品やカツカレー単品が400円~500円くらいで売られている店なので、色々な味を一つの弁当で食べられるのは気持ち的にもお得感がある。

「ギャルソーネ弁当」が買える店

網走市内のベーシックというスーパーで買える。

何店舗かあるが観光客が訪れやすい網走駅近辺の店舗だと、網走駅から徒歩20分くらいのところにあるフードマスター ベーシック 橋北店がオススメ。朝は9時30分オープン。

石北本線と釧網本線との乗り換え時間が1時間~4時間くらい空くことがあるので、鉄道旅行での乗り換え時間に訪れるのも楽しい。近隣の河川敷などにベンチもあるし、天気が良ければ外で食べるのも趣があるだろう。

注意点としては、紹介したように普通にお得感のある弁当なので、割と早く売り切れてしまうということ。食事時より少し早い時間に買いに行くなど工夫が必要かもしれない。

網走に訪れるB級グルメファンにはオススメしたい弁当だ。

【PR】U-NEXT31日間無料トライアル

映画、ドラマ、アニメなどの動画が最新作から名作まで充実! スマホで1000ch以上の音楽放送も楽しめる!電子書籍も読める!

PC、スマートフォン、タブレット、テレビなどで今すぐ「観て」「聴いて」「読んで」楽しめる新しいエンターテイメントサービス!

無料体験はこちら