Third Stage 北海道内陸一周編

1日目 その3 辿り着いたスタートライン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

新千歳空港を出発する。初夏の北海道ほど気持ちの良いものはない。ベストシーズンの北海道を堪能する。

※写真はイメージです(お酒を飲んでの自転車乗車はNGです)

成田空港までの道のりが物凄く大変で、よく考えたら徹夜だったため、新千歳空港からも程近い恵庭の公園でしばし休憩。

恵庭は新千歳空港と札幌市の間にあるが、2泊3日くらいの北海道ツアーでは、まず行く人がいない。しかし、とても美しいところで、英国かどこかの美しい所を彷彿とさせる。綺麗にガーデニングされた個人宅の庭を観光要素として見学できるようにしているらしい。(実際に訪れる場合は恵庭の観光協会等で詳細をお調べください)

お昼寝してから出発。平和で、なんて良い世界だろう。世界は美しかった。北広島市方面へ向かう。

北広島市は札幌市の南東にあって、ベッドタウンとしての性格が強いと思われるが、自然豊かで、ここも美しい所だ。駅周辺にスーパーなどがあるので、ザンギ (本州で言うところの唐揚げに近い北海道独特の料理)などを買う。ザンギは色々試したが、コープさっぽろのものが一番美味しい。

ザンギ。唐揚げではない。北海道ではザンギにこだわりを持っている人が多い。

北広島でもしばらく休憩してから、札幌方面へ向かう。北広島から札幌市街までは素晴らしいサイクリングロード(後述)があるが、一般道を通って厚別区方面へ行く。

厚別区は札幌市の東側で、新札幌と言われる副都心などがある。こちらも2泊3日の観光ツアーではあまり訪れない(開拓の村があるから、一部の人は訪れるのかな)と思われる。都心の猥雑な雰囲気がないので、私の好きな場所と言える。

なにかで「新札幌駅を新幹線の停まる“新大阪駅”などと間違えて、新幹線に乗り換えようする本州からの出張サラリーマンがいる」などと聞いたことがあるが、私はそんなバカな人いるわけがないと思う。少なくとも、遠方に出張を任される程度の能力がある人が、そこまでバカなはずがない。旭川にも新旭川という小さい駅がある。

北海道新幹線が開業すると、新函館や新小樽(仮)という新幹線駅ができるので、ややこしくなる予定。札幌市内では新幹線は札幌駅に乗り入れる。

厚別で某温泉に入り、行きつけのネットカフェへ。

新札幌周辺ガイド

新札幌駅

JR、地下鉄、バスが集結するターミナル。急行はまなすや、函館や釧路方面の特急が止まるが、自由席は札幌駅で満員になっている場合が多いので注意。急行はまなすとかは、新札幌で自由席に座れるなんて思うなかれ。駅ビルには飲食店やスーパー、ファッション関係の店など集結。都心より、こちらの方が落ち着いていて好きという人もいる。

国道12号線

北海道を代表するような国道。ホームセンターのホーマック、ラーメン屋などロードサイド型店舗が集結。

JR厚別駅

函館本線の駅。新札幌駅から歩ける距離ではあるが、付近が住宅街で観光客向きではないが、そういう駅があると覚えておくと役に立つかも。

JR森林公園駅

同じく函館本線の駅。新札幌駅から歩ける距離。森林公園温泉や開拓記念館、開拓村などの最寄駅。高層マンションが目印。

【PR】山あり海あり都会もあり! 夏も冬も魅力たっぷり!
至福の北海道ツアー

四方を海に囲まれ、の国土の約1/4を占める北海道。自然を満喫したい時も、人口約200万人の札幌の街で過ごすも自由。人それぞれの楽しみがあるのが北海道の魅力だろう。

夏場はもちろんのこと、北海道は冬も実は魅力が満載。さっぽろ雪祭りをはじめ、各地で冬ならではの大型イベントが行われるからだ。

楽天トラベルならホテルだけの予約はもちろん、飛行機とホテルを同時に予約することも可能。北海道をはじめ、全国各地への航空券と好きなホテルを組み合わせるだけで、自由に旅の計画が出来る!!

楽天トラベルで旅行計画を立てる

コメントを残す

*

CAPTCHA