旅モノ

至福の北海道自転車旅行【10日で周れるモデルコース】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ここ数年、ロードバイク、クロスバイクなどのスポーツ自転車がブームだと言います。 ただ、それらの自転車を最近始めたという方でも、近場のサイクリングロードを日帰りで走る・・・という方が大半だと思います。

そういった方にステップアップ(?)としてお勧めしたいのが、北海道での自転車旅行です。 北海道は本州などと比較すると、都市部を少し外れると広大な自然が広がっています。国道をはじめ、サイクリストにとって走りやすい道が多いのが特徴です。

北海道の各地には400箇所前後のキャンプ場があります。キャンプツーリングの適地として、古くから夏休み中の学生などを中心に、全国から自転車旅行者が集まる土地だけのことはあります。

澄んだ空気と小鳥のさえずりの中、広い道路を独り占めできるかも…

しかし、日本の国土の約1/4を占める北海道は、その広さ故に海岸沿い一周を目指すと、一般的に1ヶ月~2ヶ月の期間が必要と言われています。

それだけの期間を確保するのが難しい方にお勧めしたいのが、内陸部一周コースです。

LCCを含めた多くの航空会社では、自転車を解体して専用の輪行袋に入れることで、飛行機で持ち運ぶことができます。北海道の各地に空港がありますが、就航路線が多く、便数も最多なのが札幌近郊にある新千歳空港。 新千歳空港をスタート地点として、まずは札幌方面へ走り、北海道の大動脈、国道12号線へと向かいましょう。

北海道内陸部一周 モデルコース

・1日目 新千歳空港→札幌
・2日目 札幌→旭川
・3日目 旭川→遠軽
・4日目 遠軽→網走
・5日目 網走→釧路
・6日目 釧路→帯広
・7日目 帯広→富良野
・8日目 富良野→滝川
・9日目 滝川→札幌
・10日目 札幌→新千歳空港

上記は私が過去に走ったコースをアレンジしたものです。パックツアーなどと違って、いくらでも寄り道したりと、アレンジ可能なのが自転車旅行最大の魅力。その反面、天候や自転車、体調不良など、アクシデントで予定が狂いやすいという欠点もあります。スケジュールに余裕を持たせたり、自転車整備の技術を習得する、日々のトレーニングなど、旅の準備は怠らないようにしましょう。



コメントを残す

*