Fifth Stage ひがし北海道 ホタテフライ夢ロード編

自転車旅行記 ひがし北海道 ホタテフライ夢ロード編 12日目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ホタテフライ夢ロード

最終目的地であった釧路に辿り着いた私は、これから先、帰路へと進むことになる。

今回の旅では色々な人と出会った。江別のキャンプ場で出会った熊本のおじさんは、山に行っているのだろうか。何か、探しているものが見つかっただろうか。宮城の大学生はまた元の学生生活に戻ったことだろう。それぞれの旅が同時進行で進んでいるのだ。

ここが釧路に向かう時に間違えてしまった分岐点らしかった。復路では美幌峠経由で、とりあえず今日は北見方面まで行くことにする。

美幌峠に臨む前に、屈斜路湖を見学。ここは和琴半島というところで、キャンプ場もあるらしい。60代くらいの男女の観光客グループに声を掛けられる。

「自転車で来たの? 爽やかでいいわね」

と言われたが、テントの中で考えることはロクでもないことが多いし、洗濯とか入浴もできたりできなかったりで、そんなに爽やかではないと思った。札幌方面に向かうというと、大雨で道路が冠水しているとかなんとか。天気予報は今後、チェックしたほうがいいと思った。

美幌峠から見る屈斜路湖。美幌峠を登り切る直前、路肩にバイクを停めて湖を見ながら休んでいるアホ面のライダーが、珍しく峠を自転車で登ってきた私に「ヨオ」だか「ハイ」だかわからないが、小さく声を掛けてきた。モータースポーツだか何だか知らないけど、峠を登る切る直前だったこともあって、このライダーが長野や茨城のライダーを彷彿とさせたので、イラっとして無視する。

美幌峠を登る途中では、20歳くらいの若い男性トホダーを見た。

美幌の街へ向かう途中、野生の北きつねを発見。もっと写真を撮りたかったが、でかいバイクが爆音で走ってきたので、きつねは逃げてしまった。

美幌の街に到着。美深、美幌、美瑛、美唄、美寄など、北海道には美Xという街が多い。それぞれの違いがわかるようになったら、内地の人でも半分くらい道民になったようなものだ。ちなみに美寄は映画・鉄道屋に出てくる架空の街。

シティ美幌店で食事。ここでも旭川で買ったキッコーマン特選丸大豆醤油が役に立つ。埼玉のスーパーなんてセコイものだが、道東のスーパーは焼肉とか唐揚げとかウインナーとかハムとか、平日でも豪華な試食を提供していることが多い。

このまま勢いで北見まで行こうとした所、雲行きが怪しくなり大雨になった。本降りになるまでの猶予はほとんどなかったが、偶然、近くに東屋のある公園があったので、1時間くらい雨宿りをする。雨が止んでから、再び北見方面へ向かう。

北見の街にも名残惜しいものがあった。私にとって北見は間違いなく特別な街だ。子供の頃の私は、手の届きそうな都会と言えば北見であり、札幌でも東京でもなかった。どっちも最短で4時間かかるくらいに遠い場所にあっただからだ。日本という国では基本的に都会の人間が得するようになっている。だから、大都市に生まれたり、大都市が近くにあるというのは、大抵の場合は幸せな境遇なのだ。

この日は、天気が悪かったらネットカフェかホテルに泊まろうと思ったが、明日、遠軽や湧別方面に戻ることを考えると、温根湯のあのキャンプ場まで行こうと思った。暗くなってしまうが、一度行ったことがあるキャンプ場だから、それほど心配しなかった。

とは言っても、北海道ツーリング最大の苦悩は、毎度毎度、走行距離が長いこと。釧路市動物園の時も思ったが、10Kmという距離でも、家の近所でぶらぶら走ってればあっという間だが、何時までに辿り着きたいとか、目的があって走る場合は10Kmでも非常に遠く感じたりもする。

えーい、今日も酒池肉林やー!と思い、途中のスーパーで色々買う。このへんは完全な車社会だが、24時閉店とか、24時間営業のスーパーが多い沖縄県や新潟県などと違って、21時くらいでスーパーは閉店する。絶対的な人口が少ないからだ。

テントの中では、大体いつもこんな感じ。家にいる時の3倍くらいは酒を飲むし、普段、嫌煙家で煙草なんて吸わないのに煙草も買ってしまう。ジャンクフード、コンビニ弁当、つまみばっかりで、いくらカロリー消費の高い自転車旅行中とはいえ、不健康極まりない。私は旅行中、毎日これだけ食べても体重は維持できているし、むしろ少し減っている。

あとで熊本のおじさんに聞いたが、ツーリングライダーの中にはアル中になって、テントで冷たくなって死んでしまう人も結構いるとか。リアルな話だけど、だろうな、と思った。

【PR】山あり海あり都会もあり! 夏も冬も魅力たっぷり!
至福の北海道ツアー

四方を海に囲まれ、の国土の約1/4を占める北海道。自然を満喫したい時も、人口約200万人の札幌の街で過ごすも自由。人それぞれの楽しみがあるのが北海道の魅力だろう。

夏場はもちろんのこと、北海道は冬も実は魅力が満載。さっぽろ雪祭りをはじめ、各地で冬ならではの大型イベントが行われるからだ。

楽天トラベルならホテルだけの予約はもちろん、飛行機とホテルを同時に予約することも可能。北海道をはじめ、全国各地への航空券と好きなホテルを組み合わせるだけで、自由に旅の計画が出来る!!

楽天トラベルで旅行計画を立てる

コメントを残す

*

CAPTCHA