Fifth Stage ひがし北海道 ホタテフライ夢ロード編

13日目 北きつね牧場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

せっかく温根湯に戻ってきたんだから、北きつね牧場にも行きたいと思った。あとで調べたら北きつね牧場は8時から営業しているらしかったが、実際に現場に行くと8時ではやっているのかどうかよくわからなかった。近くの道の駅の施設が大抵8時30分に開くので、北きつねも同じなのかなと、道の駅で時間を潰していた。

8時30分に道の駅の施設内で北きつね牧場の割引券を発見。やはり、8時から開いていたらしい。だが、割引券を入手できたので待った甲斐はあるだろう。

北きつね牧場では、きつねは放し飼いにされている。本来はきつねは集団生活は送っていないそうだから、きつねにとってはあまり良い環境ではないだろう。

きつねも見れたし、再び遠軽方面を目指す。

日中でも15度と、北海道はかなり寒くなってきている。もう夏のキャンプシーズンはとっくに終わっていて、私の使っている薄手の寝袋では寒さを凌ぐことが難しくなるだろう。

遠軽に着いたら一平でカレーを食べる。実に15年ぶりくらいだろう。それから湧別のチューリップの湯に向かう。あと3キロくらいの地点で雨が降ってくる。雨具を着るか、濡れる前に辿り着けるかの賭けだったが、天気には負けて、それなりに濡れてしまった。

東京の紳士服の青山で1000円で買ったウインドブレーカーっぽいジャンパーを着ているが、これは一見、雨を弾くように見える。しかし、実際は吸水性抜群で、キッチンペーパーの如く雨をどんどん染み込む、クソジャンパーであることが判明。ウインドブレーカーっぽいジャンパーでなくて、やっぱレインウェアとかを用意した方が良かったと思う。本当にどんどん雨を染み込むので、少しくらい雨を弾けよ、と思った。

風呂に入ってから食堂で念願のホタテフライ定食を頼む。うん、やっぱなまら旨いよ、ここのホタテフライは。地元のおじさんもホタテフライを頼んでいたし、ここはホタテの本場に違いない。

テレビを見ると、道央方面をはじめとして、北海道の各地に大雨警報が出ていた。大変な事態らしい。

私はホタテフライを食べ終えてから、このホタテが育ったであろうサロマ湖を見たくなった。サロマ湖というけども、この湧別町もサロマ湖が面している。

うまい具合に雨も上がって、サロマ湖に導かれているようだった。

夕暮れのサロマ湖だ。

ここは三里浜キャンプ場に続く道で、住所だと湧別町登栄床という所だ。オホーツク海とサロマ湖に挟まれた所だが、住宅など街があった。おそらく漁業関係者の人が住んでいるのだろう。

幻想的にさえ思える景色。

「すげえ景色だな」
「全くだな」

と、自分と自分が脳内で会話していた。

この道路の突き当たりにある展望台。右側がオホーツク海で、左側がサロマ湖だ。キャンプ場の入り口にライダーが3人いたが、キャンプ場は管理人もいなくて閉鎖されているふうだった。ただ、遮るものが何もない環境なので、風が強く、とてもテントを張れるとは思えなかった。ライダーはしばらくしたら皆帰っていった。

日没後、サロマ湖を後にして、この日は遠軽のキャンプ場まで戻った。

【PR】山あり海あり都会もあり! 夏も冬も魅力たっぷり!
至福の北海道ツアー

四方を海に囲まれ、の国土の約1/4を占める北海道。自然を満喫したい時も、人口約200万人の札幌の街で過ごすも自由。人それぞれの楽しみがあるのが北海道の魅力だろう。

夏場はもちろんのこと、北海道は冬も実は魅力が満載。さっぽろ雪祭りをはじめ、各地で冬ならではの大型イベントが行われるからだ。

楽天トラベルならホテルだけの予約はもちろん、飛行機とホテルを同時に予約することも可能。北海道をはじめ、全国各地への航空券と好きなホテルを組み合わせるだけで、自由に旅の計画が出来る!!

楽天トラベルで旅行計画を立てる

コメントを残す

*

CAPTCHA