WEB制作

WebデザイナーがiOSネイティブアプリ開発に挑戦して学んだことメモ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

人類(というか自分)の大きな進歩についての感動を共有。

iOSネイティブアプリがシミュレーター&実機で動作するまでの取り組み。主にWebデザイナーから範囲広げたり、なんとなく学習考えている人向けの共有。

前提スペック

・某大手企業勤務程度のWebデザイナー
・HTML、CSS、CMS業務レベル

取り組んだこと

・MacBookAir2020でXcode(Swift)を使って、iOSネイティブアプリの開発
・シミュレータとローカルの実機で、何となく動作させるまで(iPad)
大変だったこと
・全部英語w
・Appleは互換性を大事にしてそうな気がしたけど、実際は数ヶ月くらい?のハイペースでコロッコロ仕様を変えてやがる。参考書やWebの情報が少し古いだけで、あまり役に立たない
・XcodeやSwiftにもバージョンがあって、コロッコロ変わる
・環境構築が思いのほか、難しくて大変すぎる。1日仕事どころじゃない

意外だったこと

・画面のデザインはCSSとかでやると思ってたけど、ネイティブアプリ開発にCSSなんて全く登場しない(たぶん)
・アップル独自(swift)方式?みたいなパラメータでデザインする
・パワポで資料作るイメージ(パワポよりは難しい)
・細かく機種ごとの見え方の調整するのは、かなり難しそうで未学習

プログラミング(Swift)

・初歩レベルであれば、HTMLとかでコーディングしているイメージとそんなに変わらない。調べながらやれば何とかなる(たぶん)
・HTMLやCSSで格闘した経験は、RPGで言うと「二刀流」スキルを初めから持っている「強くてニューゲーム」な状態で有利
・やってみるとWebデザインより、世の中的に旬だし色々できそうで楽しい

似た境遇の人へのアドバイス

参考書選びが大事。2~3年前のものでもバージョンダウンさせないと動作しない。できるだけ最新のやつが早道。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください