無料期間ありの定番動画サービス

旅モノ

【北海道】ジョイカフェが北見店も釧路店も閉店(涙)、ネットカフェは快活クラブの一人勝ちか!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

公式サイトの告知分より。どうみてもコロナ影響だけど

北海道でコンビニと言えばセイコーマート、ネットカフェと言えばジョイカフェだった。

・・・というほどは店舗数は多くなかったが、全盛期にはネットカフェ激戦地の札幌駅前、現存する旭川と帯広、ネットカフェが少ない北見と釧路の5店舗を展開していた。ちなみに、ジョイカフェは北海道でガソリンスタンドなどもやっているオカモトグループが運営している。

北見店と釧路店は貴重な存在だった

北見店、閉鎖の現場

どっちも車社会の街なのでJRの駅からはやや離れているが、北見は10年くらい前は自遊空間があったが閉店し、ジョイカフェが唯一のネットカフェだった時期もあった。

駅からは遠いけど、氷点下20度の真冬の夜にホテル代を節約するためにと北見駅から歩いて向かったのは懐かしい思い出だ。

釧路市には駅前や中心市街にはネットカフェはなくて、ジョイカフェは車社会的な場所にあった。隣接する釧路町のイオンなどがあるこのエリア最大の商業地の近くである。

釧路は夏場は避暑地的な扱いのため、ホテル代が一番安くても1泊5千円くらいと下手な首都圏のホテルより高い。そうなるとネットカフェで夜明かしというのも節約派がとる自然な行動だった。

ほぼ札幌駅直結だった札幌駅前店は広くてオシャレ空間で何度か利用したことがあった。夏場なんかだと満席で入店待ちが発生するくらい人気だったが、こちらもいつの間にか閉店している。

コロナ影響はもちろんだけど

閉店の背景にはコロナの影響はもちろんあるが、元々ネットカフェは清潔とは言えない場合もあったので、それなりに危険センサーが働く人は自然に行かなくなるという流れがあっただろう。

だが、北見にしろ釧路にしろ近隣に快活クラブという同業が鎮座している影響もかなりあるはずだ。

北海道の地場チェーンだけにジョイカフェは贔屓にしていただけに残念だ。

【PR】山あり海あり都会もあり! 夏も冬も魅力たっぷり!
至福の北海道ツアー

四方を海に囲まれ、の国土の約1/4を占める北海道。自然を満喫したい時も、人口約200万人の札幌の街で過ごすも自由。人それぞれの楽しみがあるのが北海道の魅力だろう。

夏場はもちろんのこと、北海道は冬も実は魅力が満載。さっぽろ雪祭りをはじめ、各地で冬ならではの大型イベントが行われるからだ。

当サイトがオススメする「J-TRIP(ジェイトリップ)」は、快適なJAL便と好きなホテルを組み合わせるだけで、自宅から旅の予約ができるサイト。JALなのにLCC並みに安い場合もあって驚くかも。。。

J-TRIPで旅行計画を立てる