無料期間ありの定番動画サービス

株・FX / 投資

【経験則】株式ランキングを見て売買しても損失を出してしまう単純な理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

何の業界にもランキングというものが存在するが、それは株の世界でも例外ではない。

主要なネット証券には取引ツールや自社サイト内に、当日の売買を元にしてリアルタイムに表示される株式ランキングが必ずある。

これは有用なツールなのか? それとも初心者を奈落に落とす罠なのか? あえて断言すると後者だ。

ランキングは結果でしかないから

株の初心者向け入門書なんかを見ると「ランキングを見て売買する銘柄を探そう」と指南している場合もある。代表的なランキングで言えば値上がり率だ。

その日のそのタイミングでみんなが売買している銘柄だから、それに乗っかれば簡単に儲けられるという期待ができる。

しかし、残念なことにランキングというのは結果でしかない。急騰した銘柄は急落することが多いし、逆の値動きに切り替わってしまうことも珍しくない。浅はかな考えで飛び乗ると高値をジャンピングキャッチして塩漬け1年~2年コースに突入して、大きく損切してしまうのがありがちパターンだ。

ランキングを元に売買する場合、頭と尻尾どころか、大部分をくれてやって、ほんの少しだけかすめ取れれば良い方だろう。

ランキングの上昇はネズミ講そのもの

ランキングに載っている銘柄の売買がなぜ上手くいかないのかというと、同じようにランキングを見て「ランキングゲーム」に飛び込み参加する投資家の供給には限度があるからだ。

値上がり率ランキングの上位を維持するためには、株価が上がり続けなければならない。

「ねずみ講」の如く、より多くの「お馬鹿」な投資家を引き連れて転売続けなければならないのだ。これがランキングを参考にして売買して利益を出す難しさの主要因である。

【PR】U-NEXT31日間無料トライアル

映画、ドラマ、アニメなどの動画が最新作から名作まで充実! スマホで1000ch以上の音楽放送も楽しめる!電子書籍も読める!

PC、スマートフォン、タブレット、テレビなどで今すぐ「観て」「聴いて」「読んで」楽しめる新しいエンターテイメントサービス!

無料体験はこちら