旅モノ

数年ぶりのネットカフェ「快活CLUB 釧路木場店」で夜明かし利用!! ~今どきネカフェ事情調査~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

記憶にある範囲だと実に5年ぶり以上にネットカフェで夜明かし利用をしてみた。

朝5時35分発の根室行きの列車に乗るのに割高な夏場の釧路のホテルに泊まるのはもったいなかったからである。

釧路地方唯一(?)のネットカフェ

記事執筆時点では知る限り、夜明かし利用ができるような大手ネットカフェは快活クラブの一店舗してない。

以前は割と近所にジョイカフェという北海道ローカルのネットカフェがあったが、コロナの影響とこの快活クラブとパイの奪い合いをして閉店(フィットネスクラブに業態変更)してしまった。

5年ぶりくらいのネカフェ利用である。以前は旅行での低価格での夜明かしによくナイトパックでジョイカフェや自遊空間を利用していたが、どっちも北海道ではこの数年で激減してしまった印象がある。個人的には贔屓だったネカフェが全部潰れてしまったのだ。

そんでもって、快活クラブはネカフェ業界ナンバー1を謳っているだけに、勝者がどんな感じなのか興味があったというのもある。

20時過ぎのナイトパック開始時間から入店

自由空間やジョイカフェなど他の大手チェーンと同じような料金システム。長く滞在すると割引パックが自動適用される。この店舗の場合、20時以降だとナイトパックという8時間で税込み1800円という料金になる。

快活クラブはライバル店のいいとこ取りで勝者に?

以前利用していた自遊空間なんかでは入店時に申告しないとパック料金が適用されなかったりしたので、ライバル店舗のシステムの良い所を取り入れている形だろう。

飲食物は持ち込み自由、外出も可能とライバルの良いところをやはい取り入れている。ライバル店や客のニーズの分析に余念がない。

スマホアプリで会員登録をすると入会金の300円程度が無料になり、スマホを会員証として利用できる。スマホを日常的に使っているなら、店舗で記入とかする手間もないのでこっちの方がお得だ。

釧路木場店にはなかったが、鍵付き個室がある店舗では予約もできるという。それ以外の店舗でもブースごとの混雑状況がスマホアプリで把握できるので、空き室にドキドキしながら向かう必要がない。これは夜明かし派には地味に素晴らしいことだ。

サービスもライバル店のいいとこ取り

入店してみると、自遊空間とかジョイカフェと大差ある印象はない。仮眠しやすいようなフラック席のブースも多めにあるし、半個室的なブースが中心のようだ。

以前よく利用していた自遊空間に比べると、店内はキレイめで少しオシャレな感じがあるが、基本的には典型的なネットカフェという感じだ。入口付近にドリンクバーがあったり、中心部あたりにコミックがあり、それぞれのブースに分かれている。

ご時世もあるが禁煙ブースが多めなのが良い。以前は喫煙しかなかったりして、一晩滞在するだけで衣服がタバコ臭くなってたまらなかったのだ。

店内は小さめにBGMが流れているが、夜明かし派だったら周りの物音とかもあるので耳栓は持っていた方がよいだろう。

シャワー無料なのがありがたい

店舗にもよるようだが、釧路木場店の場合はシャワーは無料で利用できる。

コロナの時期的に夜明かし利用の人は少な目だったが、夜明かし目的だとシャワー無料はありがたいだろう。自遊空間とか他のネットカフェだとシャワーはないことが多いし、あっても有料で使いたくない場合もある。

以前、自遊空間でシャワーを使った時は一旦、席を移動するような形だったので面倒だったが、空いていれば勝手に使って良い形式だったのでとっても楽チンなのもよい。

PCスペックなんかもよい方だろう

だろう~というのは、夜明かし目的だったのでPCをそもそもちゃんと使わなかったから。

でも、オンラインゲーム対応のゲーミングPCが配置されていたり、モニターも今どき大画面でゲーム仕様だし、大体OKなのではないだろうか(適当)。他のネットカフェにありがちな動画サービス(アダルト含む)なんかも一通りあって、特に足りないものなどはないと思う。

ちなみに、早朝に出発したので食べられなかったが、朝方はトーストとフライドポテトが追加料金なしで食べられるらしい。快活クラブを贔屓にしている人は、それとアイスを組み合わせるのが作法なのだとか。あまり健康には良くなさそうだけど。

料金はご時世的には仕方ないけど高め

勝ち組であり、そもそもこの近所にライバル店が存在しないこともあり、ナイトパック8時間で税込み1800円というお値段。土日祝日は110円が加算される。

もう潰れてしまったけど、札幌のサッポロファクトリーにあった自遊空間は6時間で1200円とかが相場だったので少し割高感はある。ライバル店がないのだから仕方ないけど。

それより夏場の釧路地方のホテルが高いのが問題かな。久しぶりだったけど、ゆっくりホテルで休んだ方が疲れは何倍も取れるのは確か。若くないとネカフェ夜明かし利用は楽しめないな~、なんて思ったのであった。

【PR】近場の温泉宿で癒されよう

自宅から近すぎず遠すぎず、あまりお金をかけずにリフレッシュできる・・・それが近場の温泉宿の魅力だろう。

日々に疲れてしまった人には、名前の知られていない温泉街の方が良いかもしれないし、意外な発見があることも。

楽天トラベルでは有名どころから無名(?)な宿まで、お得な価格で思い立ったらすぐ予約ができる。

楽天トラベルで近場の温泉宿を探す