ゲーム

【名作】かまいたちの夜を久々にやったり今の時代でも面白すぎる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スーパーファミコンの「かまいちの夜」という名作サウンドノベルを知っているだろうか? スーパーファミコン後期の1994年11月25日に出た、小説を読み進めて行くようなジャンル、サウンドノベルの代表作とも言えるゲームである。

今30~40歳くらいの人なら小学生高学年や中学生くらいの時にプレイしたことがあるかもしれない。何しろ、SFC版だけで約75万本売れたヒット作だ。

ストーリーや演出は今やってる全く色褪せてない

犯人当てなど推理小説がベースのゲームなので、さすがにネタバレはしないが、当時としてはもちろん、26年経った今でも演出が色あせているようには見えない。

実在するペンションの実写に紫色のシルエットで表現された登場人物や、ニュース番組などでもよく使われているBGMや効果音、猫が動いたりするアニメーションなど、ほんとによく出来ている。

ストーリーもよくできていて、序盤は観光地的なほんわかした演出で、サスペンスものながら時折ギャグがあり、エンターテインメントとしても優れている。

ゲームとしてはテキストを読み進めて選択肢を選ぶだけの単純な操作ではあるが、前後文章などで巧妙に犯人やトリックがわかりづらくなっていて、事件解決の難易度ははっきり言って高い。

初回プレイでは普通の人には犯人を当てるのが難しいので、連続殺人で皆殺しにされてバッドエンドになるのが定番コース。しかし、段々と犯人が絞られてくるようになる。犯人の名前を入力するのは当時としても今としても斬新。早い段階で犯人を突き止めることも可能で、多数のサブストーリーが用意されているのもポイント高し。

今やるならオススメは初代PS版

SFCでヒットしてから、その後は初代プレステや携帯機などに移植されている。

今やるんだったらチャート機能が搭載されて遊びやすくなっているプレステ版がオススメ。初代PSは実機がなくてもPS3で遊ぶことができるほか、課金環境があればダウンロード版でもプレイすることもできる。

続編も出ているが・・・

かまいたちの夜のヒット以降、2や3などの続編にあたる作品も出ているが、内容的には賛否両論と言える。

ハリウッド映画などでもそうだが、初代を超えるのは難しいらしく、演出やストーリーなども個人的には初代がやはり素晴らしいと思う。

PS3のは初代風のリメイク?

関連作品の中でも、初代を彷彿させるのがPS3のこちらのゲーム。

岩手県の遠野のペンションが舞台となり、推理部分などが初代に近いものがある。初代に比べるとトリック(?)がわかりやすく、少し薄味ではあるかもしれないが、推理物に慣れていない人でも楽しめる内容となっている。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください