Extra Stage2 軽井沢編

自転車旅行記 軽井沢編 その3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

碓氷峠鉄道文化むら

もうすぐ旧道とバイパスに分岐するという所まで来た。標識に「Usuitoge kyudo」と英字で書いてあるが、外人にKyudoと言って分かるんだろうか?

ここには碓氷峠鉄道文化むらという、鉄道系の博物館がある。有料。埼玉の鉄道博物館と違って、場外からでも展示車両が丸見え。

1997年10月に北陸新幹線が開通するまでは、この地には群馬から軽井沢方面に向かう在来鉄道路線があった。廃線してからは横川-軽井沢間に路線バスが運行しているが、青春18きっぷや北海道&東日本パスでは乗れないので、長野方面への旅行を躊躇った末に辞める人も多いのではないかと思う。軽井沢や長野は、新幹線客は得たものの、18きっぷの旅人は失ったであろう。

ちなみに長野と言えば、新幹線開通でホテル業界が衰退した街としても知られる。なにしろ、東京から余裕で日帰りできるようになったから、特に忙しいビジネスマンは日帰りが当たり前になった。

日帰りできるんだったら、経費削減で宿泊費を出したがらない会社も多いと思う。私なんかは出張の多い会社でサラリーマンをしていた頃、北海道とか横浜とか好きな土地に出張命令が出た時は、スケジュールに問題がなければ自腹でホテルに泊まったりもしていたのだけど。

新幹線が開通すれば、無条件でその地域が発展すると誤解されがち。

しかし、長野のホテル業界のように衰退する場合もある。ストロー効果と言って、東京などの大きい街側はより発展するものの、結ばれた小さい側の都市が衰退する場合も多いのだ。夢の新幹線・・・などと言って浮かれてはいけない。岩手とか青森みたいに、在来線が第3セクターになって不便になったりするし、そこに住んでない人でも青春18きっぷ等のJR用のフリー切符での通行に制限が出たりする。

コメントを残す

*

CAPTCHA