無料期間ありの定番動画サービス

グルメ

北見のカレー屋チェーン「カレーのちから」はオホーツクの星になるか!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

北見に誕生したカレー屋チェーン「カレーのちから」の行く先が気になっている。北見近隣の街で生まれ育ったが、この20年、北見は発展しているのか衰退しているのかよくわからないからだ。

東急デパートは撤退して中途半端なデパートもどき兼市役所になった。駅前の商店街は居酒屋は繁盛しているようだが、駅前にあったスーパー的なビルのラルズは潰れたし、ロッテリアも潰れた。中高生などが気軽に入れる店が少なくて、唯一現存してるのがモスバーガーだ。

夏場は35度くらいまで気温が上がる北見で、冷房が効いていて気軽に入れるのは、もはやモスバーガーのみなのだ。

そんな北見に、ここ数年で誕生したのがカレー屋チェーンの「カレーのちから」だ。地元スーパーとコラボしてスーパーの惣菜として売られていたりもする。

ファーストフード的なカレー屋

北海道のカレー屋チェーンというのは、日本の国土の1/4を占めるほどの広大さもあって、地域ごとに棲み分けされている。

札幌圏や旭川を含む地域だと、餃子カレーで一部B級グルメファンに有名になった「みよしの」がある。

帯広と釧路だと地元のカレー好きには知らない人がいない「インデアン」がある。筆者も大好きで自転車旅行でたまたま入ったのを皮切りに、帯広や釧路を訪れたら必ず行くくらいだ。

これまでオホーツク地域には、これといったカレー屋チェーンは存在していなかった。そこに現れたのがカレーのちからだろう。

辛口志向だが辛いだけという気も・・・

カレーのちからでは、北見と帯広という比較的に近隣であることもあって、インデアンに影響されているのか伺えるシステムだ。

最安値で看板的なメニューであるビーフカレーの「ちからカレー」は税込490円。インデアンのインデアンカレーより少し高い。

辛さがチョイスできるが、より本格的なカレー屋を目指しているのか甘口はない。中辛、辛口、大辛などから選び、テーブルにはホットオイルも置かれている。

筆者は辛党でインデアンでは辛口を頼む。しかし、カレーのちからは辛口でも相当に辛い。辛いと言っても色々あるが、その辛さはレトルトカレーにありがちな「辛いだけの辛さ」なのだ。スパイスの風味豊かな辛さではなく、単純な辛さなのだ。

どこかで似たような味のカレーを食べたことがあると思ったら、ハウスのカリー屋カレーだった。具はカレーのちからは肉だけなので、野菜が入っているぶん、カリー屋カレーの方が豪華とも思えなくもない。

米が硬かったりカレーに愛はあるか?

最大の問題点はこれだ。

カレーライスというのは米とのセット商品。米が硬くて歯応えを感じるほどに硬かった。歯応えを感じるほど硬い米に、辛いだけで風味のないレトルトカレーを思わせるルウがかけられている。

これまでこういうチェーン店が北見になかっただけに、地元で手頃に食べられる飲食店チェーンができたのは良いが、トッピングを付けたりするとそこそこ良い値段するのに、米が硬いことで残念な思いがいっぱいになりそうだったのである。

どうもオホーツク地方は美味しい独自料理というのが定着しない土地なのかもしれない。古くは焼肉の街、いや今もか、そして塩焼きそばがぽっと湧いて出てきたり、瞬間的にはナポリタンが流行ると言う話が出てきたり。北海道の各地を周っているとそんなに思いにふと駆られるのだ。

【PR】山あり海あり都会もあり! 夏も冬も魅力たっぷり!
至福の北海道ツアー

四方を海に囲まれ、の国土の約1/4を占める北海道。自然を満喫したい時も、人口約200万人の札幌の街で過ごすも自由。人それぞれの楽しみがあるのが北海道の魅力だろう。

夏場はもちろんのこと、北海道は冬も実は魅力が満載。さっぽろ雪祭りをはじめ、各地で冬ならではの大型イベントが行われるからだ。

当サイトがオススメする「J-TRIP(ジェイトリップ)」は、快適なJAL便と好きなホテルを組み合わせるだけで、自宅から旅の予約ができるサイト。JALなのにLCC並みに安い場合もあって驚くかも。。。

J-TRIPで旅行計画を立てる

コメントを残す

*