Part.3 Last Exit

序章2 新千歳空港~札幌

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無事に新千歳空港に着いた。

新千歳空港から予約した中島公園付近のホテルまでは、もっとも便利と思われた高速バスで向かう。

痔も酷いものだが、実は同じタイミングで酷い風邪もひいていた。人間の体は、どこか悪くなると連鎖的に病気が起こるのだろう。熱もあるし、痔だし、普通なら部屋で安静にしてないとならんのだが。チケットの返金がないから無理やり来てしまったのだ。専属のドクターがいたら、間違いなく止められていただろう。

列車よりバスならば、この氷点下の街を歩く距離が少ないだろうと踏んだ。

新千歳空港から札幌市内に向かうのは鉄道が一般的。最速37分で札幌駅まで行ける。大抵の観光客やビジネス客は鉄道で向かうのが普通。

バスはどちらかというと地元の人向けだ。

一応、市内のホテルを回るようなコースになっているが、札幌市内でも南西というか、千歳寄りに済んでいる人が利用しているっぽい。

昔は鉄道よりも格安の900円で「鉄道よりも低価格」という方向性だったと思うが、今は鉄道と大差ない値段。売り出し方も変わり、「鉄道は駅での階段上り下りがうざいけど、バスは目的に直通する」というアピールへ。

実際に乗ってみると、勘違い中国人家族が国際線ターミナルで1組乗り込んできた以外は、多分全員が地元の人間っぽかった。

しかし、このバス、一部は高速を通るものの、ものすごく時間がかかる。鉄道だったら札幌駅まで37分だが、中島公園までで1時間半もかかった。成田に帰れるくらいの時間だ。

札幌駅までだとホテルを巡回するから、2時間はかかるのではないだろうか。特に渋滞にはまっている様子でもなかったから、時間的な覚悟が必要だ。

中島公園で下車すると、歩けど歩けど、予約したビジネスインノルテが見つからない。午後7時台とそんなに遅い時間ではないが、200万都市の割りに歩いている人は全然いないし、寒くて死にそうだ。テカテカ道路と氷点下の気温は、痔と風邪を患った体には堪える。

ビジネスインノルテは大手予約サイトで予約したが、なんとラブホテルと表裏一体のホテルなのだ。入り口の片方がノルテで、もう片方がラブホ。内部は一応、フロアやエレベーターが別れているので、鉢合わせすることはないが・・・。

地図の場所に行っても見つからないのは、ラブホサイドを見ていたからだったのだ。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください