無料期間ありの定番動画サービス

株・FX / 投資

【損切り】株初心者は極悪非道なロスカットマシーンをまず目指すべき!! これゼッタイ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

自戒の念を込めつつ、株の初心者にありがちなのが「株無条件に儲けられるもの」という大きな誤解。ビギナーズラックで天狗になっているパターンもありがち。

株を始めるくらいだから、ネットかリアルの知り合いとかから「株で儲かったよ!」という自慢話を聞いたりしたんだろうけど、初心者がまず100%マスターしないとならないのは、2にも3にも、損失が出た時に潔くスパっとロスカット(損切り)する技術だ。

初心者のあるべき姿は極悪非道なロスカットマシーン!!

人は誰しも自分が可愛い。できれば自分の非は認めたくない。失敗は認めたくない。むしろ、失敗した現実から目を背けたい。それが人間としての本能だし、至って正常なことだ。

人生いろいろあるので、変えようのない暗い過去などからは目を背けた方が明るい未来が待っているかもしれない。だが、目を背けていい問題とそうでない問題もある。株の損失については目を背けてはいけないのだ。

初心者が目指すべきは、人間の感情を全く無視した極悪非道なロスカットマシーンだ。実際にはそこまで極悪非道になる必要はないとしても、プロの投資家だろうとプロ野球選手だろうと、100発100中の打率は不可能というものだ。

生まれつき株の天才みたいな人は別にして、普通は初心者ならミスが多いのは当たり前。普通の仕事とかでもそうだけど、一人前になるのに最低でも3年はかかるものだと心得よう。

実戦経験の少ない初心者がミスをするのは、むしろ当たり前なのだ。現実から目を背ける自分に甘々の軟弱人間よりは、早めにバッサリと授業料だと思ってロスカットできる極悪非道の無感情マシーンになった方がマシなのだ。

それが株を続けていくための力になるし、地となり肉とな。やがて本物の実力を持ったトレーダーになるための道しるべなのだ。

数年単位の長期投資でドブに捨てていい余ったお金で株をやっている人を除いて、デイトレード~半年以内の期間で利益を出そうと考えている人は、ロスカットはその都度徹底する以外に選択肢がない。

ロスカットするなと主張する人もいるけど

世の中には様々なバックグラウンド(経歴)、主義主張を持ったトレーダーがいる。

人によって「ロスカットしない方がいい」とか「含み損なんて気にするな」と主張する人もいる。極端な人だと「ロスカットする人はバカ」などという、上から目線もいいところな主張もネット上では目にしたりする。

バカという人の方がバカ・・・というのは小学生でもわかることだけど、半永久的に儲かっても儲からなくても保持し続けられる現物株で長期投資している人なんかの主張を採用するかどうかはよく考えないとならない。

もちろん、問答無用でロスカットしまくったら資金が減っていくのは当たり前だが、デイトレや短期投資においてはロスカットは生命線。車で言うとシートベルトのようなものだ。そして大事なのは、ロスカットしなくて済むように一つ一つのトレードを日々考察し、最良のトレードを目指さすということだ。

ロスカットする具体的な金額

株の入門書なんかだと「〇%下落したら」と%でロスカットの目安が書かれていることがある。

でも、個人的には金額で決めておいた方がよい。1000円とか2000円とか、日常生活でイメージしやすい金額を最初から決めておくのだ。どうしても株のアプリなんかだと生身のお金を触らないのでイメージしづらいが、それはランチをしたり服を買ったりするお金と同じ「お金」なのだからである。

普通の人は、普段の生活で「持ち金の7%でランチを食べに行こう」とか「持ち金の20%で服を買いに行こう」とか考えないはずだから、%だと実際の金額をイメージしづらいので、現実感がなくなってしまう恐れがある。

運用的にも、100万円のポジションでの5%と、5万円のポジションでの5%は金額の桁が大きく違うので、%で運用していると現実生活にしたら半端ない金額の損失になってしまうのだ。

自分が予め決めた金額で作動する非情なロスカットマシーンになっても良いが、証券会社が提供している機能の「逆指値注文」というのを仕込んでおく方法もある。その価格になった時に問答無用でポジションを解消できる。日中触れない人や、どうしても手動でやりたくない人は逆指値を使うとよい。

ロスカットしなくて良い場合も時にはある

極悪非道のロスカットマシーンと言っても、すべての場合で基準を超えたらロスカットしないとならないかというと、必ずしも決めた通りにやらなくてもよい。人間としての柔軟性も少しは持ち合わせたロスカットマシーンになろう。

この期に及んでそんなアマアマなことでどうする!? と思うかもしれないが、株というの下がったり上がったりの波を描いているものだからだ。買いポジションを持ってから、多少下がってからグーンと昇っていく場合もある。

それを実際の金額ベースで100円や200円程度の損失が出ているからと都度ロスカットしているようでは、あっという間に損失がかさんでしまうし、株が嫌になってしまうだろう。

ただし、すぐにロスカットマシーンを作動しなくても良いのは、東証1部銘柄で株価1000円以上の誰でも知っているような安定企業の場合だけだ。経験的には、東証2部やジャスダック、マザーズ銘柄、札証とかの銘柄は、一度トレンドを外して下落すると、とことん下がるところまで下がる。どうしようもないクサれ塩漬け株が誕生してしまう確率が非常に高い。

銘柄にもよるが1000円~3000円くらいの銘柄などで、100株買ったとして1000円~1500円の含み損が出たら、ロスカットマシーンに電源を入れてスタンバイすべきだ。

低位株なんかでも、ロットが大きいポジションは普通に高額の含み損になるになるうえに、100円以下のやつは上場廃止したり、倒産する場合もあるので、本当にドブに捨てていい場合以外はロスカットマシーンは準備すべきだ。

取引集計表は含み損ベースで考えるべき

証券会社のアプリやサイトでの「実現損益」の欄は、あくまでの税務計算的な金額である。

自分のトレードを振り返って反省するためにも、日々の記録をエクセルやフリーの表計算アプリなんかで入れていくのは大事というか、超重要。

その際に大事なのは、確定した金額だけでなく、含み損も含めた金額を常に把握するということである。金融機関などのプロ投資家はそもそもポジションを翌日に持ち越さないルールで運用している場合も多いが、含み損というのは「限りなく近い将来に損失になる金額」だと心得よう。

【PR】まだキャリア携帯? 月額1千円台~でネットも通話もOKな格安SIM/スマホ!!

1人でも、家族でもおトクに!ドコモエリアで使えて、お手持ちのスマホがそのまま使える格安SIMのBIGLOBEモバイルを紹介しています。ファーウェイなどの人気最新端末の同時購入も可能!!

詳しく見る