WEB制作

「素人ラフ」から格好いいLPを作ることなどできるのかという愚問

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「素人ラフ」を渡されたら本能的に逃げたくなる・・・

これは最近思ったテーマ。どういう状況かというと詳細には伝えられないのがアレだが、世の中には様々な組織で様々な方法でLPなどのデザインが作られるという前提がある。

おそらくデザイン会社やWeb制作会社では、きちんとした経験のあるディレクターなりデザイナーがクライアントからヒアリングして、それなりのレベルのラフが作られるのだと思う。世の中的には、こういう作られ方が多いのではないかと思う。

ラフの出来が悪ければ先輩なり、上司なりがサポートしたり、あるいは強引に制作が進められて、後で思ったように完成できなくてグダグダになる。

言葉のとおり「ラフ」に作ってはダメ

ラフというのは「粗い、大雑把な様子を表す、英語の形容詞(wikipedia)」だそうだが、ディレクターとか編集者とか職種を問わず、ベテランが作るラフと素人みたいな人が作るラフには泥沼の差がある。

ベテランというかプロが作るラフは例え手書きで一見「ラフ」に作られていたとしても完成形がイメージされているので、実際に制作に入った時に破綻することがない。

一方、素人が作ったラフは一見するとプロが作ったラフと同じように見えるのだが、完成系が正確にイメージされていないので、実際に作り始めると破綻が起きやすく、どこに着地したら良いかわからなくなる。

素人が作ったラフを受け取ったら、デザイナーだとか実作業する立場である貴方がやることは、本当にそのラフで完成形を作ることができるのかの検証作業。大きくラフを作り変える必要があるかもしれないし、ラフを作った人にあれこれヒアリングしないとならないかもしれない。

「素人ラフ」を信用してはいけない

前述のように世の中には様々な組織があり、制作物の作られ方のフローも様々。

社内的なインハウスのデザイナーなんかだと、どこかの部署の担当者とか、まともにデザイン物やサイトを作ったことが人が詳細なラフを作ってポン!と渡してくる場合がある。

大体、縦長のLPを作るのにパワーポイントとかでページごとに分かれたラフを持ってきた場合とかは地雷率が高いので注意。普通、Webサイトは紙みたいにA4サイズとかに別れていないので、手書きのラフとかの方がよっぽど信用できる。

これは本当にあるのだが、2019年のご時勢でもPC(向けのデザイン)のラフしかなくて、SP(向けのデザイン)はお任せなんてこともある。どっちかというと、普通はSPの方が閲覧が多いのだからSPメインであるべきだが、企業とかだとPCファーストの頭の担当者が多いのだ。

横長のPCの画面と縦長で操作が指のスマホでは、かなりデザインを変えないとならないので、PCだけでしか考えていないデザインだとSPを作るのが苦労する場合が多い。SPはSPでマージンの取り方や、セクションの分け方など、しっくりくるデザインを作るのがPCより難しい場合も経験上は多い。

コミュニケーションの質がデザインに反映される

デザインの仕事をしていて思うのは、制作に対するコミュニケーションの質が大事ということ。

自分のために自分で作るデザインならともかく、素人ラフをポンと渡されて作るデザインは、コミュにケーションの質が問われるのだ。

素人だろうと、クライアントファースト(社内的なものであろうと)で作られないとOKが出ない場合もあるし、忙しくて相手が捕まらない場合もあるだろうし、素人ラフを渡されて作るデザイナーは大変だろうと思う。社内的なものなら、苦労しても苦労しなくても「お金」が同じなのでモチベーションが沸きづらいというのもあるしね。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください