WEB制作

【2022年版】職業訓練とかでWebデザイナーを目指すのはオススメしない個人的理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

某YouTubeなんか見ていると「30代で未経験からWebデザイナーになる方法」的な解説動画が人気だったりするけど、それはそれで色々な見方はあるとは思うものの、個人的には2022年現在においては職業訓練や独学などでWebデザイナーを目指すのは、多くの人にとっては賢明ではないと思うので、なぜそう思うのかを日記的に書いてみる。

もちろん宇宙で一番、超個人的な思想。

参考までに筆者の経験としては、10年くらい前に職業訓練校に通って、その後に正社員や非正規でいくつかのWebデザイナーの仕事を経験。それなりに参考になるはずなので、Webデザイナーになりたがっている人は一意見として読んでもらえると参考になる部分もあるのかもしれない。

今のWebデザインの仕事は超複雑化している

Webデザイナーと言っても漠然としている。

プロのWebデザイナーですら、A社とB社とC社ではやってることや求められるスキルが違うし、100社あるいは100人いれば、それぞれ全部違う。それなのにWebデザイナーと漠然と考えてしまうのが大きな過ち。

10年くらい前だとhtmlとcssとjQueryとフォトショ、イラレとか、必要なスキルセットが大体決まっていたものの、2022年現在の「仕事としてのWeb」は複雑化や専門性が進行している。働く側からすると悪化しているとも言う。

企業のWebサイトでも個人のWebサイトでも、単純なhtmlとcssで作られたサイトは超少数派。今どきはWordpressをはじめ、何らかのシステム(プログラム)で動作しているサイトが大半だ。現場に放り出されたら、とても職業訓練校で習うレベルでは歯が立たないのである。

職業訓練校やWeb系のスクールで学ぶレベルの広く浅くの知識では、時給1千円の見習いアルバイト程度ならともかく、まともな雇用形態と待遇でプロとして即戦力で現場で活躍するのがまず不可能。

10年以上前から国が税金を投入しまくって大量にWebデザイナーをすでに養成しているので、世間には10年以上やってるベテランがウヨウヨいる。だから、プロとして求められるスキルは半端ないことになっている。

余談だけど初心者が使うWordPressは恐ろしい

余談だけど、このWordPress、サーバー代とかを別にすればシステム自体は無料で使えるということもあって、色々なところで初心者向けにオススメされていたり、まさに職業訓練で習ったりする場合もあるかもしれないけど、業務レベルで使いこなそうとするとプログラムやデータベースやセキャリティ対策の超専門家なスキルが必要。

実際に中小企業とかじゃ会社のサイトのシステムとして使われていることも多いけど、無料で初心者を含めて沢山の人が使っているということはハッカーだとか悪い人の標的になりやすい。WindowsとMacだとWindowsの方が一般的にウイルスの標的になりやすいのと同じで、使っている人が多いシステムはそれだけ悪い人の標的になりやすいのだ。

正直、初心者向けのサイトとか本でオススメされて使い始めた初心者のWordPressはネギ背負ったカモくらいのセキャリティなのでハッカーの標的になりやすい。詳しくはここでは書かないけど、世間で言うほど簡単なものじゃないとだけは覚えておいた方がいい。

【PR】U-NEXT31日間無料トライアル

映画、ドラマ、アニメなどの動画が最新作から名作まで充実! スマホで1000ch以上の音楽放送も楽しめる!電子書籍も読める!

PC、スマートフォン、タブレット、テレビなどで今すぐ「観て」「聴いて」「読んで」楽しめる新しいエンターテイメントサービス!

無料体験はこちら