ゲーム

【初見、忖度なし】神次元ゲイム ネプテューヌVのレビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

PS3の「神次元ゲイム ネプテューヌV」というゲームを近所のブックオフで300円くらいで買ったのでレビュー。

忖度なし、全然知らないゲーム。このゲームのファンは見ないで回れ右した方がよろしいレビュー。

ギャルゲーかと思ったらRPGだった

パッケージ的にギャルゲー的なやつかと思ったら、ギャルゲー風の立ち絵がある割とガチなRPGだった。

ダンジョンなどRPG部分はアトリエシリーズにも近いものを感じたが、戦闘はバカゲー要素強い。パーティは美少女のみな部分がアトリエとは違う。ゲーム業界のコアな内輪ネタが多くて一般の人にはどこが面白いか理解できない部分も多い。キャラクターがゲーム機のハードがネタ(たぶん)というが、そこまでコアじゃない人にはよくわからない。

ボリューム多くてフルボイスだが長くて飽きる

このゲーム、かなりのボリュームがある。ギャルゲー的にフルボイスでイベントは長いが、スキップしても長い。

クエストみたいのを受注していくと、割とつまることなくサクサク進むのだが、ダンジョンがデジャブーみたいに同じような作りの使いまわしばっかり。

ストーリーをスキップしまくったので、そういう設定なのかも知れないが、新しいダンジョンのはずなのに前に何回ややったような既視感を覚える。敵のバリエーションも色違いなどが多くて、クリストも「どこどこのダンジョンで特定の敵を倒してアイテム回収」というようなのばっかり。

ギャルゲー部分に力を入れているので、RPG部分は力少なめなのだろう。

総評 RPGじゃなくてギャルゲーとしてなら

全く知らないシリーズだったが、PS3やPS4などでいくつか展開していたり、アニメとかコミックもあるらしい。戦闘などRPG部分はガチでやると難易度高めでダンジョンは単調だから、ギャルゲーとして楽しめる人向け。公式サイトが2013年ころとはいえ、Flashで見れんw ゲイム業界にはそういうサイト多いけど。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください