コネタ

日経IDの削除、退会できない場合の対処方法メモ~無許可のDMがウザすぎた~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ある日、日経新聞を購読しないかというキャンペーンのDMのハガキが届いた。最近は手の込んだ迷惑メールが問題になっているが、このご時世に紙のDMを送ってくるのも浮世離れしているものの、本題に戻すと「日経ID」というものに登録されている個人情報を元にDMが送られてきたらしい。

いや、結構前に日経新聞の電子版を無料期間だけ利用して退会した記憶があるけど、DMの発送は許可した覚えがないが、サクッと日経IDを削除しようとしたが、かなり難儀した。似たような状況の人のために、役に立つかわからんが削除方法のメモを残す。

日経IDが削除できないのは日経BPの登録のせい

日経IDをきれいさっぱり削除するには、「日経〇〇」みたいな関連サービスを全て解約しないとならない。

解約と言っても有料サービスだけでなく、大量にわけわからんくらいある無料のメルマガとかも事前に解約しないとならない。いや、有料サービス以外は日経ID削除で自動解約できて欲しいんだけど・・・。経済新聞なら、効率というものをもう少し考えて欲しい。

日経BPを解約しようにも解約できなかった

日経BPつて、なにそれ美味しいの?という話だが、大量にメルマガとかがあるサービス。

よく覚えていないが、日経新聞電子版を無料登録した時に日経BPにも登録されたらしい。恐ろしいことに無料期間で日経新聞を解約しても、クレジットカード情報は残ったままだったことも判明。日経新聞の無料版を解約したタイミングで、日経IDも削除すべきだったのだ。

それでもって日経BPだが、すべてのメルマガなどのサービスは「登録なし」になっているのに、日経IDを削除する画面に行っても「日経BPを利用中」と出てどうにも進まない。

電話サポートに問い合わせても「エラーではないか」と言っても「エラーではないんですよ、何か登録が残っているんじゃないの?」の一点張りで話が進まない。

クレジットカード情報を削除したら翌日には削除可能になった

どうしても解約できなかった日経BPだが、詳しくはわからないものの、クレジットカード情報を削除して一晩おいてみたら、日経BPの利用が利用中にサービス欄に表示されなくなった。

「クレジットカードの登録がある」→「こいつはサービスの利用中」というロジックなのだろうか。謎というか怖い。

一晩おいたら日経IDの削除が可能になったのは、この手の企業のサービスというのは夜中に会員情報などのバッチ処理されたりケースがあるからだと想像している。

いずれにしても、使わないサービスに個人情報を登録しっぱなしにすると、不快なDMが届いたりするから気を付けよう。