恋愛・婚活

「Pairs」を4ヶ月使ってわかったことは婚活難民ばかりいるという事実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

最大手のマッチングアプリ「Pairs」の有料会員になって早4ヶ月、ついに真実というか真理が見えてきた。

女性は本当は結婚する気ない人ばかり登録している

これが今のところの結論。

いや、もちろん結婚するつもりで登録している人も、ごく少数はいると思う。しかし、そんなプロフィールで恋人探したり結婚するつもりあんの? とか、まじめにやってないでしょ? と思わざるを得ない女性会員が多すぎる。

ジャニーズ追っかけと結婚したい人がいるのか

Pairsに限らないが、この手のマッチングアプリはとにかく婚活難民みたいな女性が多い。

プロフィールで目立つ場所に「ジャニーズが大好きです」とか「ディズニー大好き」とか、おおよその男性が避けたくなる文句を書いている女性が多すぎる。10人に3人くらいはディズニー本当に目に付く。

イケメンの男性アイドルの追っかけをするのは本人の自由だが、結婚相手を探すサービスでジャニーズ大好きというのはどうなのか。ジャニーズ大好きななのを受け入れて、結婚してくれる男が「いいね」押してくるまで何年かかるのか知らないけど、マッチングアプリで相手を探している男性でそこまで器が大きい男性はそうはいないのじゃないかと思う。

仕事が忙しくてデートもできない

勤め先のせいと言ってしまえばそれまでだが、ブラックみたいな職場に勤めていたり、趣味が忙しくて、マッチングしてもデートの日程が全然取れない女性も多い。

沢山の男性とやりとりしている可能性もあるが、デートできないんじゃ、やりとりに金のかかるメル友でしかないから、相手に失礼だよ。ちゃんとデートできるようなスケジュール調整なり、転職なりしてから婚活した方がいいと思う。

Q&Aサイトは荒れ気味

Pairsには誰でも投稿や閲覧ができる「恋愛お悩み相談」みたいなQ&Aサイトがある。

そこは恋愛相談だから、さぞホンワカしている空間なのかと思ったが、信じられないくらい殺伐としている。30代~40代以上の結婚適齢期を過ぎた男女が理想論で問いかけ合っている。

マッチングアプリで得するのは運営している側くらいなのかなぁ、少なくとも女性無料なうちはジュニオタやディズニーオタばかりになるのは避けられないだろう。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください