無料期間ありの定番動画サービス

ゲーム

【PSP】ペルソナ3 ポータブルのざっくりレビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ペルソナ3 ポータブルのプレイ記録風のざっくりレビュー。

あんまりストーリーには言及しないけど、ほんのちょっとはネタばれもあるかもしれないので注意。

実質、PS2版のリメイクに近いらしい

女主人公で進めると女性同士の「ときメモ」が展開!?

ペルソナ3は元々はPS2のゲームで、その改良版がペルソナ3フェス、それをPSP向けに女性主人公を追加したりと全体的に作り直したのがPSP版。

ペルソナ3からして「ときメモ風」とされる学園内でのコミュの存在の大きさがあるが、PSP版では日常コミュもストーリー上のイベントも全て背景+立ち絵で進行するので、よりギャルゲー色が強い。

ダンジョン以外に自由に動けるフィールドマップはない

校内や街、主人公たちが住む寮も、キャラクターにポインタをあててボタンを押すと話しかけることができる方式。女神転生シリーズの元祖のシステムらしい。

コミュ対象は多彩。幼女やイヌッコロも

幼女担当の舞子とのコミュ

ペルソナ3はペルソナシリーズの中でも転換点となった作品。ペルソナ3のキャラクターとのコミュは、後のペルソナ4やペルソナ5(コープという名称)にもがっちり継承されていて、シリーズの大きな特徴と言っても良い。

犬担当のコロマルはパーティーキャラでもある

犬担当のコロマルは意外といい味出していて、主人公は犬語はわからないものの、犬語を翻訳できるキャラも見方にはいる。

料理担当の風花

ペルソナシリーズの女性キャラのお約束なのか、料理が絶望的に下手くそなキャラもいる。

ペルソナ4からのゲスト出演も

コミュ対象ではないしストーリーに大きく絡むこともないが、女性主人公だと部活で田舎に合宿に行くというイベントがあり、ペルソナ4の雪子が登場する場面がある。ナンバリングは逆だが、ペルソナ3ポータブルはペルソナ4の後に発売された作品だからできること。

ダンジョンはまさかの250階層以上

ペルソナ3全編を通して挑むことになるのは、タルタロスと呼ばれる自動生成式のダンジョン。

ストーリーの段階を追って攻略できるフロアが広がっていくが、せいぜい100階層くらいかと思ったら、最終的に250階以上も登られることになった。最初から最後まで、背景の色が変わるくらいで、全く同じような構造のフロアをひたすら登っていく。

スタート地点のすぐ近くに登り階段があったり、PSPのスペックのためかそこまで広いわけではないが、ところどころにいる中ボスを撃破しながら、ほんとにひたすら登るだけ。

ペルソナ4だと所々ギミックがあったりするが、ギミックは全くない。その反動か、ペルソナ5ではギミック満載になってしまうのだが、なぜこうも極端なのか。

バトルは無難なペルソナ4タイプ

発売の時系列にはペルソナ4より後に出た作品なので、ペルソナ4と似たような形式のバトルで割と快適。

一部にほとんどの攻撃を吸収したり反射するボスがいて、弱点や属性を考えてパーティーを組んだりしないと撃破しにくい場合もあるが、難易度調整もあってそこまで苦労しないだろう。

イベントシーンはPS2版の方が上か?

全編通してイベントシーンはキャラの立ち絵だけで進行するものの、PS2での原作が3Dキャラの寸劇方式だったこともあって、キャラ通しの位置関係が伝わってこなかったり、イベントは伝わりにくい場面があった。

ストーリー本筋としてはダークで濃密な世界観なだけに、描き切れていない場面もあった。

PS2のプレイ環境があればペルソナ3フェスもオススメかもしれない。また、本編エンディング後を描いたアイギス篇はフェスにしかない。追加女性主人公や緩くやるならポータブルだろう。