旅モノ

網走の「オホーツク流氷館」に行って来たぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

網走にあるオホーツク流氷館という科学館的な施設に行って来たぞ。

ちょっとアンニュイというか、手放しに褒められる部分ばかりではなかった。

有料施設の魅力が薄い

ここは観光ツアーの団体バスとかが立ち寄る施設。つまり、ノープランで来る人達が旅行会社に何も考えずに払った料金とかで来ることが多いのだが、有料部分と無料部分がわかりにくかった。

実際、この建物はよく知らないで来ると水族館とか博物館とかみたいに、まずは受付で料金を払わないとならない錯覚を覚えるはず。

建物の正面から入ると受付があり、大人700円などと書かれている。予備知識がないと当然のごとく料金を払ってしまうのだが、実は有料なのは地下にある超ミニ水族館と、微妙なCGのプロジェクションマッピング、オホーツク映像や、寒さ体験コーナーみたいなやつだけなのだ。

有料部分がなんだかなー

ちなみに有料部分はこんな感じ。感じ方次第だが、団体ツアーの人が大半なので、個人で来る人はがっかりしないように注意がいるかも。

地下へと続く通路。

クリオネ水槽。クリオネ自体は悪くないのだが・・・。

エビの水槽。エビも悪くはないのだが・・・。

プロジェクションマッピングとかは割愛。

無料スペース見学で十分かな

この建物の地上部分の展示や休憩スペース、レストラン、展望スペースは全て無料。個人的には展望台だけが魅力的なのだが、これが無料で、どうでもいいwレベルの施設が700円っていうのがね。

道の駅的な施設でもあるのだが、そのあたりの案内が薄い。網走市が事業主体だというが、地下の展示は高齢者団体とか、外国人ツアー客とかでないと700円の価値は感じにくいので、案内は改めた方がいいと思った。

おまけ 途中で見つけた廃墟ホテル

網走湖の周辺には観光ホテルがいくつか営業している。しかし、中には倒産したホテルもあるようで、ここに来る途中で廃墟ホテルを見つけた。

大きな建物が二つ繋がっていて「網走ビューパークリゾート」と読める。

営業している時はさぞ賑わっていたのだろうが、アクセス良いわけではないし、結果的に倒産してしまったのだろう。

【PR】山あり海あり都会もあり! 夏も冬も魅力たっぷり!
至福の北海道ツアー

四方を海に囲まれ、の国土の約1/4を占める北海道。自然を満喫したい時も、人口約200万人の札幌の街で過ごすも自由。人それぞれの楽しみがあるのが北海道の魅力だろう。

夏場はもちろんのこと、北海道は冬も実は魅力が満載。さっぽろ雪祭りをはじめ、各地で冬ならではの大型イベントが行われるからだ。

当サイトがオススメする「J-TRIP(ジェイトリップ)」は、快適なJAL便と好きなホテルを組み合わせるだけで、自宅から旅の予約ができるサイト。JALなのにLCC並みに安い場合もあって驚くかも。。。

J-TRIPで旅行計画を立てる

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください