WEB制作

正規表現という言葉の意味が不明→訳し方が悪かったのが原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

プログラミングの勉強をすると出てくる「正規表現」という言葉。言葉の検索や置換に使う機能のようなものだが、何年も前にも思ったし、今でもやっぱり「正規表現」という用語の意味がパッと理解できない。

プログラミングと関係ない暮らしをしていると、何が「正規」? ってまず思うわけ。正規職員とか非正規労働者とかの差別的な話? とも考えが広がっていくと、ますます意味がわからなくなる。

日本語への訳し方が非常におかしかったんじゃない?

すべて(だいたい)のプログラミング言語はアメリカ(だいたい)で開発されているため、用語や記述は英語がベースになっている。

正規表現は英語では「Regular Expressions」というらしい。

Regularという単語を「小学館 プログレッシブ英和中辞典」で調べると、規則的な、規則正しいなどが出てくる。

Expressionsは同辞書だと「表現」などが出てくる。

規則表現、規則記述、規則置換とかの方がピンとくる

正規表現(正則表現とも言うらしい)というと、やはりそれ以外は非正規の表現と思ってしまうので、わかりづらい訳し方が普及してしまったと言える。

単にそういうものだって思える人はそれでいいが、文系的な人には違和感が付きまとう。理系の人はあまり気にならないのかな。

今は正社員も終身雇用ではないしブラック企業も多いなか、「正規」っていう言葉がピンと来ない。

個人的には規則表現、規則記述、規則置換とかならピンと来る。

つまり、今回言いたかったことは、正規って何よ、正規ってw

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください