無料期間ありの定番動画サービス

グルメ

我想う、スープカレーを食べるたびに俺はスープカレーが本当に好きなのかどうかという疑問

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

北海道、特に札幌圏に行くと「何か記念になるものを食べて帰りたい」という衝動にも似た想い。

ラーメンとジンギスカンは定番なので置いておくとすると、特に札幌圏の名物的なものとしてはスープカレーが挙げられる。有名店の類も多い。

スープカレーがイマイチな点

スープカレーを食べるとイマイチだなと思ってしまう点が色々ある。その店固有とか、そのメニュー固有ではなくて、スープカレーという料理自体に対しての感想だ。

値段が1千円越えが当たり前

B級グルメやソウルフードというよりは、オシャレで贅沢にぶつ切り野菜やチキンレッグを使った料理なのがスープカレー。

よく行く店の奥芝商店の鮭公園店だと、一番安いのでも1千円する。奥芝商店は店舗によっては最低価格がもっと高い場合もある。女満別空港に入っている奥芝商店で食べようとしたら、1千円で食べれるメニューがなかったので辞めたこともある。

食べ方がイマイチわからない

好きに食べろというのが正解だろうが、ご飯とカレーを交互に食べる、ご飯をカレーに浸しながら食べる、面倒だからカレーを描けて食べるなど人によって分かれるのがスープカレー。

奥芝商店みたいにカレー多めでご飯は茶碗一杯程度という配分だと、カレーを掛けて食べるわけにもいかず食べ方に悩む。

食べるのに時間がかかる

食べ方に悩む問題があり、どの方法を取るにしても具材が大きいことも手伝って食べるのに時間がかかる。

調理時間も1食分ずつ調理されるのでやや時間がかかるし、あまり時間のない時には困る場合もある。

空腹時にがっちり食べたい時に向かない

牛丼や普通のカレーライスはがっつり空腹時にかき込むのに向くが、スープカレーはそういうわけにはいかない。

とにもかくも、なんだか哲学的なことを考えてしまうのがスープカレーなのだ。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください