ステマ

グルメ

200万本売れたハウス食品「のっけるレモンペースト」を買ってみた→その味は?

SNSで話題になって200万本売れたとか全く知らずに、B級ジャンクフード好きだから目に留まったハウス食品「のっけるレモンペースト」を買ってみた。

よくある練りわさびのチューブに入ったレモン的な何かであり、有りそうでなかったというか、別の見方をすると、レモンは生か100%果汁であるからこそ価値があるという真理を打ち破り、他社が作る気がしなかったモノを世に出したのがヒット要因だろう。

定番の使い方、唐揚げや豚カツにのっける

唐揚げが手元になかったので、ちょうど手元にあったヒレカツにのっけてみた。

原材料を見るとレモン果汁のほか、でんぷんやレモンピール、つまりレモンの皮を刻んだものが主成分。レモンピールはかなり細かく刻んであるので、粒粒感が少しあるという程度。のっけるというだけあって、少しチューブを押すとニュルっと出てくる。

生ぬるいとマズいので使う直前まで冷蔵庫で冷やすとよい。ただ、ペースト状なのも手伝ってか、レンジアップして暖かいヒレカツに乗せると、レモンペーストも暖かくなってすぐマズくなる・・・。唐揚げでも似たようなことが起こりそうだ。

イメージとしては暖かいレモンゼリー的なものが乗っかっている状態。レモンペーストそのものの風味を嗅ぐと、新鮮なレモンの匂いというよりは、駄菓子屋に売っているような安いゼリーの添加物的な香料の匂いがする。

グルメな自分としては、唐揚げや豚カツにかけるんだったら、生のレモンか100%レモン果汁と言ったところ。便利は便利なんだろうけど、これはマズイ・・・。

写真くらいの量でかけたとしても、けっこうズバズバ消費されるのですぐになくなりそう。レモン果汁トップシェアのポッカレモンの方が自分は良いと思う。なんでもそうだが100%本物には勝てない。

お酒やジュースに入れてみた

料理に使うとイマイチだということがわかったので、もう少し風味を誤魔化せそうなお酒やジュースに入れてみた。

意外と粘度が高くて液体にはすぐに溶けなくて、ステア(かき混ぜ)しても固体的に下の方に溜まる欠点がある。ドリンク全体にレモン風味が行き渡れば・・・と思ったが、最後まで固体的に下の方に溜まってしまい、ほぼペースト現役のまま最後に飲み込むことになった。

お酒やジュースに入れるのは向かなかった。

味そのものが悪いのが原因

試した範囲だと何に使ってもイマイチなのは、この商品自体がSNSでの『映え』を重視して開発されたからではないかと思う。

自分の行き付けのスーパーではなかったが、無料配布したりSNS映えを狙ったプロモーションをしたのだろう。インフルエンサー的な人のステマもあるのかもしれないが、それはよくわからないものの、自分レベルでも企業からステマを依頼されることもあることから考察するに、あってもおかしな話ではない。

それにしても、味そのものより、SNSでの映え重視で食品がヒットする時代なのは間違いないだろう。マリトッツォとかにしても。ちなみに、これの味がうまいと言っている人は、個人的には味覚に?マークが浮かぶけど。

なんでも本物にはかなわない。

コネタ

アマゾンの「Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー」ってなんぞ? 高評価要員?

アマゾンで商品レビューを見ると、「ん?」と思った商品でも☆5つばっかりだったりすることがある。レビューも日本語で割としっかりした文章で10行以上書かれていたりするので、海外の怪しい評価上げ要員という感じでもないが気になる文言があった。

「Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー」というものである。一般人、つまり自分のお金で商品を買った人ではない人のレビューということだ。

Vine先取りプログラム=金銭目的の宣伝レビュー

最近ぽっと出で出来たのかなと思ったら、少なくとも2010年くらいには存在していたみたい。

ざっと調べてみると、無料で商品を貰ってレビューを書いている人たちらしい。無料で商品を貰えるということは、人の心理として評価は甘くなるし、新刊の本や電化製品とかなら高値で売却も出来るだろうし、お金貰って商品を持ち上げている人たちの宣伝レビューだ。

Vine先取りプログラムメンバーになる方法

Vine先取りプログラムメンバーになるには、熱心に1円にもならないアマゾンの無償レビューをしまくって「参考になった」を沢山押してもらって、アマゾンから招待されないとならないらしい。

その招待メールを受け取った人によると、貰った商品のレビューは必ず書かないとならなかったり、守秘義務があったり、色々と大変らしい。無料で貰ったものにボロクソのレビューは書けないということだ。

レビュー対象商品は何でも好きなものというわけにいかないが、ある程度は好きなものを選択できるという。

とんちんかんなレビューも多い

DTM(作曲)のソフトなんかであったが、よく知りもしないで自分でお金を出して買ったり絶対しないだろうという人が、興味本位でDTMソフトを貰ってとんちんかんなレビューしているのも見たことがある。「鍵盤がないとマウスだと入力しづらい」ってそりゃ当たり前だ。マウスだけで名曲を作曲する天才みたいな人も世の中にはいるけど、Vine先取りプログラムメンバーがぽっと買ってできるはずがない。

アマゾンで高評価レビューばっかりの商品でも「Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビュー」とあったら、それ以外の人たちのレビューも見てみるべきである。内容に乖離があったら、一般人の方を信用しよう。

WEB制作

ディズニーのステマは氷山の一角!! ネット上はステマだらけという秘密の話

チバラキを構成する県の一つ、千葉県でネズミの某テーマパークを運営するディズニーがステマ企業だったということがYahoo!ニュース等で取り上げられている。ツイッターなどで発言力のある著名人に広告であることを隠して宣伝を頼んでいたらしい。工夫も何もない、典型的過ぎるステマの見本みたいなステマだ。

ディズニーを庇うつもりは全く無くて、他人を利用して別の他人を騙すとか、企業の姿勢として最低のクソだと思うのだが、個人的な経験からすると、こんなのはネット上では割りとよくあることだ。

ネット上にはステマが溢れている

なぜそう言えるかというと、自分でサイトやブログを運営していたり、ある程度フォロワーの多いSNSとかをやっていると、聞いたことない企業からはもちろん、それなりに名前の通っているような企業から「謝礼を出すから、うちの商品を紹介してほしい。但し、依頼されたことは書かないで欲しい」と依頼されるのだ。

私レベルでも、このサイトを含めていくつかサイトを運営しているが、大したPV数のあるサイトでもないのに、毎月のようにそういう依頼が来る。

ついこの間も、その分野では誰でも知ってるようなレベルの企業からステマ依頼されたし、ネット上はそういうところだと思う。インフルエンサーみたいな人だったら、アホみたいに依頼が来るんだろうな。

他にもありそうなディズニーのステマ行為

ディズニーは報じられている以外にも色々なところでステマをやっていると思っている。

マッチングアプリをやっていると、ディズニーが好きとか、年間パス持ってるとか、婚活しているくせにクッソどうでもいいディズニーの話ばかりしてくる女性が多い。

こういうのも何割かはディズニーの回し者ではないかと想像している。悪質企業のテーマパークに行くのは辞めた方が社会のためになるから、ネズミーランドに行くのはやめようねw