ヤマト

旅モノ

【箱詰め不要】ヤマト運輸でカバンのまま送る方法

旅行の荷物が多かったり、旅先で予想外に荷物が増えてしまった場合、その荷物を何とかしたくなる場合があると思う。宅急便などで荷物を送る場合、一般的には段ボール箱を使って荷造りしたうえで送ることが多い。しかし、ヤマト運輸では箱詰めせずにカバンのまま送ることが実は可能。実際に送ってみたのでレポートする。

手順1 ヤマト営業所で専用のビニール袋を買う

きちんとしたスーツケースに限らず、ボストンバックやリュック、バックパックといったものでも送ることができる。基本的にはヤマト運輸の営業所で売られている「ボストンバッグカバー」というものを使う。サイズ別に用意されており、価格はMサイズが130円、Lサイズが205円。

なんとことないビニール袋なので、ゴミ袋などで代用することも可能と思われる。

手順2 ヤマト営業所やコンビニなどで通常通り送る

あとは普通に箱詰めした場合と同様に伝票を書くなりして発送手続きをする。このビニール袋は破れない限りは複数回使うことができるので、行きと帰りで使うこともできる。

より自由な旅のデザインが可能

なんてことないビニール袋だが、こういったことができると知っておけば、旅のデザインの自由度が増すのではないだろうか。

筆者の場合は以前は箱詰めしてキャンプ道具など送っていたが、旅先でちょうどいいくらいの箱が見つからない場合もあり、そのために時間や労力を消耗していた。

この方法の場合は、余計なゴミも発生せず、旅先での時間も節約できるのでおすすめだろう。しかも、箱に詰める場合より、サイズが小さくなる(?)こともあり、料金も節約できるかもしれない……というオマケもある。

※画像出典、参考サイト
https://market.kuronekoyamato.co.jp/market/

自転車ノウハウ

【知らないと困る!】キャンプ用ガスコンロ、ガスボンベを送る方法

ざっと結論→飛行機NG、ゆうパック(郵送)NG、ヤマトOK

ツーリング等のキャンプの場合、ガスコンロやガスボンベは飛行機には手荷物、預け入れ、いずれの方法でも載せられない。ガスボンベはもちろん、ガスコンロ等の器具も使用済みの場合は飛行機には載せられない。諦めて現地で買うか、別送にしなければならない。送る場合は、ヤマトが一番使い勝手が良い。

ヤマトは営業所持込か、セブンイレブンなどの一部コンビニで発送できる。コンビニの人はあまり知識がない場合もあるが、伝票の2枚目か3枚目にイラスト入りで「扱える」と書いてあるので、説明できるようにしておこう。受け取る時は旅先のヤマト営業所やホテルなどに送ったものを自分で取け取る形となる。

ヤマト→OK

2018年6月現在、本州→北海道などに送る場合は陸送扱いとなるものの、キャンプ用ガスを送ることが可能。但し、陸送なので1日程度余分に日数がかかる場合もあるので、受取日には注意。キャンプ用のガスコンロ、ガスボンベと品目に明記すること。

なお、キャンプ用のガスコンロに限っての話で、それ以外の業務用等のガスボンベは話が別。



ゆうパック→不可

ゆうパックは田舎から都会まで便利な立地にあるが、キャンプ用ガスは扱えない。ヤマトの競合のように思えるが、ゆうパックは郵便法の絡みがあって、規則でガスボンベ全般を一律で扱えない。

郵便局は教育のレベルや体制が局や個人によってバラバラなので、知識のない人が担当すると「ガス」と記載してあっても普通に送れたりもする。ただ、それは知識不足なだけで、扱えないのがルールだから、トラブルや時間の無駄になるので、ゆうパックは使わないこと。