ロリポップ

WEB制作

【無料】ロリポップが全プランでSSDの爆速仕様にアップグレードできるので試してみた

2020年8月くらいだったと思うが、レンタルサーバー会社のロリポップから「無料で爆速の新サーバーにアップグレードできます」みたいなお知らせメールが来ていたが無視していた。

しばらくして忘れた頃(笑)、管理画面にログインしてみると「お使いのプランは無料でアップグレードできます」的な表示があったのでクリックしてみた。ロリポップの大抵のサーバー関係のアップグレードは自動で行われるが、今回の爆速アップグレードみたいに契約者が手動で行う必要があるものも一部に存在する。

ロリポップで契約している人で爆速のお知らせを忘れている人は、ちょっとした注意点もあるので確認しつつ、アップグレードしてみると良いかもしれない。なお、現在の新規の契約者は初めから爆速仕様のサーバーが使えるのでこの作業は不要である。

アップグレード内容

スタンダードプランだとこんな感じ。

ディスク容量: 120GB → 150GB
ストレージ: HDD → SSD
独自ドメイン: 100個 → 200個
MySQL(DB数): 30個 → 50個
CPUコア数: 約2.6倍に向上
CPU処理能力: 約2倍に向上
メモリ数: 最大12倍に向上
ディスク性能(SSD): 最大35倍に向上

それぞれのプランで容量が増えたり、CPUや記憶媒体がHDDからSSDになってサーバーの処理が高速になる。と言っても、元々ロリポップは老舗の大手レンタルサーバーなので、一般的な個人レベルのサイトではまず速度が問題になることはない。

爆速仕様にアップグレードしたからといっても、元々が速くて安定しているがために、体感速度も各種の計測ツールでもそんなに違いがないという意見があるのも当然だろう。

筆者も実際、そこまで変わった感じはしなかった。個人のPCみたいにOSのディスクをHDDからSSDにした時みたいな圧倒的な違いが出たりはしない。そりゃ、Webサイトに使う文章や画像などのデータは、OSでアプリで使うようなデータに比べると元々の容量が小さいからと言えよう。

それでも負荷のかかるような時間帯や、サイトの作りなどによっては体感速度の違いも出てくるかもしれない。なんにせよ、無料でできるアップグレードなので検討すめには値するだろう。

注意点 移行中はサイトが全く表示されなくなる

サーバーのプログラム的な仕様が変わったするのは公式サイトでも注意点として記載されている。一般的な静的サイトやWordPressのサイトでは影響は受けないと思うが、プログラムで専門的なことをやっている人は確認が必須だ。

個人的にヒヤッとしたのは、移行ボタンを1度クリックすると「新しくなったスタンダードプランに アップデート中です」とロリポップの管理画面に表示されて、しばらく403エラーが表示され、そのサーバーに置いてある全てのサイトが全く表示できなくなることだ。WordPressとかだと、もちろん管理画面にも一切アクセスできなくなる。

数十分~1時間くらいはかかるのかな?

公式サイトの説明は少し舌足らず気味だが、サーバーの使用状況にもよるが、1分くらいで移行が完了したという人もいれば、ファイルが多かったり複数のサイトをぶち込んでいる場合は1日くらいかかるっぽい。筆者の場合は数サイトぶちこでいて、割りとファイルが多かったから1時間近くかかった。祈るしかできないだけに、日頃の行いが試されるわけだ(?)。

個人サイトレベルだとそこまで問題にならないと思うが、大規模なサイトやアクセスの多いサイトを運営している場合は、事前にユーザーに告知をするなりした方が良いだろう。深夜に行ったりアクセスの少ない時間帯を選ぶのも良いかもしけない。

基本的にトラブルは起きない気がする

単純にサーバーのファイルが丸ごと新サーバーに移行するだけなので、通常はURLが変わったり特別な設定は必要ない。

移行に関してのトラブル報告はざっと検索した範囲で見つからなかったものの、心配性な人はバックアップ取るなり、どうしても心臓が弱ければ先送りにしても良いだろう。しばらくサーバーの設定とかしていないと、バックアップがあってもすんなり復旧させられる気がしないしね。ただ、あまり使っている人はいないと思うが、共用SSLのURLを使っている場合は変更になるっぽい。

それにしても、無料でワンクリックでサーバーが最新仕様にアップグレードできるのは、さすが老舗の大手レンタルサーバー会社だからだと思う。

ロリポップのプラン各種はこちらから

ロリポップ!なら月々100円(税抜)からブログ、オンラインショップ、ウェブメーラーがついてくる!!


ロリポップ!公式サイト