無料期間ありの定番動画サービス

コネタ

切り詰めるのはダメ!! 転職歴10数回以上の筆者が求職活動中にオススメの気分転換方法をまとめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

終身雇用が過去のものとなった今の時代、正社員だろうと非正規雇用だろうと、転職活動は誰しも経験するものだ。

転職活動と言っても色々あるが、在職中ならまだしも、退職してから無職の状態で仕事を探すのは時に精神的にキツくなってしまうだろう。思ったように仕事が探せないとか、選考が思ったように進まないとなると、時期に心が折れてしまうかもしれない。

そんな人のために転職回数10数回を誇る(?)筆者が転職活動中にオススメな息抜き方法を紹介する。

旅行に行く

一般的に会社員など週5日のフルタイム労働をしていると、まとまった期間を好きなだけ旅行するというのは、長期休暇が比較的取りやすい大手一流企業に勤めていないと難しい。ブラック中小企業なんかだと、むしろ有給を取ろうとしただけで睨まれてしまう。

そんな世知辛い世の中だからこそ、無職の時は行きたかった場所に好きなだけ旅行すると良い。特別行きたい場所がなければ里帰りでもいいし、無職で旅行なんて・・・と思う人でも一旦、旅に出てしまえば気分が楽しくなってくるものだ。

旅行は気分転換になるだけでなく、旅行先での見たものや知ったことが新たな求職活動のヒントになることもある。思いがけない出会いだってあるかもしれない。

資金に余裕があるなら、旅行はぜひ行った方がよい。

土日祝日は求職活動を休む

会社員だって週に7日間働くわけではない。求職活動を週7日やっていたら、心が疲れ果ててしまう。

サービス業の会社などを除いては、土日祝日は会社もやっていないし、メールや電話のやりとりも出来ないのだから、思い切って求職活動を休んでしまえばいい。

働いていた時の休日同様にリフレッシュするだけの日にしてしまうのがよい。

図書館に本やDVDを借りに行く

働いている時は開館時間の関係もあって、なかなか図書館に足を運びづらいことも多いだろう。

でも求職活動中の利点を生かして図書館に足を運んでみるとよい。図書館には雑誌から小説、仕事に関わる専門書まで幅広い本がある。DVDやCDを沢山扱っている場合もあるし、気になるものがあったり借りまくろう。

お金もかからないし勉強にもなる。出費を控えたい求職活動中の娯楽としても図書館はオススメだ。

部屋の模様替えやいらないものを整理する

働いている時は日々の忙しさに追われて後回しになってしまいがちだが、時間がある時にこそ取り組んでみると意外と面白かったりする。

古い家具を買い替えてみたり、読み終わった本やゲームなんかを処分してスッキリさせたりとか。

部屋も少し広くなるし、気分がリフレッシュするので求職活動中も捗るかもしれない。求職活動中に行き詰った時にオススメの気分転換方法の一つだ。

まとめ 求職活動は気分転換しながらが大原則

筆者は平均的な同年代の人より、おそらく求職活動(というか無職生活)を多くしてきた。

求職活動中は徒労や虚無感に襲われることも多いが、適宜リフレッシュしながら、仙人のような心構えで過ごす方が良いのである。決してキリキリしてはいけない。

虚無感を受け流す仙人のような心構えがポイントだ。

【PR】いらなくなったPC、家電の回収サービス!!

国が唯一認定した『パソコン/小型家電の宅配便回収サービス』

ご家庭に眠っている不用なパソコン/小型家電を宅配便でご自宅まで回収に伺い、国認定工場にて適切にリサイクルを行っています。

詳しく見る