旅モノ

2019年10月、バニラエアがピーチと統合して消滅するも何だかなぁ・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2019年10月26日にピーチと統合して消滅する日本のLCCにして全日空系列のバニラエア。成田-札幌線でジェットスターと値段比べして安かった時によく乗ったのだが、先日、乗り収めをしてきたが、何だか先行きが不安になってきた。

ピーチも全日空系だが

LCC周りの業界図は素人にはわかりにく過ぎるが、統合するピーチもWikipediaレベルの情報では全日空系列であるらしい。つまり、成田を拠点にする全日空系列のLCCであるバニラエアと、関西を拠点にする全日空系列のLCCであるピーチが合併するという話なのだろう。

個人的にはジェットスターorバニラエアなので、ピーチは乗ったことがないし全日空系とは言ってもバニラエアとは文化が違う。

例えばバニラエアはウェブチェックインと言って自宅などで48時間前からネットでチェックインすることができた。ジェットスターも同様。予めチェックインしておけば空港ではチェックインすることなく、紙に搭乗券を印刷して保安検査場にすぐ行けた。ジェットスターに至っては、スマホアプリが搭乗券代わりになるので印刷する必要すらなくて便利だった。

しかし、関西拠点のピーチは徹底したコストダウンなのかそういった仕組みはなく、国内線は90分前に今どき空港でチェックインしないとならないらしい。今どきね。

バニラエアに残って欲しかった

経営上の理由なんだろうけど、バニラエアはサービスや雰囲気(大事)において、成田-札幌で競合だったジェットスターに負けている部分はないし、サービス的にはジェットスターより上だと思って利用していた。

ジェットスターはLCC業界大手の外資で組織力はあるものの、欠航時の対応なんて酷いものだったから。バニラエア消滅は個人的には暗いニュースでしかない。

心残りだけど、奄美大島は結局行かなかったなぁ。

【PR】山あり海あり都会もあり! 夏も冬も魅力たっぷり!
至福の北海道ツアー

四方を海に囲まれ、の国土の約1/4を占める北海道。自然を満喫したい時も、人口約200万人の札幌の街で過ごすも自由。人それぞれの楽しみがあるのが北海道の魅力だろう。

夏場はもちろんのこと、北海道は冬も実は魅力が満載。さっぽろ雪祭りをはじめ、各地で冬ならではの大型イベントが行われるからだ。

当サイトがオススメする「J-TRIP(ジェイトリップ)」は、快適なJAL便と好きなホテルを組み合わせるだけで、自宅から旅の予約ができるサイト。JALなのにLCC並みに安い場合もあって驚くかも。。。

J-TRIPで旅行計画を立てる

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください