自給自足生活

今のボカロシーンwをダメにしたのは間違いなく有名ボカロPの人達という仮説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

代表的なボカロというか、世間的にはボカロと言えば初音ミクしかないのだけど、今年12周年を迎える初音ミクをはじめ、今のボカロシーンをダメにしたのは、きっと有名ボカロPの人達ではないかと個人的に思っている。

個人的には携帯音楽プレーヤーにはボカロの曲が何百曲も入っているが、まずアーティスト名というかボカロPの名前で曲を聴くことはない。

全部「初音ミク」の曲として聴くから、そこにボカロPのなんとか~みたいな存在は全く意識しない。何百回も聴いたことのある曲でも、その曲を作った人の名前は意識したことないし、特に気にすることもなく、初音ミクの曲として聴く。

ただ最近、ある有名ボカロPの人のインタビューを読んでると「初音ミクの曲として聴かれるのが嫌だ」という発言をしている人が多いように思う。持ちつ持たれつだ、という大人の意見もあるが、残念ながら、個人的には初音ミクの曲だから聴いているのであって、そのボカロPの曲だから聴くというのは在り得ない。断じて在り得ない。

ライブの違和感

ニコニコ超会議という大きいイベントで、ボーカロイドのブースもあるのだが、そこには初音ミクの曲のついでに、その曲を作ったボカロPの人のバンドなり歌唱なりがあって、かなり引いてしまった経験がある。

いや、初音ミクの曲だから聴いているのであって、その人の歌声なんて全く興味ないんだから。というのが個人の気持ち。

初音ミクであんな素敵な曲を作ったんだから、本人の歌声も聴きたいとか思う人もいるのかもしれないけど、自分は全く聴きたくない派。でも、最近は初音ミクを踏み台にしていくようなシンガーソングライター系の人が多くなっていると思う。

初期の頃の曲がよかった、という声もよく聞くが、おそらく初期の頃は今のようなプロ志向やバンド崩れみたいなボカロPは少なくて、パソコンというかMIDIでDTM趣味をやっていたようなアマチュアが中心だったんだと思う。

ここ最近のライブの曲のセットリストとかいうんだっけ、あれも似たような曲ばっかり毎年やってて、このままじゃ飽きられて、マニアだけの趣味になってしまいそうな予感がしているよ。個人の意見。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください