自給自足生活

ボランティアとは自己満足の偽善行為であり、時に排他的かつ暴力的である

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

学生ではない社会人の場合、自分自身が仕事などを通じて生活費を稼ぐことなど、自分自身の生活に追われていると、まずボランティアをしようとか、ボランティアの情報を集めようとか、ボランティアのことを考えようという機会が全くない。それが生活に追われている社会人の場合は普通ではないかと思うが、私もそうなので、今までの人生では一度もボランティアをしている人のことを考えたことがなかった。

生活にある程度余裕があって、他人のために無償の労働らしきことをしている別世界の住人・・・それが私のボランティアをしている人たちの印象だ。

しかし、とある出来事によって『ボランティアの問題点』について考察する必要に迫られたのである。ある出来事そのものについては、このサイトの別ページで述べているので興味のある人は探してほしいが、端的に言うと小学校付近などで交通整備のボランティアをしている素人交通整備員についてだ。彼らの一部は、法律も知らないで交通整備をしているものだから、法律を守っている人に言いがかりをつけたり、やりたい放題なのだ。

これから社会人である私がボランティアの問題点をいくつか述べるが、一個人の意見なにので間違っても学校の宿題や小論文などで『ボランティアの問題点』がテーマだったとしても、これをコピペするのは薦めない。なぜなら、てめえの人生なんだから、そんなのはてめえで考えるべき問題だからだ。

ボランティアの問題点1 責任を負わなくていい

きちんとした労働契約を結んでいる仕事の場合、正社員などの会社員はもちろん、アルバイトやパート、派遣社員だってそれぞれの契約に基づいて、労働時間や仕事の成果が求められる。正当な理由がなく仕事の手を抜いたりサボったり、仕事は出来ても勤務態度が悪かったりすると、遅かれ早かれ仕事を失ったり、減給処分になる。

ところがボランティアの場合はどうだろう。

ボランティア活動は対価を貰う労働ではないので、やっている活動が適当だろうと誰かにネチネチ怒られたり、何らかの処分がされるということがない。もちろん違法行為などはその限りではないが、ボランティア活動は対価を貰う労働と違ってリスクがないのだ。

一般的なボランティアとは公共の利益的なものをするからボランティアだと思うが、公共の利益どころか公共の“不利益”が起きても、何ら責任が問われることがないのだ。

ボランティアの問題点2 結局、自己満足

普通の社会人は自分の生活があるので、生活の大半の時間を対価が貰える仕事に関係する事柄に時間を充てる必要がある。仕事とは大抵の場合は、自己満足ではなくて、お客さんがいたり、上司の要求を満たすなど、明確に他人に対して行うのが普通だ。他人に対して労働をした証として、お金を頂くのである。

しかし、ボランティアは他人や関係者の要求を満たす必要がない。感謝の言葉を言われたりするかもしれないが、給料が振り込まれたりはしない。現代人は生きているだけでもお金がかかるし、普通の神経をしていれば他人や社会に何かをした場合、その見返りが欲しくなるものである。

よって、ボランティア行為のモチベーションは低くなりがちで、対価の替わりに『自己満足』を得ることに終始しがちだ。自己満足が得られにくくなると、彼らは態度が悪くなるし、ボランティア行為の内容もクオリティが下がる。

対価を伴わない他人や社会への奉仕活動なんて、法律でいうところの最低賃金の価値もない活動なのだ。それが対価を貰うに相応しいことであれば、自治体や民間企業が事業化するのが資本主義社会だ。仕事以下な活動なのがボランティアなのである。お金も貰わずにそんなことしてくれてありがとう、なんて時と場合で思うこともあるかもしれないが、自己満足感を得るためにやっていると考えるのが妥当だ。自分自身の差し迫った生活費が必要なら、まずもって誰も無償の労働などやらない。

ボランティアの問題点 自己満足の肥大化は凶悪

前項でボランティアをする人のモチベーションが自己満足であることを述べた。

この自己満足は恐ろしいもので、次第に肥大化してゆく自己満足の塊は、やがて他人に危害を加えるようになる恐れがある。人は本質的に他人からの見返りを求めるものだが、ボランティア精神wが中途半端な人間がボランティアをすると、フラストレーションが溜まり、自分のボランティア行為での自己満足を阻害するような人間に危害を加えるようになる。

交通整備の例で言うと、法律や実情の交通ルールに従って通行しているだけの一般通行人でも、ちょっとでも自分の勝手な正義と違えば文句を言ったりするのだ。

世の中には災害のボランティアだとか役に立っているボランティアもある(と思いたい)ものの、悪いんだけど、交通整備程度のボランティアは対価を払うにも値しないと自治体や民間企業から判断されているレベルのこと。それに正義感や自己満足を他人に押し付けるのは、迷惑でしかないしボランティア精神wが足りなすぎる。そんな人はボランティアなんてやるべきじゃない。

とかなんとかってことをクソボランティア野郎のせいで考えさせられた、ってだけの話。決して全国平均的なボランティアの話じゃないよ、点の話。

【PR】山あり海あり都会もあり! 夏も冬も魅力たっぷり!
至福の北海道ツアー

四方を海に囲まれ、の国土の約1/4を占める北海道。自然を満喫したい時も、人口約200万人の札幌の街で過ごすも自由。人それぞれの楽しみがあるのが北海道の魅力だろう。

夏場はもちろんのこと、北海道は冬も実は魅力が満載。さっぽろ雪祭りをはじめ、各地で冬ならではの大型イベントが行われるからだ。

当サイトがオススメする「J-TRIP(ジェイトリップ)」は、快適なJAL便と好きなホテルを組み合わせるだけで、自宅から旅の予約ができるサイト。JALなのにLCC並みに安い場合もあって驚くかも。。。

J-TRIPで旅行計画を立てる

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください